奇跡

 偶然とは、そんなに怖いものなのか?

 人は偶然に不安を投射してばかりいる。
 偶然に希望を投射する人はいないのか?

 偶然は自由意思によって奇跡に変換される。奇跡は、科学的因果法則からの自由である。無縁なものを縁ずる創発力である。奇跡は新たな出合いによってもたらされる。奇跡は、新庄剛志や夜回り先生などによって起されている。

 奇跡は、自由意思と自由意思の関係で創発する何かである。奇跡の思想のみが、ニーチェの運命愛の思想を越える。

 奇跡は、偶然と必然を越える。奇跡を起す力は、人の命の中に最初から宿っている。
[PR]
by merca | 2007-01-08 12:20 | 理論
<< 中間集団全体主義について 出来事の解釈 >>