映画「告白」にみる若者の脱社会性感覚

 底の抜けた成熟社会に入ると、善悪の絶対的基準はなく、殺人をしてもいいという虚無主義的かつ懐疑主義的な文化が蔓延りだす。宮台真司の言葉を借り、脱社会性文化とでも呼んでおこう。
 そのような文化的潮流に位置する一つの映画が公開された。(映画そのものは殺人を奨励しているわけでないが、テーマは脱社会性現象を扱っている)
  湊かなえ原作、中島哲也監督の「告白」である。
 娘を生徒に殺された女教師が、少年法に守られた犯人生徒に復讐をするという話である。殺人の動機は、肥大化した己の自尊心を満たすことや自身の寂しさである。つまり、単なるエゴイズムから殺人をするわけである。少年法に守られて、死刑にならないことを盾にとり、どんな殺人もできるみたいなところを描いている。少年は、己の自尊心を満たすことのみが中心であり、殺人に対して何ら罪悪感はなく、良心装置が全く埋め込まれていない。殺人をしたら、自己の道徳的値打ちが下がるという罪悪感がない。殺人をした自分を責める意識は全くない。殺人鬼としてクラスからいじめられるが、クラスメイトによる集合的制裁も全く通用しない。
 
 道徳的観点からは、犯人の少年は利己主義的な悪の怪物である。「善悪の基準は存在しないので、自己の自尊心を満たすために殺人をしてもかまわない」という思想、つまり脱社会性文化の根幹を体現している。ちなみに、この思想の流れに位置するものとして、バトルロワイヤルという映画もあったと記憶している。命の大切さを教えて殺人防止を図ろうとするまじめな言葉のみの道徳教育は、一部の若者たちが所有する脱社会性感覚によって、ダサイものとされ、簡単に挫かれてしまうのである。
 
 社会学予言者・宮台真司のみが、底の抜けた成熟社会に蔓延する脱社会性という新種のニヒリズムに若者たちが感染していることに気づき、社会に警鐘を鳴らしていた。
 一方、少年の凶悪犯罪減少という統計的根拠を盾に、治安悪化神話社会批判論者や俗流若者論批判者などによって、宮台の脱社会性論は、若者を怪物化する虚構物語として批判を受けている。
 しかし、社会学的には、少年の凶悪犯罪が統計的に減少しているという数字の問題ではなく、成熟社会を生きる若者たちの一部が当時簡単にサカキバラ事件等に共感した事実のほうが重要であろう。
 例えば、NHKのしゃべり場などて、堂々と殺人をしてもいいと豪語する知的な若者たちが現れたりした。殺人をしてもいいという価値観を公の場で明言することができる感覚はすでにおかしい。私は潜在的殺人鬼であると、国民の前でいうことができるのは大変恥ずかしいことである。世間の視線を内面化しておらず、脱社会性思想の持ち主なのであり、裁判員には不適当である。
 いずれにしろ、治安悪化神話社会批判論者や俗流若者論批判者などは、この新種のニヒリズムが発生したことに気づかず、統計的数字と犯罪事実のみにとらわれ、社会病理現象の本質を観察できなかったのである。
 
「善悪の基準は存在しないので、自己の自尊心を満たすために殺人をしてもかまわない」という思想=脱社会性感覚と、それを流布してしまう映画、文学、漫画がサブカルチャーとして社会に根付きつつあるのである。
 刑罰を恐れて損得勘定から殺人や犯罪はしないが、殺人をしてもいいという価値観をもっている若者は統計上増えているかもしれない。犯罪統計のみに気を奪われて、犯罪統計にあがってこない若者の潜在的な価値観を観察し損なっているのである。殺人の件数は減っていても、潜在的殺人鬼の数は増えているかもしれないのである。映画「告白」が15歳未満禁止の映画になっているのは、脱社会性感覚が若者に感染しないようにする規制として機能するのである。

 裁判員制度が発足し、全国民が道徳的判断ができる裁判員となることができるために、国家によって刑事司法制度などの法教育が中・高生に実施されることになる。
 しかし、「善悪の基準は存在しないので、自己の自尊心を満たすために殺人をしてもかまわない」という思想=脱社会性感覚をもつ者が、裁判員になることを国民は許していいのだろうか?

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
 
 
[PR]
by merca | 2010-06-27 17:27 | 社会分析
<< 統計より凶悪犯罪に共感する若者... 貧困社会論、若者はかわいそう論... >>