反ホッブス命題・裏社会学への誘い

 社会学者パーソンズをはじめとする多くの理論社会学者たちは、「社会秩序はいかにして可能か?」という命題によって動機付けられ、社会理論を構築してきた。一般に「社会秩序はいかにして可能か?」という命題は、ホッブス命題と呼ばれている。
 社会秩序が存在するということは、人々の行動が一定の規則に従い、一定の範囲内で他者の行動が予測可能であり、社会が全体として秩序だったものとなっているということである。例えば、人々が使用する言葉は文法という規則に従うことで、伝達可能となっている。大凡、社会があることろには規則があり、規則に伴う秩序なしには社会は成り立たない。近代社会であろうと、前近代社会であろうと、これは普遍的な事実である。従って、社会を認識するとは、社会に存在する規則としての社会秩序を認識することに他ならないわけである。社会秩序を記述したものが社会理論の原型となる。これが典型的な表社会学の発想である。

 「社会秩序はいかにして可能か?」という命題は、現実の社会は規則による秩序があるものであり、それは自然なことではなく摩訶不思議な現象であり、秩序を維持するからくりが人為的に存在するという前提に基づいている。つまり、人々の集まりや諸関係は、自然状態としての無秩序=カオスが本来の姿であり、秩序があること自体が不自然なことであるという発想である。無秩序たるカオスから秩序たるノモスへの移行に社会の成立過程をみようとする立場なのである。
 
 ところが、もともと自然科学が対象とする物理世界では、森羅万象が因果法則に貫かれており、無秩序状態こそあり得ない。自然こそが必然の法則=絶対秩序の世界であり、ホッブスが想定するような自然状態こそが人為の産物である。だから、むしろ我々はこう問うべきである。「無秩序はいかにして可能か?」かと。本来自然界は秩序があるのに、なぜ人間だけが無秩序をつくりだすことが可能なのかということである。
 実は、無秩序とは、言い換えれば、偶然性や自由と言い換えることができる。そして、無秩序という観念は、個人の自由の意識の誕生と並行しているのである。万人の万人による闘争である自然状態は、個人が自由に振る舞うことができるという観念を前提としている。個人が本能や習慣や伝統に従い、規則正しく行動しているとすると、万人の万人による闘争などあり得ない。無秩序という観念は、伝統社会から近代社会への移行に伴い、人々に自由の意識が芽生えたことに起因しているわけである。 
 もっというのなら、近代社会が無秩序をつくりだしたのである。自由に基づく偶然性と無秩序を可能とする社会的からくりを解明することも、社会学の役目である。「社会秩序はいかにして可能か?」という命題を追求するのが表社会学だとすると、「無秩序はいかにして可能か?」を追求するのが裏社会学である。
 
 多くの社会学者は、表社会学の立場に立っており、ルーマンですら、その例外ではない。ルーマンは無限なる複雑性として世界そのものを捉えており、原初的状態としてカオスを前提にしている点において、ホッブス命題から思考している。反ホッブス命題である「無秩序(自由)はいかにして可能か?」から出発した社会学者にお目にかかったことがない。自然科学の対象である物理世界や動物世界は必然の規則で貫かれているのに、人間の近代社会のみに、自由に基づく偶然や無秩序がありうることこそが、社会の不思議、玄妙なのである。
 
