映画「告白」にみる若者の脱社会性感覚

 底の抜けた成熟社会に入ると、善悪の絶対的基準はなく、殺人をしてもいいという虚無主義的かつ懐疑主義的な文化が蔓延りだす。宮台真司の言葉を借り、脱社会性文化とでも呼んでおこう。
 そのような文化的潮流に位置する一つの映画が公開された。(映画そのものは殺人を奨励しているわけでないが、テーマは脱社会性現象を扱っている)
  湊かなえ原作、中島哲也監督の「告白」である。
 娘を生徒に殺された女教師が、少年法に守られた犯人生徒に復讐をするという話である。殺人の動機は、肥大化した己の自尊心を満たすことや自身の寂しさである。つまり、単なるエゴイズムから殺人をするわけである。少年法に守られて、死刑にならないことを盾にとり、どんな殺人もできるみたいなところを描いている。少年は、己の自尊心を満たすことのみが中心であり、殺人に対して何ら罪悪感はなく、良心装置が全く埋め込まれていない。殺人をしたら、自己の道徳的値打ちが下がるという罪悪感がない。殺人をした自分を責める意識は全くない。殺人鬼としてクラスからいじめられるが、クラスメイトによる集合的制裁も全く通用しない。
 
 道徳的観点からは、犯人の少年は利己主義的な悪の怪物である。「善悪の基準は存在しないので、自己の自尊心を満たすために殺人をしてもかまわない」という思想、つまり脱社会性文化の根幹を体現している。ちなみに、この思想の流れに位置するものとして、バトルロワイヤルという映画もあったと記憶している。命の大切さを教えて殺人防止を図ろうとするまじめな言葉のみの道徳教育は、一部の若者たちが所有する脱社会性感覚によって、ダサイものとされ、簡単に挫かれてしまうのである。
 
 社会学予言者・宮台真司のみが、底の抜けた成熟社会に蔓延する脱社会性という新種のニヒリズムに若者たちが感染していることに気づき、社会に警鐘を鳴らしていた。
 一方、少年の凶悪犯罪減少という統計的根拠を盾に、治安悪化神話社会批判論者や俗流若者論批判者などによって、宮台の脱社会性論は、若者を怪物化する虚構物語として批判を受けている。
 しかし、社会学的には、少年の凶悪犯罪が統計的に減少しているという数字の問題ではなく、成熟社会を生きる若者たちの一部が当時簡単にサカキバラ事件等に共感した事実のほうが重要であろう。
 例えば、NHKのしゃべり場などて、堂々と殺人をしてもいいと豪語する知的な若者たちが現れたりした。殺人をしてもいいという価値観を公の場で明言することができる感覚はすでにおかしい。私は潜在的殺人鬼であると、国民の前でいうことができるのは大変恥ずかしいことである。世間の視線を内面化しておらず、脱社会性思想の持ち主なのであり、裁判員には不適当である。
 いずれにしろ、治安悪化神話社会批判論者や俗流若者論批判者などは、この新種のニヒリズムが発生したことに気づかず、統計的数字と犯罪事実のみにとらわれ、社会病理現象の本質を観察できなかったのである。
 
「善悪の基準は存在しないので、自己の自尊心を満たすために殺人をしてもかまわない」という思想=脱社会性感覚と、それを流布してしまう映画、文学、漫画がサブカルチャーとして社会に根付きつつあるのである。
 刑罰を恐れて損得勘定から殺人や犯罪はしないが、殺人をしてもいいという価値観をもっている若者は統計上増えているかもしれない。犯罪統計のみに気を奪われて、犯罪統計にあがってこない若者の潜在的な価値観を観察し損なっているのである。殺人の件数は減っていても、潜在的殺人鬼の数は増えているかもしれないのである。映画「告白」が15歳未満禁止の映画になっているのは、脱社会性感覚が若者に感染しないようにする規制として機能するのである。

 裁判員制度が発足し、全国民が道徳的判断ができる裁判員となることができるために、国家によって刑事司法制度などの法教育が中・高生に実施されることになる。
 しかし、「善悪の基準は存在しないので、自己の自尊心を満たすために殺人をしてもかまわない」という思想=脱社会性感覚をもつ者が、裁判員になることを国民は許していいのだろうか?

