厳罰化の社会的正当性


 治安悪化神話論者たちは、統計的事実によると犯罪は減少しているのに、過剰なマスコミ報道や犯罪被害者支援団体等の活動によって、人々の体感治安が悪化し、厳罰化世論が形成され、厳罰化政策がなされ、刑務所の収容過剰が起こったという仮説を唱える。
 
 治安悪化神話論者たちは、この社会現象をモラルパニックや厳罰化ポピリュリズムと呼び、一種の社会病理現象として観察している。
 この仮説の前提には、国民は犯罪が減っているという統計的事実を知れば体感治安も悪化せずに厳罰化に向かわなかったという理屈が隠されている。つまり、事実を認識すれば、治安状況について正しい評価を下し、厳罰化には至らなかったというわけである。

 しかし、この仮説には、次のような異論もあり得る。国民は犯罪に対する本当の事実を知ったからこそ厳罰化に向かったのだという考えである。つまり、これまで国民は加害者の犯罪事実と動機に関する情報しか与えらておらず、犯罪被害の本当のあり方=被害事実が隠蔽されたてきたが、犯罪被害者支援団体等やマスコミ報道によって、犯罪被害の実態が国民に知らされるようになり、犯罪にまつわる本当の事実を知ったからこそ厳罰化の世論が形成されたという認識である。
 今まで、国民は犯罪被害は裁判所が決める犯罪事実の範囲であると勘違いしてきた。一つの犯罪の被害は、法的な犯罪事実の範囲にとどまらず、犯罪被害者の家族の生活全般に及ぶことが知らされなかった。犯罪は、犯罪事実だけではなく、被害事実を知ることによって、正当な評価を下すことができるのである。一つの犯罪を正しく認識し評価するためには、その犯罪が与えた被害を見積もる必要がある。
 国民は、馬鹿ではなかったのである。犯罪に対する犯罪事実と被害事実を知ることができるようになり、犯罪に対する厳しい道徳評価を下すようになったのである。治安悪化意識も、国民が犯罪被害の実態を知ったからであるとすると、おかしなことではない。
 社会学的には、これが厳罰化の社会的正体であり、極めて社会的には正常な流れである。以前は犯罪被害者の声が国民に届かず、被害事実が隠蔽され続けてき、正当な道徳的評価を下す機会が閉ざされていたのである。今やマスコミ報道や犯罪被害者支援団体等の活動によって犯罪現象に対する無知のベールが剥がされ、国民が正当な道徳的評価を犯罪者に対して表明できるようになったわけである。

 治安悪化神話論者たちは、体感治安悪化や厳罰化を国民の事実に対する無知(犯罪統計にかかる)に基づくものだと見なしているが、事態は全く逆であり、マスコミによって犯罪被害が報道されることで犯罪現象を総合的に認識できるようになり、道徳的に厳しい評価をしだしただけなのである。
 厳罰化現象は社会的に健全である。人に多くの被害を与えたものにはそれだけ厳しい罰を与えるのは、道徳的にも正常である。
 治安悪化神話論者たちは、国民を馬鹿にしすぎている。彼らが考えるよりも、国民は賢い。治安悪化神話論者たちが国民に抱く物語=妄想を押し付けないで欲しいものである。 
 
 裁判員制度になって益々犯罪現象に対する加害者と被害者の双方の無知のベールが剥がされ、犯罪の事案に応じた正当な道徳的評価が犯罪者に対して下されるようになるのである。

 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
 
[PR]
by merca | 2009-08-09 10:53 | 社会分析
<< 規則の分類 厳罰化に科学的根拠はいらない。 >>