 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
 
[PR]
by merca | 2012-06-23 19:36 | 理論 | Comments(17)
Commented by ぱお☆ at 2012-07-08 12:18 x
こんにちは。偶然、ここに飛んできたのですが、おもいっきし「?」です。
無秩序、カオスというものを、どのように定義しておられるんですか?
自然科学の世界において、エントロピーによる説明とか、カオスの数学的定義とか、すでにありますよ?
私もその道のプロではないので詳細は控えますが、散逸構造論から自己組織化の概念を取りこんだ社会学のシステム論を、あなた様はどのようにお考えでいらっしゃいますかに?
プリゴジンをググっておいてください(はぁと)
Commented by ぱお☆ at 2012-07-08 13:57 x
連投すみません。ホッブズ命題から出発するならば「無秩序とは近代社会が作り出したもの」という定義は当然と思います。「(引用します)自由に基づく偶然性と無秩序を可能とする社会的からくりを解明することも、社会学の役目である。」そうでしょう、≪その手の≫≪「西洋」近代社会が生みだした類の≫≪その種の「自由」に基づく偶然性と無秩序≫が、近代社会のいかなる仕組みによって生み出された物であるか、これはまさしく「社会学が」やるべき課題でしょう。でも、≪その手のものではない無秩序≫なら、近代化してない人間社会には、あまねく、かつ、多様な形で存在している。西洋中世のカオス、ヴェネチア謝肉祭のような制度化されたカオス、凄まじきポトラッチ儀礼…。十字軍が通った後は草木も生えないなんてのもカオスだし。人間集団が生みだす「無秩序」なるものを、近代社会の専売特許としてしまうのは、自意識過剰な社会学の特徴か、あるいは、近代西洋社会の自己意識。「人間だけが」という思い込みも近代主義的であるような。生物界にもカオスはある。たとえばレミングの生態をカオス的と認知してしまうのが人間の知性だとしても。
Commented by merca at 2012-07-09 23:08
論宅です。
 カオスそのものが相対的な概念です。一つの視点・次元から眺めると、ある世界はカオスですが、別の視点・次元から眺めると、ノモスとなります。論者の観点によって異なります。カオスの定義は多様です。
 私は、一応、規則や法則が存在しない状態をカオスと定義します。とりわけ、私が興味があるのは、個々の人間が自由に動くことで生ずるカオス状態です。
 自然科学における散逸構造論は、無秩序から秩序が自然発生するという理論です。専門ではないのでわかりませんが、数学的な普遍構造を求めてきたこれまでの他の科学理論と矛盾するのではと考えています。
 無秩序で物理法則が存在しないのなら科学の意味がなくなります。科学の公準たる予測可能性にも反します。物理法則が存在しない宇宙の状態はあり得るのでしょうか?
 散逸構造論が想定する無秩序の世界というのは、本当にE=mc²という法則や質量保存の法則がない状態なのでしょうか?それらの物理法則が成立しない状態なら、正にカオスと言えますが、違うような気がします。
Commented by merca at 2012-07-09 23:14
 散逸構造論や自己組織性は社会システム論に組み込まれたりしていますが、社会システム論が第二次観察(観察の観察)によって生成するという点は、自然科学系のシステム論とは異なります。社会学に散逸構造論や自己組織性をそのままのかたちで応用することはできません。意味システムたる社会システムは、基本的に生命体システムと異なります。社会システムは、コミュニケーションにおける自己選択性や二重の偶有性を組み込んだシステム論であり、再帰性なども取り込んでいます。
 前近代社会にも無秩序はあり得たということですが、それは他の社会共同体との戦争状態によるものがほとんどであります。人々を人間として育てた社会共同体が本当に無秩序なら、言語もなく、躾すらできなく、性的役割分業による生産もできなく、接続不可能な社会になってしまい、死滅することでしょう。ちなみに、社会学者タルコット・パーソンズの人間の条件では、社会秩序があることで、人間は人間足りうると考えています。
Commented by merca at 2012-07-09 23:18
 実は、人間社会は、自然界と異なり、各社会共同体によって、規則が異なり、また時代によっても規則が変わるというところにポイントがあります。
 自然界は斉一性の原則で貫かれ、どの部分とっても同一の規則で貫かれています。宇宙のどの水分子も、同一条件では100度になると蒸発します。
 それとは異なり、人間社会は、それぞれの社会共同体にによって、規則=社会規範が異なります。また、社会も変化・進化し、社会規範も変わってきます。相対主義こそが人間世界の現実です。
 人間社会におけるカオスの源は、個の意識、個の自由=自己選択性であると観察され、それは極めて近代社会によって顕著になってきたと言えるでしょう。個の自由を増大させ、カオスの領域=個人の私的領域を維持する仕組みを近代社会はつくってきています。
 
