精神医学はニセ科学か? 内海医師のニセ科学批判。

  ニセ科学とは、科学でないのに科学を装うことで、人を騙す学説や商品のことをいう。さらに、そのような学説や商品をニセ科学として摘発し、クレーム申し立てをすることをニセ科学批判と呼ぶ。ホメオパシー、マイナスイオン、水からの伝言、血液型性格判断などがニセ科学批判の対象とされ、ニセ科学批判運動が盛んにネット上を中心に行われてきた。そして、対抗レトリックとしてニセ科学批判批判も形成され、ネット議論を盛り上げてきた。
 ニセ科学批判はしばしば「水からの伝言」のような非科学と簡単に分かる対象を標的にばかりしているという批判を受けてきていたが、今回、それを覆すようなニセ科学批判が現れた。それが、医師内海聡氏による精神医学(特に薬物療法)に対するニセ科学批判である。同氏の著作「精神科医は今日も、やりたい放題」における精神医学に対する批判は、ニセ科学批判という言葉は使用していないものの、内容はニセ科学批判そのものだと言っても過言ではない。同氏は、精神医学を非科学と断定し、患者を薬漬けにして騙していると喝破している。もしかりに同氏のニセ科学批判が正しければ、大変なことになる。多くの精神病患者が科学の名のもとに騙され、迫害されて続けてきていたことになるからである。これは、ホメオパシーどころの被害の問題をはるかに越えおり、社会ぐるみの詐欺行為ということになる。同氏はこのような医学会を震撼させる爆弾を投げたわけであるが、なのにあまり流行っていないという現状がある。それに、ホメオパシー、マイナスイオン、水からの伝言、血液型性格判断などを批判してきたこれまでのニセ科学批判クラスタたちが、内海聡氏の精神医学に対するニセ科学批判に同調する兆しが全く見られない。重要なニセ科学批判であるにもかかわらず関心を示さないのはどうしたことかと思う次第である。非科学と一目瞭然であるホメオパシー医療は叩くが、精神医学は権威と伝統があるので怖くて叩かないということであろうか? ニセ科学批判に好意的な精神科医香山リカは、内海氏のニセ科学批判をどう思っているか知りたいくらいである。

 内海氏のニセ科学批判の要点は、精神の症状に対して科学的に精神疾患の原因が解明されていないにもかかわらず、脳内の異常として決めつけ、科学的に効果が実証されていない危険な薬物で治療しようとするところにある。例えば、うつ病の原因とされてきたセロトニン説は、実証されておらず、科学的事実ではないという。また、精神科医が異なると、同一の患者にも異なった診断名が下されることがあり、科学的ではなく、主観的判断によって病名がつけられているという。主観的判断で適当に病名をつけられ、それに見合った薬物の服薬を指示され、結局、製薬会社の利益になっているというわけである。さらに、家族と医者が組んで性格が偏った扱いにくい子供を閉鎖病棟に隔離する手段として、精神医学が利用されているという。また、明確な科学的根拠がないのに、多動性障害やアスペルガー症候群というレッテルを貼り、精神薬を投与し、その衝動性をコントロールし、社会適応させることはよくある。学校教育においても、多動性障害やアスペルガー症候群のレッテルを貼り、不適応児童を教育の現場から医学の現場の領域に排除していることもある。さらに、刑事政策においても、心神喪失者等医療観察法という制度があり、精神疾患のある犯罪者を刑事司法の領域から医療の領域に排除している。
 メンタルヘルスについても、うつ病は心の風邪というスローガンでうつ病患者を増やし、心療内科への敷居を低くし、投薬治療の機会が増え、製薬会社が儲かっているという。新型うつ病という病名を開発し、煩しい職場の対人関係から逃避するための疾病利得を簡単に得ることができるようになった。生活保護の受給理由として、うつ病のために稼働不可能とするのもよくある。
 
 内海氏の精神医学に対する批判は、単なるニセ科学批判にとどまらず、社会批判も射程に入れている。社会学的にいうと、精神医学は、社会の様々な分野において、一定の機能を有しており、今やその診断なしには社会は回らないほど多くの役割をになっている。このように社会の仕組みに深く食い込んでいるのは、精神医学が科学であるという前提があるからである。占いで大殺界だから休職したいというのは通らないが、精神科医にうつ病の診断をもらって休職するのは正当化される。究極的に、占いも精神医学も非科学として同一なのにである。精神医学が科学であると社会から認定されているからこそ、これらの社会的機能を発揮し、現代社会は回っている。もし科学でないことが事実であり、それが人口に膾炙すれば、社会はパニックに陥るであろう。原子力安全神話と同じ理屈である。
 精神医学が科学を装うことで、社会は回る側面はあるものの、精神薬大量処方問題などによって個人の人権が侵害されている問題は無視できない。うつになって医者にかかり、薬漬けになって調子が悪い人をよく見かけるのである。うつ病と自称する方のブログは溢れており、大量服薬の記述などをよく見かける。精神薬大量処方問題の被害者が声をあげているらしい。
 
