社会学はコード化された反省的判断力


 カントは、人間の能力を、因果律に支配された世界を認識する悟性(純粋理性)と自由意志の世界を認識する理性(実践理性)に分けた。悟性の対象は現象世界であり、自然科学の領域に対応し、理性の対象は本質(叡智界)であり、道徳学・倫理学の領域が対応するということになる。つまり、事実判断と道徳判断の区別を厳しく線引きしたのである。カントは、道徳判断は、科学の対象外という哲学的根拠を見いだしたわけである。
 さて、しかし、この二つを統合する能力として、カントはさらに判断力という能力を持ち出してくる。判断力とは、主語と述語を結合する能力のことである。判断力は、規定的判断力と反省的判断力に区別できるという。
 規定的判断力は、「これは何々である」という命題で表され、主語たる対象に述語が属性として含まれていることを意味する。つまり、対象に真理が宿るということであり、客観的であり、自然科学の判断は全て規定的判断力ということになる。「この鳥は生物である。」という判断は、規定的判断力の認識結果である。
 反省的判断力は、「これは、何々として見なす」という命題で表され、述語は主語たる対象の属性ではなく、ある目的に応じた役割や機能を意味することになる。「この棒は、武器である」という命題は、「この棒は、武器として見なす」ということであり、主観的であり、価値判断の世界に属することになる。真理性は、対象たる主語ではなく、述語の中に宿ることになる。つまり、主観の目的意思に関係する。
 要するに、判断力は規定的判断力として悟性の領域に関わり、反省的判断力として理性に関わっているのである。
 
 社会学、特にシステム論の思考が反省的判断力に属することは、容易に見て取れる。集団、規範、行為、コミュニケーション等を役割や機能の側面から観察するからである。ただし、一人の主観から観察した役割や機能ではなく、共同主観=多くの人々の共通の観察点から記述した認識であるところが異なるのである。多くの人々の共通の観察点を区別コードという。例えば、コミュニケーションという対象に対して、法システムは(合法/違法)という区別コードに準拠して観察し、経済システムは(支払う/支払われない)という区別コードに準拠して観察することになる。
 社会なるものは、おおよそ規定的判断力ではなく、区別コードによる反省的判断力によってのみ観察できるのである。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
  
[PR]
by merca | 2009-11-29 20:10 | 理論
<< 犯罪の規範意識論神話の刑事政策的意義 厳罰化による犯罪者保護 >>