Commented by ぱお☆ at 2012-07-11 00:11 x
こんばんは♪ 丁寧にレスをしていただけて嬉しいです!
一つ目のレスについて:
論宅さんのカオスの定義、ありがとうございました!
>規則や法則が存在しない状態をカオスと定義します。
>とりわけ、私が興味があるのは、個々の人間が自由に動くことで生ずるカオス状態です。

引用にあたり、改行コード入れさせていただきました。カオス状態は、人間の自由な行動によって生じる無秩序とのこと、確認させていただきました。さしあたりこちらの読解がはずれてもいなさそうなのでそこはホッとしております。一方、「規則や法則が存在しない状態」という定義は、私の宇宙観と異なるので、恐らくそこからギャップが生じるんだなと思いました。
「規則や法則が存在しない状態」というのは、「規則や法則として、さしあたり認知されているものが適用できない状態」ということではなかろうかと。すなわち、別の認識方法を取るならば、「無秩序」さえ説明できる法則がある、ってことです。そこで、エントロピーの法則を例として持ちだしました。無秩序をエントロピーの増大として理解することが出来ると。(昔読んだブルーバックスからの受け売りですが。)
つづきます。
Commented by ぱお☆ at 2012-07-11 00:25 x
ぱお☆つづきです♪

今の引用箇所の前段からもう一回読ませていただくと、
>カオスそのものが相対的な概念です。一つの視点・次元から眺めると、ある世界はカオスですが、別の視点・次元から眺めると、ノモスとなります。論者の観点によって異なります。カオスの定義は多様です。
私は、一応、規則や法則が存在しない状態をカオスと定義します。

とお書きになられていますが、ある視点ではノモスとして説明できるのなら、それはそのレイヤーでは規則性、法則性が生じていると言うことになります。そうすると、「規則や法則が存在しない状態」というのは、相対的な視点を取った上で、ある種のレイヤーを選択した場合のみに適用できる概念ということでよろしいですか?(という理解で前へ進んでおこうかと。)
Commented by ぱおぱお☆ at 2012-07-11 00:30 x
二つ目のレスへのレスなので、ハンドルも二つ目にしてみました。

>社会システム論が第二次観察(観察の観察)によって生成するという点は、自然科学系のシステム論とは異なります。

なるほど。つまり、たとえば一般システム論(自然科学系・生物学モデル)が人間組織・社会集団に適用されたものとは似て非なるものであるということですよね。
一般システム論によれば、システムの構造的同型性により、細胞⇒組織⇒生物個体⇒生物集団が説明できます。そのことからシステムという認識のフレームワークで人間社会を説明できるという考え方は当然、出てきてしかるべきものでした、ですが、それはあくまで原理的なものでしかないでしょう。
とはいえ、意味システムを情報コミュニケーションという概念へと接合し、より開いていこうとする時(物質をエネルギーと情報で説明するみたいな、あるいは人間のコミュニケーションと生物のコミュニケーションの相同性を考えるような)その時、言語を土台とする人間のコミュニケーションでさえ、情報システムとして説明する道もあるのでは?今すぐ思い浮かぶのは二重拘束説のベイトソンなのですが。(つづく)
Commented by ぱおぱお☆ at 2012-07-11 00:39 x
つづきます。
>意味システムたる社会システムは、基本的に生命体システムと異なります。

本当にそうなんだろうか。ちょっと社会学の癖(近代人の自意識過剰)が出てきている気がしますが…というのも、人間という生物は、そのような生命体システムを逸脱したような意味システムを有する「とされる」社会を営むことで群れとして生きており、その群れでの集団生活のストレスで病気になったりするわけでしょう?自己免疫疾患の蔓延なんかも。そんな風に生物としての自己保存や種の保存とも逆立ちしかねないということは確かにあるとはいえ、それは人間だけに特有の呪われた部分なのかどうか…。判断は保留にしておきます。

