ヒュームの懐疑論は通用しない。

 デビット・ヒュームが、因果律は対象の側に内在する法則ではなく、人間の単なる習慣的な思い込みであると主張したことは有名である。所謂、ヒュームの懐疑論である。哲学や思想系の学徒なら誰でも学んでおり、よく知られている。
 ある現象の後に特定のある現象が起ることを繰り返し体験すると、時間的に先行する現象を原因だと錯覚し、その後に起った現象を結果だと錯覚するわけである。本当に原因かどうかは確かめようがないというわけである。
 問題は、このヒュームの懐疑論からすると、因果律あるいは物理法則は、客観的に存在しないことになり、因果関係を探求する科学は全て虚構になるわけである。
 もし哲学者がヒュームの懐疑論でもって闇雲に科学者が見つけた科学的因果関係を否定したとしたら、科学者は怒るだろう。本当にヒュームの懐疑論は科学に勝利したのだろうか?
 
 ところが、実は、(外的視点/内的視点)という区別から観察すると、ヒュームの懐疑論は自然科学には通用しても、人間科学には通用しないことになる。例えば、人から押されて転倒した場合、倒れた当人の内的感覚からは押されて転倒したという因果関係は明確である。また、殴られて怒ったというケースでは、殴られたことで怒るという結果を引き起こしたという因果関係が当人の内的視点から確実である。さらに、他人が挨拶し、自分も挨拶したとしたら、礼儀作法に従って挨拶したという因果関係は当人に聞けばわかるのである。また、本が欲しいから店で本を買ったとかという目的手段関係による因果関係も聞くことで確認できる。このように、心理学や社会学のような人間行動や社会的行為を対象とする人間科学(社会科学も含めて)は、内的視点から理論を構成するために、全くヒュームの懐疑論は通用しない。
 
 ヒュームの懐疑論が通用するのは、外的視点から物体を観察する自然科学のみである。ビリヤードの前の玉が後ろの玉に衝突して動いた場合、衝突したから動いたのかどうかは後ろの玉に聞くことができないのである。人間には聞けるが玉には聞けないのである。
 このように、因果関係の確定は、内的視点をとる人間科学では確実であるが、外的視点をとる物理学では究極的に不確実である。人間科学の方が因果関係の究明については、自然科学よりも優れており、むしろ真理性は高いのである。人間科学には、実験やベイズ主義統計学に頼らなくても、観察や調査だけで因果関係の真理を確実に獲得できる利点があるのである。
 ともあれ、ヒュームの懐疑論は、限定付きであることを確認しておこう。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

[PR]
by merca | 2013-07-15 22:03 | 理論 | Comments(5)
Commented by 三角 at 2013-07-15 23:19 x
人から押されて転倒した場合、倒れた当人の内的感覚からは押されて転倒したという因果関係は明確である。

ビリヤードの前の玉が後ろの玉に衝突して動いた場合、
人はそこに因果関係を見ます。

因果関係は外的視点にせよ、内的視点にせよ、
共に人間の観念の産物(主観的なもの)である。
というのがヒューム主張では?


人から押されて転倒した場合、
倒れた当人の内的感覚からは押されて転倒したという因果関係は明確である。

その「因果関係は明確」に感じる、思う、というのが、
その人の生み出した観念でしかなく、
因果が真に客観的な存在である根拠はない、
ということだと思います。


ですが、因果が人間の観念の産物に過ぎないと考えても、
何の益もないと思いますが。
Commented by merca at 2013-07-17 00:23
論宅です。三角さん こんばんは
 むしろ客観的視点たる外的視点よりも、主観的視点たる内的視点のほうが真実であるという発想です。自然科学が準拠する客観的だからこそ正しいとする考えは一つの偏った真理観です。
 例えば、悲しいとか痛いという主観的感覚は、本人にしかわかりません。触覚の次元である動かされているという事実も、外からの観察では決して分からず、本人にしかわかりません。カント哲学的にいうと、感覚は、観念以前の原初的な所与であり、観念のレベルと少し次元をことにします。
 ちなみに、社会科学の視点からは、ヒュームの観念は、極めて独我論的で抽象的です。一人の人間が作り出した観念などほとんどあり得なく、人の観念というのは、社会から植え付けられた共同主観である場合がほとんどです。因果の観念も一人の個人の体験がつくったというよりも、社会がつくった観念であり、個人はそれを学習して内面化しているだけです。ヒュームの懐疑論は、社会科学の立場からすると、端的に嘘です。
Commented by 三角 at 2013-07-17 23:07 x
mercaさん、こんばんは。

科学的、客観的=絶対的に正しい、真理である
というのは、よくある誤解だと思います。

科学において客観性を重視するのは、未来を予想したり、
現象をコントロールする上で役に立つからに過ぎません。

実証的根拠を重視するのも、その方法が有益だからです。

感覚が原初的な所与にしても、そこに因果を見出せば、
それは観念だと思うのです。

ヒュームは因果は主観的なものでしかなく、
社会学では、因果は社会の構成物に過ぎない。
共に因果を客観的な存在とみなさない点は
同ではないでしょうか。
Commented by merca at 2013-07-21 11:03
論宅です。
 内的視点に基づく認識においては、認識主観が因果観念をつくるのではなく、認識主観と対象がそもそも一体化している図式であり、認識対象そのものが認識内容をつくることになりますので、ヒュームの懐疑論の適用外となります。ヒュームの懐疑論はあくまでも認識主観が原因となって因果観念をつくるという図式です。
 ちなみに、ヒュームの懐疑論を自身の説に自己適用すると、自己矛盾を起こします。ヒュームの懐疑論は主観が因果観念をつくるということですが、そもそもその前提そのものに主観が原因で因果観念が結果であるという因果観念図式が入り込んでいます。主観がつくるものが全て虚構であるのなら、ヒュームの懐疑論そのものも虚構になります。論理的に真偽値を決定することができない議論ですから、科学からしたら空論にしかすぎません。
 これを自己言及のパラドックスと言いますが、これを脱するためには、別の区別が必要です。(有用/無用)や(外的視点/内的視点)、(予測可能性/予測不可能性)等という別の区別を投入することで、脱パラドックス化するわけです。 
Commented by merca at 2013-07-21 11:14
 主観がつくった因果仮説であったとしても、実用的であるとか、社会の合意を得ているとか、予測可能であるとか、別の区別や目的からして合理的であれば採用することで、ヒュームの懐疑論に代表される哲学上の不毛な議論から逃れることができます。
 
 なお、社会によってつくられた因果観念であっても、それが実際に演じられると、本当になりますので、社会学では闇雲に社会的構築物としての因果観念を虚構として否定しません。お金を支払うと商品を得ることができるという因果観念は、社会によって構築されたものですが、その因果観念に基づき人々が行動することで、本当になります。
 ここでも、ヒュームの懐疑論は破綻します。ある因果観念が真実になったり虚構になったりする相対的な仕組みを全く理解していません。ヒュームの時代には、社会科学や人間科学が進んでなかったので仕方ないと考えられます。
<< 「国が滅んでも家族は滅ばず」映... 「科学を語るとはどういうことか... >>