社会学の宿命

 いまだかつて社会についての事実が社会を動かしたことはない。歴史を見ればわかる。
 思想や宗教という物語が社会を動かしてきた。ルターの宗教思想や社会契約思想やマルクス主義は、科学的な実証的根拠に基づく事実ではなく、物語にしかすぎないが、そのような物語が社会を動かし、変えてきた。自由と平等という物語が市民革命をもたらし、近代社会の扉を開いた。
 思想家は、実証的根拠なしに、「世の中はかくある」「世の中はかくあるべし」と社会を語り、物語を流布し、人々の間でコミュニケートされていく。この過程が社会を構成する。
 科学的根拠や実証的根拠がないとかという観点から、社会にまつわる物語を生産する社会思想家の口を止めることはできない。多くの人々が願望する物語は受け入れられ、社会的影響力をもつことになる。
 
 今や宮台社会学は、社会学の枠組みを越え、社会思想の域に達している。社会学が単なる学問ではなく、人々から社会思想として観察されてしまうという宿命をもつことを彼はよく心得ている。また、日本社会学の大御所である富永健一が大著「思想としての社会学」を出した。
 そうなのである。社会理論は、常に思想として人々から観察されてしまう宿命にあるのである。この自覚がなしに社会科学は成立たない。俗流若者論批判者である後藤氏などは、社会学の専門的教育を受けていないためか、このことを理解せず、実証性を欠くという視点からのみ宮台社会学を批判している。

 学問ではなく、思想として観察した時、宮台社会学は、マルクス主義以上の魅力があるのである。単なる学問は人々の自我意識を支えないが、思想となれば自我意識を支え、社会を変える機能を持ち出す。
 我々が社会思想に求めるのは、対象と認識が一致した知識=事実ではなく、己の自我意識を支える世界観を提供し、社会をつくりかえる機能を有する力なのである。
  
 宮台氏の「日本の難点」が売れているのは、それが学問的に正しいということではなく、社会思想としての完成度が高いからなのである。 社会学が学問ではなく社会思想として観察される宿命にあることを自覚しながら、社会学の道を歩んでいる社会学者こそが本当の社会学者である。
 
 当ブログのテーマである「社会学を社会学する」であるが、社会学を社会思想として観察することを意味している。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

[PR]
by merca | 2009-06-28 22:50 | 社会分析
<< 厳罰化・裁判員制度による反人権... ポストモダン社会は、メタ道徳社会!! >>