>社会システムは、コミュニケーションにおける自己選択性や二重の偶有性を組み込んだシステム論であり、再帰性なども取り込んでいます。

自己選択性、二重の偶有性、このあたりは百歩譲って人間社会特有のコミュニケーションシステムとしても、「再帰性」は、自己組織的なシステム一般の性質だと思われますが。社会学特有の別の概念???
Commented by ぱおぱお☆ at 2012-07-11 00:59 x
もひとつです。
>前近代社会にも無秩序はあり得たということですが、それは他の社会共同体との戦争状態によるものがほとんどであります。

そうなんですか?
こちらが出したヴェネチアの謝肉祭にしてもポトラッチにしても、それが制度化されたカオス(強制されたカオス)とするなら、論宅さん的には「視点を変えればノモス」になるということなのでしょうか。
しかし、それではコスモスが不在になりますね。
尚、近代化していない世界を引き合いに出させていただきましたが、それは「前近代」ではなく、「非近代」という枠組みで考えています。

もう一個、レスをいただいているのですが、まだ手つかずのままかなりコメントが増えてしまいましたので、この辺で失礼します。長々とすみませんでした。
Commented by ぱおっぱお☆ at 2012-07-11 01:12 x
あ、あと一個だけ^^;
>自然界は斉一性の原則で貫かれ、どの部分とっても同一の規則で貫かれています。

斉一性で貫かれているんですか。
確率論的にしか説明できない事象でさえ、それを法則性と呼ぶならば。
個別の環境条件におけるその都度の多様で複雑な変数をその都度、考慮してゆく必要があると思いますが、それは、人間社会のルールの多様性、相対性の根拠となりうる気がします。