 社会が既存の領域で処理できないノイズを全て精神医学の領域に委ねてしまっていないだろうか? 唯物論者が心霊現象や超能力などの超常現象を精神疾患として処理しようとするのと同様に、不適応児童、触法障害者、メンタルヘルス、生活保護の怠者などの社会的ノイズを全て精神医学に委ね、処理しているわけである。精神医学を純粋な科学として回復させるためには、社会の要望による精神医学の多機能化現象を食い止め、本来の姿に戻すべきかもしれない。
 その意味で。脳の異常に精神疾患の根拠を求める薬物療法ではなく、カウンセリング中心のフロイト学派の精神医学の復活を望むのである。現在、純粋にフロイトの精神療法に忠実な精神科医は日本にも少なく、異端視され、薬物治療派から排除されていると思われる。心の病を個人の意味世界及び環境世界の病として捉え返すことが必要なのである。
 
 次のような事例を考えてみよう。 
 会社が倒産し借金して失業した時に、気分が落ち込みうつ状況になった。心療内科を訪ねてうつ病と判断され、薬を投薬された。例えば、こんなケースなら、弁護士に相談して破産宣告をしたり、占い師に今は辛いが必ず将来は復活すると予言してもらったり、カウンセラーに話して気持ちをうけとめてもらったり、宗教に入信し価値観を変えるなどし、元気になって治るのではないかなと思う。極端な話し、宝くじがあたって一億円が入ってきたら、薬を飲まなくても、この人の落ち込み状態は治るのである。これは、意味世界の喪失に起因する気分の落ち込みなので、脳とは関係ないのである。
 また、職場の上司にいじめられてうつ状態になって会社を休み、死にたいと思い、心療内科を訪ねてうつ病と判断され、薬を投薬された。よくあるケースであるが、これについても、この職場の上司がいない職場を確保するか、もっとよい別の仕事に転職できれば、薬を飲まなくてもよいである。パワーハラスメントで上司を法的に訴えて慰謝料を請求したり、職業安定所の相談員に適職を紹介してもらえれば、治るのである。環境を変えるだけで、薬はいらない。これは社会環境の問題であり、脳の障害の問題ではないのである。
 要するに、これらの事例のように外的ストレスが原因で精神に異常を来している場合、免疫学的には原因となるストレス要因を除去することが解決となり、精神薬はなんら解決の策とはならないのである。すなわち、精神医学ではなく、法律学、社会学、心理学、経済学、場合によっては占いや宗教によって治る問題なのであり、それを精神疾患として扱うのはナンセンスであり、問題のすり替えにしかすぎない。
 このようなケースで精神科や心療内科を受診し、自己に精神疾患があると思い込み、薬物治療を受け続け、医者と製薬会社が儲かっているというわけである。
 また、怠け者やひきこもりが、精神科からうつ病や適応障害として認定されることで不就労の理由が正当化され、生活保護となって国家予算に負担をかけていないだろうか? 社会的に孤立化したメンヘル系の若者やホームレスに多いケースである。しかし、もし精神医学がニセ科学であると社会の多数が思い出したら、このような不正はまかり通らないことになるだろう。精神疾患による生活保護よりも就労支援による就職のほうが明らかに正しいのである。内海氏のニセ科学批判は、既存の精神科医だけではなく、さぼりのニセ弱者にとっても脅威なのである。
 私流に結論を言うと、多くのうつ病は、社会病理学や臨床社会学によって治るのである。臨床社会学士なる職種があれば、社会資源をコーディネイトして、社会学的処方箋を出すことができると思われるので、意味世界と生活環境の改善で治る落ち込みに関しては、任せてほしいくらいである。

 最後に、ニセ科学批判クラスタが内海氏のニセ科学批判に同調してこない理由がわからない。ニセ科学批判者のリーダーであるNATROM氏は医者であるが、精神医学をニセ科学と思わないのだろうか? 内海氏の精神医学批判は、内容が厳密に正しいかどうかは精神医学肯定派との論争を見てから判断すべきだと思うが、はじめて学会の権威に対抗した勇気あるニセ科学批判である言えよう。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

