反ニーチェ講座 第一回「ニーチェは死んだ」

 
  はじめに 

 成熟社会である日本社会において、ニーチェの思想が流行っている。ニーチェの思想の眼目は、絶対的な真理や善悪は存在しないから、それゆえ自分の思うままに何をしてもいいということにつきる。認識論においては、唯一の事実は存在しえず、全ては解釈であるという極端な主観主義をとり、また価値論においては、善悪の基準は人間がつくりだしたものとして、極端な価値相対主義をとる。
 ニーチェは、科学も、キリスト教と同じく、真理の存在を前提とする信仰に支えられた思想であるとして、否定している。従って、ニセ科学批判なんてものは、ニーチェにとっては全くのナンセンスな代物ということになろう。そもそも、科学も宗教も真理を前提するという点において、ニーチェにとっては同じなのである。
 
 さて、現代社会科学からすると、ニーチェの思想は、狂人の戯言や妄想にしかすぎない。にもかかわらず、人々に広く流布するのは、それなりの理由があるからである。そして、戯言であっても、それがコミュニケーションされることで、ある種の社会的リアリティをもってくるのである。
 ニセ科学批判のような科学主義や通俗道徳に基づく思想が流行る一方で、全く逆の価値観をもつニーチェの思想が流行るという現象が起きている。
 成熟社会に適合的な思想は、科学主義(ニセ科学批判)かニーチェ主義かどちらであろうか?
 このテーマは奥深い。二つの対極にある思想を批判的に分析し、そして、どちらも止揚・相対化することが社会学の使命である。

 私は、これまで科学主義やニセ科学批判に対する批判を、くどいほどしてきたので、私をニーチェ主義者=相対性原理主義者と同じであると勘違いする人たちもいるかもしれない。私はニーチェのような単純な相対主義者でもなく、また科学主義者のような単純な絶対主義者でもない。
 いずれにしろ、しばらくニーチェの思想を批判していき、その虚構性と欠陥を暴き、ニーチェに騙されている人たちを覚醒させたいと考えている。そのために、当ブログにおいて反ニーチェ講座を連載していきたい。

 反ニーチェ講座 第一回 「ニーチェは死んだ」
 絶対的真理や絶対的善悪は存在しないから、それらは必要ないし、自由に生きればよい。ニーチェはこのように喝破し、キリスト教や科学を批判する。
 ところが、どうだろうか? 真理や善悪を追い求める人間は減るどころかポストモダン社会である現在においても存在し続けている。例えば、真理や善悪=人生の意味は要らないから、今をまったりと生きようと若者に呼びかけた宮台真司のまったり革命は、見事に頓挫した。意味を求めずにうまく今をまったりと生きているはずであったコギャルたちが、結局、メンへル系や自傷系へと落ち込んでいった。つまり、完全に意味を求めない生き方は、どこか無理が生ずるのである。成熟社会では、完全に意味を放棄すると、過剰流動性の中で自己を見失い、超人どころか、廃人となってしまうのである。まったり革命の失敗が、現在の宮台思想の保守化への転向の契機となったのである。
 ちなみに、仏教では、無意味=空無に執着する物の見方を但空観といい、偏った段階の思想として否定されることになる。
 
 実は、真理や善悪は不可能であるが、人間の生や社会にとって必要不可欠な観念なのである。真理や善悪という物語をもつことで、人は動機付けられ、他者と適切なコミュニケーションをとることができ、社会は秩序が与えられるのである。自我統合と社会統合は、真理と善悪なしには、あり得ないのである。
 社会学や心理学を学ばなかったために、こんな単純なことも、ニーチェはわからなかったのである。虚構でもいいから、真理や善悪があることで、人は意欲的に動き、社会は回るのである。
 現代社会では、科学が真理を独占し、人権思想(民主主義)が善悪を独占しているのである。科学も人権思想も一つの虚構ではあるが、それを全否定することはできず、人々の社会生活にとっては必要なのである。社会学の立場からすると、虚構は機能することでかえって真理となるのである。このような社会学上の妙理を悟ることができなかったことがニーチェの限界であり、欠陥でもある。
 
