東日本大震災の利他的支援活動が、ニヒリズムの敗北を実証する!!

 人が自発的に他の人の利益になるためにする行動を向社会的行動という。向社会的行動は、端的に利他的行為であり、所謂、あらゆる社会や宗教で善と呼ばれる行為である。今、東日本大震災の発生を機に多くの人々が向社会的行動を行っている。
 被災者同士の助け合い、被災地以外にすむ県民からの支援、世界の国々からの支援があるが、これらは全て義務ではなく、自発的に行われる利他的行為である。災害時には、ほとんどの人たちが、このような自発的善たる向社会的行動をとる。
 しかし、このような人々の善意を蝕んで来た思想がある。それがニヒリズムである。その教祖がニーチェである。ニーチェは、絶対的な善悪の基準は存在しないという馬鹿の一つ覚えで、あらゆる善行を否定してきた。
 東日本大震災の支援のために起こった世界規模の人々の向社会的行動は、ニーチェのニヒリズムからは解釈できない。これは、端的にいうとニヒリズムの敗北である!!
 今回の地震で、多くの人々の中に、ためらいもなく自発的に利他的行動をとる道徳性が内面化されていることが実証されたのである。現代社会の人々は、善悪の基準に迷うことなく、人助け=利他的行動を善きこととし、善行をなしているのである。
 日本中、世界中からよせられている多くの人々の善意のオーラがニヒリズムを粉砕する。善悪の基準は存在しないから、困っている人を助けないというニヒリストは、いないのである。このような現実に準拠するのなら、成熟社会の人たちは、ニヒリズムでは生きておらず、利他的である。社会科学(社会化の理論)からすると、人々は、最初からニヒリズムではなく、利他性を内面化していたのである。
 
 さらに、システム論的にいうと、世界社会において、(利他/利己)という区別コードに準拠したボランティア(コミュニケーション)システムが創発されているのである。善悪という道徳の区別コードは、ボランティア・システムの区別コードである(利他/利己)によって観察されることで、脱パラドックス化され、ニヒリズムを駆逐できるのである。利他的行為は人から人へ伝染していき、善のオーラで世界中が包まれるのである。

 10年ほど前に、少年の猟奇的殺人が連続して起こったことを受けて、モラルパニックがおき、それに釣られて、永井均のような懐疑主義の思想家たちによって、「なぜ人を殺してはいけないのか?」というニヒリスティックな問いが流行ったことがあったが、今やこのような問いもナンセンスで時代遅れである。そして、NHKしゃべり場で殺人は悪くないと豪語していた相対主義の知的若者に次のような光景を見せてやりたい。
 それは、被災地の子供たちが、学校で被災した人たちの世話などをし、助け合いを行って生活している姿である。
 
 ニーチェにかぶれた一部のポストモダンの論客や若者たちは、人々に利他性が最初から内面化している事実をどう扱うのだろうか?
          正しく、ニヒリズムは敗北したのである!

参考
被災した宮城県女川町の中国人「地元の人のおかげで助かった」
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110316/Searchina_20110316096.html

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
  
[PR]
by merca | 2011-03-21 11:13 | 反ニーチェ | Comments(2)
Commented by あはは at 2011-08-01 15:22 x
>>善のオーラで世界中が包まれる

は?ばかじゃんw
Commented by muno at 2013-02-16 23:34 x
>正しく、ニヒリズムは敗北したのである!

ニーチェの思想なんてナチスと同時に敗北したんだけど、
それをいまだに認められないバカが実におおい。
<< 具体的批判対象を提示できない反... 反ニーチェ講座 第二回「ニーチ... >>