[PR]
by merca | 2013-02-03 11:14 | ニセ科学批判批判 | Comments(25)
Commented by ビギナーさん at 2013-02-04 17:32 x
おっさん、議論が破綻しているよ。
いろいろなところで魚拓とられているwww
Commented by 双極性障害患者 at 2013-02-04 17:59 x
うつに関しては、問題解決で治る可能性あると思うけど
躁うつ病に関しては、どういう見解なんだろ。
あとACがあっての精神疾患は、たしかに原因取り除けば
行動療法でかなり改善しやすいと思うのは確か。
Commented by merca at 2013-02-04 20:34
ニセ科学批判の巨人であるTAKESANさんが引退してから、ニセ科学批判業界をひっぱっていくのは、魚拓をとったNATROM氏だと考えています。素晴らしいです。内海氏の精神医学批判は精神医学を非科学だと断定し、さらに詐欺であると喝破しているので、形式上はニセ科学批判の定義に当てはまると思います。
 ニセ科学批判をする権利は、平等に万人に開かれるべきです。ニセ科学批判が思想として生き残るためには必要なことです。
 フロイトの精神分析学が科学的なのは、脳科学よりも、心の因果連関が正確だからです。不眠の人に、カウンセリングを行い、失恋が気になって寝ることができないと言えば、失恋=原因→不眠=結果であるという確かな個別的因果関係を確定できます。一方、脳波を調べ、脳の異常が原因で不眠になっているという因果関係は、外からの観察にしかすぎず、不確実です。因果関係を確定するという科学の目的を考えるのなら、脳科学よりも精神分析学のほうがより優れています。
Commented by atract at 2013-02-05 02:18 x
医学や薬のことをあまり知らない人なんだなと思いました。
確かに一般人から見ればうつ病は怠けているように見られがちですものね。
Commented by 源平藤橘 at 2013-02-05 08:13 x
>因果関係を確定するという科学の目的を考えるのなら、脳科学よりも
>精神分析学のほうがより優れています。

フロイトの精神分析による治療は、後世にカルテや患者の再調査を行って病気と治療の因果関係を調べたところ、治療効果はほとんどなし、むしろフロイトに治療されたことで病状が悪化してる人間が多数いることが発覚しました。
これはフロイトの流れをくむ精神分析医でも同様だったため、フロイトの精神分析論はニセ科学扱いされ一気に没落してしまいました。

詳しいことは以下の本を読んでください。
「フロイト先生のウソ」ロルフ・デーケン
「精神分析に別れを告げよう―フロイト帝国の衰退と没落」H.J. アイゼンク

今時フロイトの精神分析が有効なんて言うのは30年勉強をサボってる老人くらいですね。
Commented by NATROM at 2013-02-05 08:42 x
ホメオパスの由井寅子氏のワクチン批判は、形式上はニセ科学批判の定義に当てはまると、 mercaさんは思うのでしょうね。
Commented by BEBE at 2013-02-05 10:30 x
この記事は早速各方面で色々と批判にさらされているようですが、細かな内容はともかく、精神医学はニセ科学という指摘は非常に的を射ています。

この主張に対して一番あり得る反論は、部分的にはニセ科学的側面があるが、全体として発展途上であるので精神医学はニセ科学と考えるのは誤りというものでしょう。

しかし、皆様は病理学という観点から見た精神医学がどれだけ怪しい(苦しい)ものがご存知ないのでしょう。メジャーであるうつ病や統合失調症すら、疾患概念が正確には形成されておらず、疾病なのか症候群なのかすら解明されていません。

そこで苦し紛れに登場したのが、操作的診断という概念です。これは、正当な病理学からすると、非常にあいまいかつ誤解を生みかねない概念なのです。実際、現役の精神医学者からもかなり批判が出てきています。
Commented by BEBE at 2013-02-05 10:31 x
(承前)そこで本題なのですが、発展途上であるならばそれならそれで構わないのです。ここまでが限界であり、これ以上のことはわかっていない、できないということを示せば、それは絶対的な価値観ではなく、一つの見方、アプローチに過ぎないという同意の下、患者や家族にも選択権が生まれてきます。

ところが、このあいまいな概念が、あたかも科学的真理であり、絶対的価値基準になっているのが現実です。セロトニン説しかり、ドーパミン説しかり。精神医学会の権威ですら、平気でまだ立証されていない理論を、あたかも事実であるかのように語ります。