 科学と通俗道徳を真理・善悪とみなし、それらに動機付けられ、意欲的に動いている人たちがいる。ニセ科学批判者たちである。ニーチェの提示する生き方とは逆のベクトルである。科学と通俗道徳によって自我統合と社会統合を達成した人たちである。ただ、科学と通俗道徳が絶対的だと思い込んでいる点において、限界があるが、ある意味、科学と通俗道徳が機能しているわけである。

 まとめると、過剰流動性のある成熟社会では、意味を求めない生き方=超人は、必ず、心の病にかかり、ひどい場合には廃人となる。ニーチェの思想は成熟社会では、通用しないのである。まさしく、ニーチェは死んだのである。
 
人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
  
[PR]
by merca | 2011-03-06 23:53 | 理論 | Comments(17)
Commented by そうですね at 2011-07-14 08:59 x
ニセ科学批判を名乗っていた人々が、トンデモな御用学者たちにひとりとしてまともな批判をできないといういまの状況が、彼らが本当はなんであったのかを、雄弁に物語っていると思います。
Commented by |( ̄3 ̄)| at 2011-10-10 03:09 x
社会に意味を必要とする人にニーチェはわからないと思います。何かを信望していれば否定をする事は簡単です。貴方のような痛みなき観念による思想構築ではニーチェを捉える事は出来ないでしょう。意味なんてないんです。意味を求めて廃人になってしまう場合もありますよ!もう少し柔軟にかんがえましょう
Commented by merca at 2011-10-10 21:49
 論宅です。
拙者エントリー「生きる意味の脱パラドックス化」
http://mercamun.exblog.jp/9153733/
 で、そのことはすでに無害化しています。
Commented by (´(●●)`)ノ at 2011-10-12 01:42 x
脱パラドックスによる無害化? 『りんごとして』? その『りんご』に解釈をいれて『として』が有用になるのお分かりですか?
その解釈が『意味』を含むと思うんですが、残念ながらそれはたんなる貴方の都合上の意味であり、それを表面化させるかぎり脱パラドックスなるものは 不可能です。
Commented by merca at 2011-10-12 05:06
 論宅です。
 システム論的には、区別=意味(として)は別の区別=意味(として)でもってしか制することはできません。(別の区別の再参入) ニーチェのように意味に無意味を単純に対置することはなんの解決にもなりません。なぜなら、意味に無意味を対置すること自体が自己言及のパラドックスを起こすことになるからです。論理的には、一つの意味を無害化するのは、別の意味をもってくるしかないわけです。一つの意味を絶対化することでコミュニケーションの連鎖は途切れ、一つの意味は有害化してしまいます。ニーチェの誤謬は、無意味を絶対化することで、無意味にかえって絶対的価値を付与してしまったことです。仏教でいうところの無見に陥ってしまっています。
Commented by カブ式 at 2013-05-18 22:20 x
論宅さんは、全然ニーチェを理解できていませんね。最初からニーチェは駄目という前提が貴方の感性の中にあって、感情的にニーチェ排外からはじまっている。つまり道徳に奴隷根性で支配されている形です。貴方は道徳的には良い人かもしれないが、人間の真の生き方、すなわち神から見放されてしまっています。
Commented by カブ式 at 2013-05-18 22:23 x
社会の流動性が高い社会では意味を追わざるを得ないのが今日の社会システムなのは、ニーチェも「神は死んでいる」の言葉で喝破しているではありませんか。最初のニヒリストとして神の死を宣言し、それに対抗する思想を生み出したニーチェにたいして、「神は死んでいる」と反論するのはニーチェを理解できていない証拠です。
Commented by カブ式 at 2013-05-18 22:29 x
人類史を支えてきたのは間違いなく神です。それを理解しそれを表現したのがギリシャ悲劇であり、それを看破してディオニュソス神に着目したのがニーチェなんですよ。人類史を支えてきたものを見直した上で、現代で神に合一するというのが超人です。つまりこれは人類の伝統性に則った素朴なことなんです。貴方は最初からニーチェに対して感情的になって、狂人呼ばわりしたり戯言とか吐き捨てますが、教養だけでなくそれに即した懐の深さを持たないと、食わず嫌いにになってしまいますよ。
Commented by merca at 2013-05-19 07:32
 論宅です。
http://mercamun.exblog.jp/15058274/
 上記エントリーを読むことを勧めます。ニーチェの思想が端的に嘘であることがわかります。社会科学的には全く根拠のないルサンチマン神話を唱えています。人類の伝統は、それぞれの文化によって多様であり、一神教の文化、多神教の文化と色々あります。日本人ならば、古事記に出てくる神々が伝統となり、ギリシャ神話は無関係です。ギリシャ神話を他の文化に押し付けるのはニーチェの傲慢です。ニーチェは、人類を語る前に、(西洋/西洋以外)という暗黙の恣意的な区別に準拠しています。
 ただし、ニーチェのルサンチマン神話が嘘であっても、そのような物語を信じることが、自我統合や社会統合のために有用かどうかによって思想の価値は変動します。しかし、残念ながら、日本社会では、ニーチェの思想は、自我統合にも社会統合にも結びつくことはありません。別のタイプの思想が複数必要ですね。
Commented by カブ式 at 2013-05-20 01:09 x
早速のご返答有難うございます。

