反社会学講座による読者コントロール

 反社会学講座による読者コントロールのトリックを暴きたい。

・自己の提示した統計の解釈イコール客観的的事実だと思わせ、常識・俗説を批判する。
しかし、社会調査法の専門家から見れば、粗雑で間違っている。自らは調査はせず、引用だけですましていることから明らかである。仮説を実証するためには、自らが定めた項目で調査する事項も出てくるがそれがない。
 最初に統計はこうだと主張し、最初の主張で常識・俗説を批判し、その流れから厳密な社会調査をせずに、自己の主張を通そうとする。最初が正しければ、後も正しいという人間心理における認知不協和の理論を巧みに使用した読者コントロールである。

・批判からの自己防衛のために、本当の社会学者からは批判されないという防波線をはる。批判してくるのは学者崩れであると主張する。
 このような予防線をはることにより、社会科学を研究する教授や大学院生が批判すると、自己の値打ちが下がると思わせ、本格的な学術的な批判を受けることから免れている。
 パオロ氏が自信を持って本当に正しいことを述べているのなら、このような卑屈な防破戦をはる必要はなく、議論することで真理に近づくという学問の道を閉ざす必要もない。やはり議論による批判を避けるという点において、はなから学問でない証拠であるし、学問的な真理を述べているわけではないことになる。

・常識・俗説を批判する意外性でひきつける。
 常識・俗説を批判することは痛快・意外であり、読者の関心を引くことになる。また、常識・俗説を批判するだけで、大勢に流されず、冷静に思考を重ねた結果であり、これは真理ではないかと人々は思ってしまうものである。特に、知的な人はこれにひっかかりやすい。俺は騙されないと思う知的な人間をひっかける高等戦術である。

・少し知的な人たちの大衆蔑視による知的優越感の充足
 社会学者を批判するとともに、同時に学説に騙されている大衆も蔑視するという構造がある。パオロ氏の言説に賛同することで、社会学者を侮蔑するとともに、大衆に対する知的優越感を得ることができるわけである。知的優越感の充足が読者の魅力となっている。お前ら大衆は学者に騙されているが、俺は真実を知っているという知的優越感が、反社会学講座の本質である。


 反社会学講座は、内容が正しく真実であるかどうかよりも、内容を正しく見せかけ、多くの読者を獲得することが目的なのである。要するに、読者コントロールによって引用した統計や資料を利用して自己の言説を社会科学的事実だと思い込ませるニセ社会科学なのである。本当に社会科学ならば批判に予防線をはるという卑屈な心理作戦はとらないのである。この点、ニセ科学批判されているが、批判にオープンな水伝よりもたちが悪いのである。
 
 ルーマン社会学からすると、学問のコードである(真/偽)で読者が観察してしまっているのである。本来、反社会学講座は、(真/偽)のコードで観察するのではなく、(面白い/面白くない)というエンターティメントとして観察すべきなのである。しかし、読者を(真/偽)のコードで観察させてしまう社会心理学的トリックを故意に使用することで、読者をコントロールしているのである。
 パオロ氏は、読者が(真/偽)のコードで反社会学講座を読んでいるということ自体を観察し、自身の知的優越感の充足を図っているものと考えられる。多くのブロガーよ!! あさましき自我の餌食になることなかれ!!

 結論
・反社会学講座を批判しない者は、反社会学講座の読者コントロールに洗脳されているのである。
・反社会学講座は、社会心理学者や広告心理学者からの攻撃に弱いと考えられる。しかし、このことを指摘した論客はあまりいない。


人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
   
[PR]
by merca | 2010-01-11 12:12 | 社会分析
<< 世界社会と国民社会の区別 公設派遣村が貧困の自己責任論を... >>