「社会の社会」を読むために「思想としての社会学」を読む

 ルーマン社会学の集大成として、「社会のXX」というシリーズがある。「社会の宗教」、「社会の科学」、「社会の経済」、「社会の法」、「社会の教育」などである。そして、その集大成が「社会の社会」である。
 名前が奇妙に感じられるかもしれないが、社会科学と社会学の関係を考えることで、この表題の謎が解ける。
 そのことについては、ルーマンに並ぶ社会学者である富永健一著「思想としての社会学」における「社会の社会」への論評で解明されている。「社会の社会」を読む前に、是非、「思想としての社会学」を読むことをおすすめする。
 富永健一は、広義の社会と狭義の社会を区別し、社会科学における社会学の独自領域を明確にしたことで有名であるが、私なりの表現に変えて説明すると、次のようになる。

広義の社会
人間がつくりだした全てのもの。法律、経済、宗教、教育、科学、芸術などである。自然と対比して、文化と呼ばれる領域であり、自然科学のような方法では認識できない領域であり、経済学や法律学などの各種社会科学や文化科学の対象となる。

狭義の社会
(みんな/みんなでない)というメタコードに準拠したコミュニケーションを要素 とするシステムである。抽象的には、ルーマンのいう相互行為(システム)、組織体(システム)、社会(システム)を指す。具体的には、国家、国民社会、組織、家族、地域社会、社会階層、仲間集団などを考えることができ、これらが社会学独自の対象となる。
 
 つまり、 ルーマンの「社会の社会」は、「(広義の)社会の(狭義の)社会」となる。例えば、そうなると、無論、「社会の経済」は経済システムの記述であり、「社会の法」は法システムの記述となる。

 社会学の「社会」は何を指しているのか明らかになった。単に人間がつくった全てのものではなく、コミュニケーションを要素とするシステムである。やはり、社会システム論は社会学の王道なのである。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
   
[PR]
by merca | 2010-01-30 11:36 | 理論 | Comments(0)
<< 宗教が処理する領域=世界の根源... 世界社会と国民社会の区別・・・結論 >>