統計より凶悪犯罪に共感する若者の感性こそ事実 

 統計上、少年の凶悪犯罪は減っているという理屈から、少年の脱社会化現象をマスコミのつくりだした虚構として指摘する論客やブロガーが多くいるが、そういう人たちは統計信仰に騙されているのである。統計=事実だと思い込んでいることは、非常に危険で短絡的な思考である。まずは、統計そのものを疑ってない点が短絡的である。統計は、直接体験したものではなく、間接的な情報であり、本当かどうかは、統計調査を担当した社会調査の専門家にしかわからない。統計を安易に信じるブロガーたちは、政府の統計担当者=官僚を短絡的に信じているわけである。自分の目で見て感じた現象と統計がマッチングしている時のみ、統計はリアルである言えよう。統計信者たちは、マスコミ報道をたたく反面、官僚に煽動されやすいのである。
 
 実は、社会病理学的には、サカキバラ事件や秋葉原無差別殺人などの凶悪犯罪者に対して、多くの若者たちが共感したことこそが注目に値するのである。凶悪犯罪者を英雄化する若者たちも現れたりした。自己の自尊心のためには、殺人をしてもいいという脱社会性感覚に共感し、それを公言することも恥ずかしいと思わない一部の若者の登場こそが、底の抜け社会における社会病理現象なのである。
 
 一部の若者が凶悪犯罪者に共感したこと、それは若者の中に脱社会性感覚がある証拠であり、数字よりも明らかに確かなのである。何よりも、若者自身の直接的判断であるから、それ以上に確かなものはないと言えよう。若者それ自体が感じる感覚であり、若者の内面的真実そのものである。統計のように表面的で間接的な数的虚構ではない。さらに、若者が脱社会性感覚をもったからといって、すぐに行動化して犯罪し、統計にあがってくると思い込み、統計こそが社会をあらわす絶対的指標だと思い込む人たちほど、浅学の者たちはいない。脱社会性感覚に共感する若者が全て実際に凶悪犯罪をすると考えてはならない。犯罪に対する刑罰で自由を奪われるのが損なので、本当に凶悪犯罪などするものはほとんどいないのである。このような人間の損得勘定の行動原理を無視して、少年の凶悪犯罪の数のみで判断する統計信者ほど、短絡的で愚かな者はいない。反社会学講座で簡単に騙される読者に多いタイプである。
 問題なのは、何度も繰り返すが、そのような殺人をしてもいいという感性の持ち主が裁判員として適切な道徳判断を下すことができるかどうかである。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
 
 
[PR]
by merca | 2010-07-03 09:51
<< 社会変革福祉集団ほっとポットに... 映画「告白」にみる若者の脱社会性感覚 >>