科学的に未解明なことがあるのはどこの分野でも同じです。しかし、未解明なことを認めた上で実践がなされるのではなく、あたかも実証されたような真理として論じられたり、ましてやそのような理論をもとにした診断・治療が絶対的な基準となることは、ニセ科学としての真骨頂を見出すことができるでしょう。
Commented by BEBE at 2013-02-05 10:31 x
(承前)補足すると、精神医学は社会学としての側面も非常に強いものです。なぜならば、人の権利をはく奪する権限を持っているからです(強制入院、強制治療、責任能力の鑑定、障害判定)。だからこそ、本来は慎重で科学的な運用が求められる分野でもあります。実際そうはなっていにことが問題です。

ニセ科学問題に関心を持つ人々が、なぜこの問題に関心を持たないのか不思議でなりません。
Commented by ビギナーさん at 2013-02-05 10:45 x
BEBEさん

>ニセ科学問題に関心を持つ人々が、なぜこの問題に関心を持たない>のか不思議でなりません。

それは関心を持つ多くの人々が精神医学はbiologyだけではなくてPsychoかつSocialな三本柱で成り立つモノであると解っているからです。
医学∋科学 であることをわからんのは、内海氏以外にもmerca さんと BEBEさん はじめ少なくないのでしょうけどね。
Commented by BEBE at 2013-02-05 11:44 x
いやいや、そんなしたり顔で言われましてもね。むしろだからこそニセ科学批判的視点が精神医学会に必要なんですよ。この業界に身を置く立場として心より望みますよ。脳科学などのbiologyのデータを恣意的に用いるイカサマ商売が驚くほど流行ってますから。精神医学会でも批判精神で他人の発表に鋭いツッコミを入れる研究者が少ないのですよ。他の医学会はどうかわかりませんが。
Commented by 源平藤橘 at 2013-02-05 12:22 x
私は精神医学におけるニセ科学ついては興味があって色々本を読んでますが、内海医師はあきらかにニセ科学の人ですね。
この人の著書を元に精神医学を批判したらバカにされても仕方が無いですよ。
Commented by ビギナーさん at 2013-02-05 12:54 x
to BEBEさん
>この業界に身を置く立場として心より望みますよ。

内海さんもこの業界に新規参入を希望されておりますが。
BEBEさんは心理屋さんでしょうか。

>だからこそニセ科学批判的視点が精神医学会に必要なんですよ。

もう少し精神医学の紆余曲折の歴史を学ばれたほうが良いと思いますよ。この業界に身を置く立場であれば、なおさら稚拙です。
Commented by BEBE at 2013-02-05 18:15 x
ビギナーさんさん
ありがとうございます。心理屋ではありませんよ。臨床よりも研究職に近い立場です。ちなみに、内海医師に賛同する立場でもありません。ビギナーさんさんはどのような職種ですか?

議論が起きることはいいと思うのですが、このような議論が起ころうとすると、「論敵の主張をねじまげたうえで否定する」という手法で「稚拙」などと切り捨てられるのが常です。さらには批判者=オカルトとされ、(内海医師らのような)感情的・思想的批判とは異なる真っ当な批判までもが俎上に載りにくい風土すらあります(それでも最近の精神医学会はずいぶんましになりましたが)
Commented by Silvergray777jp at 2013-02-06 04:24
 リンクさせていただきました。
 私は当事者(AC、治療履歴最初の診断名は統合失調症でした)の1人ですが、BEBEさんの見解には同意するところが多いです。
Commented by ビギナーさん at 2013-02-06 11:43 x
to BEBEさん

御返事有り難うございます。
>ビギナーさんさんはどのような職種ですか?
統計屋のM.D.です。

>「稚拙」などと切り捨てられるのが常です。

真っ当に御返事させて頂くと、BEBEさんのご指摘されている操作的診断の云々というのは殆ど指摘としては意味はないと思います。実際問題臨床現場でDSMに「沿って」治療を行うことはまずありません。あくまで結果論としてDSMに基づいて診療上分類をしますが、それでもそこまでやるのは便宜上であることが多いです。

また「精神医学会」という指摘をされていますが、その医学会というのは具体的にはどこでしょうか?臨床精神?生物学的?社会精神?他にも沢山精神科関係の学会はあります。
 そのような舞台で相手にされるような議題(演題)を出すこともなく、また能力も有さないで努力もせずに、机上の知識だけで批判されるのが
BEBEさんに限らず「ニセ科学批判」をされる方々の特徴です。(mercaさんはそれすらopenにすべきだと言われていますが、それならチラシの裏にでも書いてればよいことだと思います)
Commented by まるまる at 2013-03-15 10:19 x
うつ病は「遺伝性脳病(仮説)」であり「心因性精神障害(仮説)」による診断は「PTSD」「神経症」であることは精神医学史で現在までに確定した部分である。それを無視したことを言う「偽精神医学」は「ニセ科学」なのは当然だろう。
Commented by NATROM at 2013-03-20 02:19 x
「多くのうつ病は、社会病理学や臨床社会学によって治る」とありますが、そのことを示した臨床試験を教えてください。盲検は難しそうですが、無作為化試験は探せばありそうです。
Commented by kero at 2013-03-22 12:23 x
うーん、御返事ありませんね。

