人工生命、人工意識の研究はニセ科学?


 ロボットに命と心を与えることは不可能である。

 自然のみが生命体や心=意識を生み出すことが可能であり、人間がそれらを作り出すことは不可能であると考えられている。科学は自然法則の奴隷であり、生命体と心は自然のみが生み出すことができる神聖な権利である。そういう意味では、自然=神である。

 今のところ、人間が人工的に生命体や心を作り出すことは科学の限界を示している。つまり、現在の科学では、「人間が人工的に生命体や心を作り出すことができる。」という命題は、偽である。逆に言えば、現段階で「人間が人工的に生命体や心を作り出すことができる。」ことを真であると主張するとしたら、ニセ科学である。

 しかし、実際には人工生命や人工意識の研究は、科学の一分野をなす。不可能な命題を実現しようとするわけだが、これらは疑似科学やニセ科学の範疇に入るのだろうか?
永久機関(無限に動き続ける機械)は可能である、という学説は、疑似科学だと聞いたことがあるが、それと同じで、「人間が人工的に生命体や心を作り出す。」という目的のもとに研究をしている科学者がいたら、その研究は、所詮、ニセ科学なのだろうか? というよりか、命や心という形而上の存在を前提とすること自体が、科学の範疇に非科学的要素を混入していることになり、科学を装ったニセ科学となるのか?

 もし仮に生命と心は人間にはもともと備わっていないと考えたら、人間と同じ構造システムをつくることは可能かもしれない。人間とロボット(あるい人造人間)の区別はなくなる。そういう前提に立てば、アトムのようなロボットが人間と同じような行動をとり、コミュニケーションもできるとしたら、人間と見なしてもいいことになるのではないか?

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

   
[PR]
by merca | 2009-01-29 00:04 | ニセ科学批判批判
<< 受動意識仮説とニセ科学 心と命を扱う科学は成り立つか? >>