情報学ブログさんへ(若干の回答)

情報学ブログさんが取り上げた私のブログに関するエントリーに論評を加えておきたい。
  「社会学玄論がダメな理由―相対主義の怖い罠」
 タイトルの書き方は、私のエントリーの書き方と似ている。相対主義がそんなに怖いかと思うが、このくらい大袈裟に書かないと、読者の気をひかない。エンターティメントとして観察すると、こういう表題を見ても、私は感情的にならない。さらに、ニセ科学批判者たちの批判を受けて慣れているからである。この点、ニセ科学批判者に感謝、感謝・・・!! 誠に、てーげーな状態なのである。

○ 情報学ブログさんもやはり相対主義である。
 情報学ブログにおいては、絶対的に正しい真理や道徳の基準は存在しないと考え、それをベースにして、原理主義を回避し、目的に応じて、異なる相対的視点を用いて議論されている。構造構成主義と同じく、絶対的に正しい真理や善悪は存在しないということを根本仮説として立てていることから、基本的に相対主義であると言える。つまり、相対主義を否定しては、情報学さんの考えは成立たなくなる。相対主義を原理として利用している。むしろ、そのような徹底した相対主義に立っているからこそ、原理主義に陥らず、臨機応変に対応することができる。私のように、相対主義者と宣言されたほうがすっきりとするのではと思う。
  参考
 私は、ニセ科学批判者の問題を、単なるニセ科学の被害のレベルではなく、ニセ科学批判者のもつ世界観及びそれに基づく自我の統合の在り方の問題として観察している。同じく情報学ブログさんの認識構造についても、同じようなレベルで観察させてもらっている。メタな視点なので、当人が自覚しているレベルと自ずと異なるかもしれない。当然のごとく、私の思想についても、他者の観察にさらされる他はないのである。目的が異なるからといって無視するかどうかで、議論は変わってくる。

○現代社会のあり方はどうなっているのか?
 相対主義が社会に既に蔓延しており、今更相対主義を唱えても意味がないという主張であるが、逆であると認識している。相対主義が蔓延しているのは一部のインテリ階層や日本の若者であり、全世界に行き渡っていると思えない。前期近代社会の段階の社会もあり、科学や民主主義が絶対的なものであると信奉している方も多い。近代化思想の絶対化である。非西洋は、もともと神仏習合など多神教的世界観=相対主義的感覚をもっており、後から来た近代化のせいで西洋の原理主義的思考が混入されてしまったというべきである。
 現代社会を日本の国民社会と捉えるのか、ルーマンのように世界社会として捉えるのかで異なると考えられ、成熟社会化している国民社会はまだ世界には少なく、原理主義的な思考はかなり多くある。また、欧米、西洋、イスラムは一神教の文化が根付いており、原理主義的文化を払拭するのは困難である。相対主義が行き渡っている階層に関しても、相対主義やニヒリズムに耐える力こそ必要であるのに、安易に科学主義などに陥っている。

○ニセ科学批判者にメタな視点はない。
 多くのニセ科学批判者は、宗教、占い、オカルトなどニセ科学でない領域まで批判する。菊池氏にこそその本質が伺える。菊池氏は、江原氏のスピリチュアルを批判している。科学的事実のみが正しいという科学原理主義の発想をとらないと、このような領域侵犯は起こらない。また他者を強く批判し、他人のブログに侵入してくるなど、絶対的な自信がないとできないことである。ニセ科学批判を布教するコミュニケーション形式から判断して、科学原理主義者である。菊池氏には、メタな視点はないと考える。多くのニセ科学批判者は、相対主義を毛嫌いしており、自らのうちに相対主義を取り込み、生かそうとする態度が認められない。

 基本的に情報ブログさんの観察もありうるので、否定はしませんが、私の他に相対性原理主義者がいるかどうか教えてもらいたいです。いなければ、数少ない立場として希少価値があるので、当分、この立場を利用させていただくことも視野に入れています。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

 
[PR]
by merca | 2010-09-05 12:17 | 他ブログコメント
<< ニセ科学批判に釣られる相対主義者たち 知性発展段階説 >>