「植物はほめると育つ」はニセ科学か?


 ニセ科学批判者のうちでは、「水からの伝言」(水伝)に関する議論が流行っている。これは「ありがとうという言葉が奇麗な水の結晶をつくる」という命題が科学的事実ではないという前提によって、なされている批判である。
 さて、これとよく似たものに「植物はほめると育ち(けなすと育たない)」という命題があり、ネットでざっと調べてみると、かなり人々に流布しており、植物にも心が宿ると信じている人は多い。また、この命題を利用して子供の教育もほめて育てるのが正しいという教育観の根拠とする人もいるようである。
 (「植物をほめる 実験」などで検索すると沢山でてくる。)
 このことについては私は詳しく知らないが、随分前に私もテレビで、ほめた植物とけなした植物の成長の比較実験していたのをうるおぼえで記憶している。また、どこかの本にもそのような記述があったと記憶している。
 科学の立場からすると、つまり脳科学的には、植物には脳はないので、心があることは否定される。これまでの科学的知識とは反することなる。
 「植物はほめると育ち(けなすと育たない)」という命題の発祥起源は、そもそもどこから来たのだろうか?
  そういうわけで、調べると、クリーヴ・バクスターという科学者=心理学者に由来しているのではないかとわかってきた。

http://www.amazon.co.jp/植物は気づいている―バクスター氏の不思議な実験-クリーヴ-バクスター/dp/4531081463
 
 これは、「バクスター効果」と呼ばれ、「波動」と結びつけて理論化している人たちもいるようである。(「バクスター効果」と「波動」でネット検索)

 水からの伝言よりも先に流布しており、幅広く広まっており、校長先生の講話で述べられたり、学校の先生が理科の授業で話すこともあったようなネットでの記述も認められる。草木や花にも命が宿っており(生物学でも生命体)、心があるという感性をもつ人なら自然に受け入れてしまうと考えらる。無機物である水よりも、有機体である植物であるからなおさらである。水伝とよく似た構造である。いや水伝のルーツであるかのようである。
 水からの伝言が波及する社会的土壌がすでに、「バクスター効果」によって形成されていたのではないかと推察される。 
「バクスター効果」は、ニセ科学批判の対象になるだろうか?
 
 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

   
[PR]
by merca | 2009-01-24 15:52 | ニセ科学批判批判
<< コントの三段階の法則 コミュニケーションの自己生産に... >>