>人類の伝統は、それぞれの文化によって多様
違いますね、ハレとケとケガレに着目したのは日本人柳田國男ですよ。ディオニュソス神的世界観とはこのハレを言い換えたものであって、このことは人類にとって普遍的なことです。人類学的にみても未開の部族において酩酊物質を用いて陶酔状態に陥るのは論宅さんもご存知のはず。ディオニュソスは酒神で、陶酔状態をさすのです。酩酊物質や祭祀や公開処刑などによって人々は生存実感を得ていました。だからニーチェに恣意性などありません。

近代以降社会は流動性がまして意味的に振舞わざるをえないという論宅さんの指摘はもっともなことです。そしてそうであるがゆえに人類は神とは分かれたのであって、このことが神の死なのですよ。神とは一般性・時間性・受動性であって初めて神です。それが担保できなくなって神が死んだ時、ニヒルが生まれる。このニヒルを克服するものが超人なんです。
Commented by w at 2013-07-13 07:59 x
中二病のニーチェ信者が案の定発狂しているでござるの巻
Commented by 名無し at 2013-08-21 07:06 x
「意味を求めない生き方=超人」という図式は不適当です。ニーチェはちゃんと人間は橋であると言っています。
現代で心を病む奴らはどう考えても人間です。つまり超人未満です。超人なら心は病みませんからね。
大体、ニーチェもツァラトゥストラも超人には成っていないのに(そういう子孫を作らねばとは言ってますが)、悠々と生きてきた我々日本人の中に超人なんて居る訳がないでしょう。
Commented by なるほど at 2013-11-24 05:31 x
実に人間的ですね
Commented by at 2014-01-09 21:40 x
人間が動物と超人の橋であるという文面はあるけど
超人は橋を渡った先ってことなんじゃないの?
その先の生き方がどうなってるかが争点じゃないの?
批判が的外れじゃないか?
Commented by ニーチェは生まれてくるべきではなかった at 2016-07-26 13:46 x
ニーチェ信者のクズ過ぎる文をネットで読んでみてきましたが
本当に、ニーチェ信者にはクズが多すぎて吹きました。
ニーチェの理論の多くは破綻している理論だと気づかないものなのですね。
メタ理論で、いい気分になって自己陶酔している中二病が多くて困惑しました。

ニーチェは生まれてくるべきではなかった。
哲学者ではないよ、彼は。システム破壊者だよ。
Commented by ニーチェは生まれてくるべきではなかった at 2016-08-15 22:35 x
http://members.jcom.home.ne.jp/iso112/nikki9.html
↑反ニーチェ文
Commented by ニーチェは生まれてくるべきではなかった at 2016-08-15 22:37 x
http://members.jcom.home.ne.jp/iso112/nikki9.html
↑ニーチェに対する反論文
<< 反ニーチェ講座 第二回「ニーチ... ホリスティックな思考は、全て非... >>