創発論的社会観

 国家,法律,市場,企業組織,家族,そして全体社会,これら社会的なるものは,全て目に見えないものであり,物理的存在のように,実体的に捉えることができないものである。近年,社会調査法の技術進歩によって,社会を測定できるという考えが隆盛を極めているが,果たしてそもそも社会なるものを確固とした認識対象として定立できるか疑問である。実際のところ,社会調査法の測定対象である社会は,それ自体,事後的に研究者によって構成されたものである。例えば,国民の所得や意識調査などを実施し,日本社会の階層構造を分析しようとする。この場合,はなから日本社会という実体的対象が存在するのではなく,逆に調査そのものによって,日本社会なるものが事後的に構成されるのである。測定対象がはじめから存在するのではなく,各種指標に対する測定行為そのものが社会を構成するのである。要するに,人々の所得や意識を媒介として,社会なるものが事後的に構成されるわけである。社会なる実体が最初に存在し,それを直接測定するのではない。先に,社会なるものが実体的に存在し,それを測定し記述したと思わせるのなら,それはまやかしである。統計的手法によって,下流社会論などの格差社会論が盛んに人々にリアリティがあるように受け止められているが,それは全て認識論的顛倒である。格差社会も社会調査に基づき構成されたものしにかすぎないのに,人々は単純に日本社会を測定したものと勘違いしているのである。
 
 このように,社会的なるものは,構成する以外にない,つくられた存在なのである。このような立場は一般に社会構築主義と呼ばれている。社会学が学問足り得るためには,その対象である社会というものを確定しなければならないが,その対象たる社会は,自然科学のような物理的実体はなく,上述のように研究者によって事後構成されるものなのである。社会をつくられたものとして定立する社会構築主義の対極をなすのが,「存在が意識を規定する」という立場をとるマルクス主義やマンハイムの知識社会学(存在拘束性)である。個々の意識を離れて社会なる実体(あるいは社会関係)が存在するという立場である。要するにイデオロギー論である。社会構築主義からすると,イデオロギー論は間違いである。社会そのものを実体視しているからである。社会そのものは人々によって構成されたものにしかすぎないのであり,そのようなコミュニケーション過程から超越した確固とした社会は存在しない。また,ある意味,国家主義も社会構築主義の対極にある。というのは,国家主義は国家を個々の意識に先立って実体的前提とするからである。国家主義は,国家が国家主義者によって構成されたものであることを隠蔽し,太古の昔から存在するものとして定立しようとするからである。国家は,実体ではなく,構成された想像の共同体なのである。マルクス主義や国家主義は,構成されたものを実体視する意味において,神話と何ら変わらないのである。このような社会を実体視する考えを存在論的社会観と呼びたい。
 
 ここで,社会構築主義にも種類があることを述べたい。認識論に依拠する社会構築主義と,創発論に依拠する社会構築主義である。認識論に依拠する社会構築主義は,対象の認識内容が構成されるという考え方である。あくまでも対象は認識に先立って存在するが、認識内容が構成されるという立場である。それに対して,創発論的社会構築主義は,認識内容でなく,対象そのものがはなから構成されるとする立場である。構成されるという言い方ではニュアンスが掴みにくいので,つくられる,あるいは創発されると表現したらわかりやすいと思われる。簡単に言うと,対象そのものを生み出すわけである。そもそも、認識と対象という区別に準拠してはいないのである。
 
 さらに、創発論的社会構築主義においては、あるものをつくりだすわけだから,そのつくりだされたものは、認識内容=観念ではなく,かりそめにも実在するものとしか表現できないのであり、逆説的ではあるが、観念論とは対極をなすことになるのである。認識論的思考は認識に先立って存在する実体的対象=ものそれ自体を前提とするが,創発論は,いかなる実体的存在も前提としない。つくられるものが最初から存在することはないからである。しかし,つくられたら,その実在性を獲得する。もちろん,壊れたら実在性はその時点で消滅する。
 
 ともあれ、創発論的社会観に準拠すると、実は、社会を認識するという営みは、そのまま社会をつくることなのである。
 
[PR]
by merca | 2006-12-31 22:53 | 理論
<< 共同性の必要性 脱社会的存在 >>