同じ社会学系のblogを見ていると、「批判批判界の大御所」で「結論に合わせて論理を組み上げる」等、論宅様のロジックに関して言及されている方が多くいらっしゃいました。

http://b.hatena.ne.jp/ublftbo/%E8%AB%96%E5%AE%85/
http://schutsengel.blog.so-net.ne.jp/2011-01-25

うーん。
皆様が感じられているのと、私も同感です。
やはり最初に結論ありきじゃ、どんな医学だろうが社会学だろうが論議になりませんよ。
Commented by NATROM at 2013-04-01 14:31 x
「精神薬の効果は、本人の意思が介在します。治癒願望が強い人は効果があったと答えるでしょうし、治癒願望の低い人は効果がなかったと答えると考えられます」
「精神薬による改善状況は、二重盲検法であったとしても、気分の落ち込みの判断であり、原理的かつ最終的には本人に聞く以外にはなく、本人の願望によって回答が左右されるのではと思います」

というmercaさんの認識では、社会病理学や臨床社会学によって治って事例があったとしても、「治療者の期待に添いたいという患者は意図的に治療の効果があって気分が良くなったと答えるでしょう」ということにはなりませんか?

・「社会病理学や臨床社会学によって治る」と書いた根拠

に付け加えて

・「社会病理学や臨床社会学によって治る」として、「社会的に加工された虚構を科学的事実として認定してしまう可能性」をどのように否定したのか

という点についても回答をお願いします。
Commented by バナナ at 2014-08-26 11:12 x
助けて下さい。この人のせいで弟がおかしくなりました。
もうわたしも頭がおかしくなりそうです。この人に家の中
をムチャクチャに
されそうです。内海のせいでもう死にたいです

どうしたら兄弟の目を覚ますことができますか?
この医者さえいなければ

Commented by merca at 2014-08-31 10:11
簡単です。相対主義になると治ります。内海医師の知識や思想を絶対化することからそのようになります。自らの目的のために内海医師の方法を手段化し、駄目なら機能的等価な別の知識に頼ればと思います。単にそけだけです。精神医学を絶対化するのも、内海医師の知識を絶対化するのもやめて、全ててーげーに手段化、道具化すればよいのです。てーげーにです。
Commented by H at 2015-03-11 17:05 x
こんにちは
 統合失調症と診断された子供達を持つ普通の主婦です。ここでこんなことを言うのは場違いかもしれませんが、内海先生の一言で息子は薬を止め、元気になりました。感謝しています。
 娘はエビリファイ6mgという低用量の抗精神病薬を一回投与されただけで意志疎通不能となり、徘徊が始まり、リスパダール2mgに変薬したあと幻覚と幻聴が出て、治らなくなりました。人間の脳と言うものはそんなに単純なものではなく、精神病薬はとても危険なものであると感じます。リスパ2mgの維持薬でも混乱が起き、今は自分の世界だけで暮らしています。大量投与でなくても、人によっては大きな障害が残ってしまうこともあります。また、精神薬は長期的な服用という点では安全性が確認されていないわけですし、むやみやたらに使うのは止めた方がいいと思います。
Commented by マーカシャーナ at 2015-03-12 22:12 x
 NATROM(ニセ科学批判たち)よ。
 魂の真理を知るがよい。
人は、医術や薬によって救われるのではない。
医術や薬は手段でしかない。
真実は、人は人によって救われるのである。
救おうとする人がいなければ何人も救われない。
この真理は永遠である。 
 
 主婦よ。
ブラックジャックを熟読し、内海医師にこう問うがよい。
「あなたは、ブラックジャックかドクターキリコのどちらになろうとしているのでしょうか? 」と。
 その答えがあなたの魂を真なる救いに導くであろう。

        生命の伝道者・マーカーシャーナ
 
Commented by のっち at 2017-01-16 20:57 x
うつ病患者に訴訟起こせって
そんな元気があったら、うつ病じゃないわw
<< 内海医師の精神医学批判への批判... 「バウマン社会理論の射程」書評... >>