自然は斉一性を持つ。人間社会は異なる。とするならば、人間は自然界には生きていないのですか? それは、構築された概念でしかないような気がします。

私の頭ではこのくらいが関の山なので、お休みなさいです♪
Commented by merca at 2012-07-15 09:47
論宅です。
 エントロピーの増大は、秩序が無秩序に向かう方向をさしますが、社会システムの場合は、エントロピーの増大はゼマンティク(意味)によって縮減されます。人々の自由な振る舞いにもかかわらず、コミュケーションが可能になり、ある種の蓋然性や規則性が担保できるのは、ゼマンティクによります。一般化されたコミュニケーションメディアとしての貨幣などは、その典型です。これを複雑性の縮減と言います。
 少し違う哲学的視点に立つと、一般に人間の認識作用は、「何々は何々である」という主語と述語を連結させる判断によって成り立ちます。要するに、複雑な外部世界=カオスに対して意味付与作用によって秩序を与えます。意味付与作用こそが無秩序を秩序に変換する装置なんです。
 いかに宇宙がカオス(無規定)であろうと、人間は宇宙を分割して認識し、カオスの中にノモスを投影します。これは、池田清彦の構造主義科学論や構造構成主義の宇宙観です。
 もっというと、(カオス/ノモス)という区別そのものが、人間が所有する意味概念であり、カオスをノモス化することが人間の理性の弁証法的運動となります。カオスは人間の意味付与作用による観念的構築物であるということです。
Commented by merca at 2012-07-15 10:06
 以上は、意味システム(意識システムや社会システム)の側から言える宇宙観であり、相対的です。秩序と無秩序は人間が宇宙に与えるものであるという思想となります。近代物理学の宇宙観が正しいとは言えませんが、それとは異なります。
 意味システムにとっては、不可知な外部世界は物理法則が支配しようがしまいが、意味システムにとっては無規定としてのカオスとなります。簡単に言うと、意味システムからすると、自己の認識の外は全てカオスということです。物理学の観点と意味システムの観点とでは、宇宙は異なって見えます、どらちが正しいかとは言えません。一方の観点から見えた世界を絶対的に実体化するところに過ちが生じます。レイヤーが異なりますので、二つの宇宙観は両立します。ニセ科学批判者が物理宇宙のみを絶対化し、摩擦を起こしていることは悩ましいとしか言いようがありません。
Commented by merca at 2012-07-15 10:38
 さて、「一般システム論によれば、システムの構造的同型性により、細胞⇒組織⇒生物個体⇒生物集団が説明できます。」というのは、社会学の祖であるコントが提唱した社会有機体説と発想を同じくしています。
 しかし、現代社会学では、人間社会を生物有機体と見なすコントの学説は、アナロジーの域を出ないとされ、支持する者は少ないです。
 生命体システムと社会システムが根本的に異なる点は、(連続性/断続性)の違いがあるということです。生命体は連続的に変化しますが、社会システムはその都度生成消滅し、意味的区切りがあって断続的です。つまり、社会システムは、意味システムであり、コミュケーションには区切りがあり、コミュケーションが発生している時のみ創発されます。例えば、売買コミュニケーションは、客の支払いが済むと終わり、意味による明確な区切りがあります。一方、生命体は生きている間は、ベルグソンが唱えたように連続的に運動・変化します。
Commented by merca at 2012-07-15 10:42
 また、システムは、一般にシステム=自己と環境の区別に準拠しますが、生命体システムが空間的区別によって内外を分割するのとは違って、社会システムは意味境界によって区別します。自分と自分でないものの区別が空間性に準拠するのと、意味境界に準拠するのでは明らかに異なってきます。意味境界に準拠する場合は、第二次観察が必要となります。
 その要素が自己に属するものかそうではないかは、生命体は空間的に内部にある細胞が自己の要素であると簡単に分かりますが、社会システムは、そのコミュニケーションがどのような種類の区別に準拠しているかという意味境界によって観察されます。空間性とは関係ありません。
 このように生命体システムは連続的・空間的であり、社会システムは断続的・非空間的ということで、あきらかに異なるシステムです。
Commented by merca at 2012-07-15 11:20
 最後に、宇宙の斉一性の原理は、近代科学の大前提となっています。簡単に言えば、宇宙では同じような条件では同じような現象を起こすということです。例えば、宇宙のどの原子も、同じような状況においては、全てE=mc²という物理法則に従うということです。近代科学の各種物理法則が宇宙の斉一性の原理を前提にしており、それ故に科学の公準である予測可能性や再現性が可能になります。
 複雑系の科学においても、一つ一つの原子は自分勝手に動くのではなく、物理法則に従うと考えているようです。今のところ、内的動因で自分勝手に動くことができるのは人間の存在=自由意志だけです。宇宙の斉一性の原理を壊すためには、内的動因で自分勝手に動く存在が必要です。原子が他の物質から動かされて動くのではなく、自分から動いているというのであれば、宇宙の斉一性の原理も破綻するでしょう。原子には自由意志は認められていません。
Commented by merca at 2012-07-15 11:21
 万物に霊魂が宿るとするアミニズムをとると、物質も心をもち、自分から動くということで、宇宙の斉一性の原理は破綻すると思いますが、今のところ、そのような説を唱えると、オカルトのレッテルを貼られます。
 ただし、近代物理学ではなく、構造主義科学や構造構成主義の宇宙観からは、宇宙の斉一性の原理はカオスと同様に人間が構築した概念にすぎないことになります。

 人間は、与えられた自然環境と自ら作りだした社会環境の二つにまたがって生きています。自然環境における因果法則を利用して逆に自然をコントロールし、必要なものを生産し、社会環境を作り出します。宇宙の斉一性の原理すら人間の自由意思によって利用されています。科学技術がそれです。単に宇宙の斉一性が構築された概念にしかすぎないのなら、科学技術は役に立ちません。ある意味、人間社会に利用されるために、宇宙の斉一性はあるとさえ言えます。テレビ、洗濯機、車、発電機など、各種人口機械は、全て宇宙の斉一性を前提しています。
<< 複雑系科学は、社会を捉えきれない。 社会学の科学力 >>