人工生命、人工意識の研究はニセ科学?


 ロボットに命と心を与えることは不可能である。

 自然のみが生命体や心=意識を生み出すことが可能であり、人間がそれらを作り出すことは不可能であると考えられている。科学は自然法則の奴隷であり、生命体と心は自然のみが生み出すことができる神聖な権利である。そういう意味では、自然=神である。

 今のところ、人間が人工的に生命体や心を作り出すことは科学の限界を示している。つまり、現在の科学では、「人間が人工的に生命体や心を作り出すことができる。」という命題は、偽である。逆に言えば、現段階で「人間が人工的に生命体や心を作り出すことができる。」ことを真であると主張するとしたら、ニセ科学である。

 しかし、実際には人工生命や人工意識の研究は、科学の一分野をなす。不可能な命題を実現しようとするわけだが、これらは疑似科学やニセ科学の範疇に入るのだろうか?
永久機関(無限に動き続ける機械)は可能である、という学説は、疑似科学だと聞いたことがあるが、それと同じで、「人間が人工的に生命体や心を作り出す。」という目的のもとに研究をしている科学者がいたら、その研究は、所詮、ニセ科学なのだろうか? というよりか、命や心という形而上の存在を前提とすること自体が、科学の範疇に非科学的要素を混入していることになり、科学を装ったニセ科学となるのか?

 もし仮に生命と心は人間にはもともと備わっていないと考えたら、人間と同じ構造システムをつくることは可能かもしれない。人間とロボット(あるい人造人間)の区別はなくなる。そういう前提に立てば、アトムのようなロボットが人間と同じような行動をとり、コミュニケーションもできるとしたら、人間と見なしてもいいことになるのではないか?

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

   
[PR]
by merca | 2009-01-29 00:04 | ニセ科学批判批判 | Comments(5)
Commented by bot at 2009-01-30 05:08 x
生命や意識の定義は研究者によって異なります。
多くの場合、人工生命の研究ではまるで生命のように振る舞うことを、人工知性の研究ではまるで知性があるように振る舞うことを目標にしています。
それを実際の生命(知性)ととるかは立場の違いに過ぎないでしょう。
Commented by Chrysostomos at 2009-01-30 11:19 x
論宅さん、Chrysostomosです。たまたま私も似たテーマでブログを書いたのでトラックバックしようとしたのですが、Excite-blogの会員でなかったのでできませんでしたので、URLを書いておきます。
ameblo.jp/johannes-chrysostomos/entry-10198661129.html

心の存在は、上でbotさんも書いておられるように、定義の問題なのですね。そしてテューリングテストをはじめ様々な判定基準が提案されています。また、人工知能の研究が盛んだった頃、コンピュータが心を持てるかについていろんな議論が戦わされています。
それがどうなったのか、私もフォローできていませんが、この様なテーマで議論するときは、ある程度先人の議論を踏まえておく必要があると思います。
Commented by merca at 2009-01-31 22:59
Chrysostomosさん こんばんは 論宅です。
 こちらからChrysostomosさんのブログにトラックバックを送りました。トラックバックは制限はかけていないので、よかったらもう一度、お願いします。
 人工生命や人工意識の問題は、水伝問題やバクスター効果を考える上で、重要な視点になります。
 心の定義の問題としたら、「知」「情」「意」のどのはたらきとして心を定義するかによって異なります。知=思考ということに関したら、すでに人間とチェスや将棋ができる人工知能は開発されています。問題は感情や意思になるかもしれません。どうやらクオリアにかかわる次元になりそうです。
 botさんの観点をとるのなら、次のような比喩が思いつきます。
 (体=実体/用=機能)という区別から心を観察し、機能に着目すると、どうなるのか? 人間の心を木製バットとし、ロボットの心を金属製バットに例えると、木製のバットと金属製のバットは、実体(材質)としては異なりますが、機能は等価です。実体主義にたつと異なりますが、機能主義にたつと、同一になります。いずれにしろ、現在、人工意識の問題を調べています。
Commented at 2009-02-01 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by iyogo at 2016-12-18 10:45 x
無学のため初歩的な質問になりますが「生命体と心は自然のみが生み出すことができる神聖な権利である」とおっしゃる根拠は何なのでしょうか?
<< 受動意識仮説とニセ科学 心と命を扱う科学は成り立つか? >>