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
 
 
[PR]
by merca | 2010-06-27 17:27 | 社会分析 | Comments(5)
Commented by at 2010-06-29 01:08 x
論宅さんの「世間の視線の内面化」という言葉を借りれば、利己的行為にみえるかそうでないかは、そこに他者の視線が含まれているかいないかが問題点の分かれ目なのでしょうね。

たとえばこれは極端なたとえなのですが、私がアダルトビデオを部屋でひとりみていたとします。つまり、自分の欲望だとか欲求だとかいったものが直接アダルトビデオに投影されているんです。ところが突然家の者が部屋に入って来る、すると私はアダルトビデオに対する自己の欲求の投影を遮断してしまいます。つまり、自分がアダルトビデオに対してどう働きかける、どう感じる、どう判断するのかといったもろもろの初期感覚の問題が、自他的な感覚や理解の問題社会的感覚へと変化したのです。他者の視線が私の視線の中に取り込まれる点において、アダルトビデオが自己にとっての何なのかといった問題は、自己と他者の関係それ自体を主体とした第三の視点から定義され直します。この事は人間的営為のあらゆる局面において起こりますが、注意すればどこにでも観察する事が出来るように思います。
Commented by at 2010-06-29 01:08 x
我々はまずもって他人の視線を自分の視線に取り込み続ける事で自分の初期感覚を修正してゆき、少しづつ社会的感覚を育んでいきます。こうした初期感覚の変化の多様性の発生する処に文化の基盤が形成されるのですし、人間営為がなり立つのだと思います。我々はまずもってこの社会感覚への統合を習慣化し、生活に密着させ、その共通認知の基本合意にもとづいた社会的基盤をながい年月をゆっくりとかけながら今日まで形成してきたのだと思います。そうする事によって、個人の行動や利害関係の追及と、共同体全体の利益とが食い違わない様に出来ているのだと思います。
Commented by at 2010-06-29 01:09 x
私が上記に示した処がもし正しいものとすれば、利己心の肥大化(他者の視線を抹殺した様な殺人の肯定や利己主義的なモンスターペアレントの存在等々)の原因は、コミュニケーション共同体の崩壊によって他者の視線との出会い、つまり他者と喜びを共有し合ったり哀しみを理解しあったり喧嘩し合ったりする共有体験だけが抜けてこの現代社会が回っているその事にある様に思います。他者との交流がないので初期感覚が修正されないのです。化粧する女がなぜ羞恥心を持たないのか、といった性に関する問題もここに含まれるのでしょう。

子育てする親が誰にも子育ての相談できず、この事をみただけでもその親の子供が生まれた時からすでに他者から孤立し、社会からも孤立しているかが分かります。「世間の視線の内面化(私は勝手に初期感覚の修正といいかえましたが)」の問題をめぐって、今の子供達のおかれている状態は非常に厳しいものがある様に思います。

アスペルガー障害の「世間の視線の内面化」の問題が脳神経系の問題(先天的問題)にあるといえるならば、論宅さんが問題とされている「世間の視線の内面化」の問題は、世間=他者そのものの喪失(後天的問題)の問題なのでしょうね。
Commented by merca at 2010-07-05 02:30
宏さん こんばんは 論宅です。
 他者の視線の内面化は、社会化と関わる根本問題です。ミードの理論に即して言うと、個別の他者からの視線=役割期待を取り入れていくうちに、他者一般への飛躍が生じ、社会化が成功し、人間となります。つまり、それぞれの具体的他者から一般化され「みんな」という意識に変わります。この「みんな」の視線こそが道徳観念の起源となります。世間とは「みんな」のことです。「みんな」は、社会学のテーマです。
 ところが、宏さんがおっしゃるとおり、価値観が多様化し、社会共同体の統一性がなくなると、個別他者の視線をまとめあげ「みんな」という観念に同一化・一般化するのが困難になります。
 告白の殺人少年の場合は、母子関係が不安定なために、その個別的視線(母親の期待)から脱却することができず、世間一般の他者からの視線を内面化することに失敗し、脱社会化しています。
Commented by 村石太Ⅵ at 2012-09-28 11:08 x
湊かなえ で ウェーブ検索して 漫画の原作 少女・告白を 知りました。
そして 今 プログで 漫画 告白 湊かなえ で 検索中です。
漫画家 小説家 映画 おもしろく 発展していくのかなぁ?昔から映画と小説少し違うとか 映画と漫画 違うと ありましたね。
週刊漫画家は 大変かナァ。
漫画同好会(名前検討中 小説同好会(名前検討中 映画同好会(名前検討中
<< 統計より凶悪犯罪に共感する若者... 貧困社会論、若者はかわいそう論... >>