絶対主義と相対主義は同根

 ものの見方や価値観は個人や社会によって多様であり、絶対的な真理や善悪は存在しないという思想がある。それを相対主義と言う。多くの人々、特に社会思想や哲学に興味がある学者になる知的若者たちは、そのように考える。そして、この相対主義を盾にとり、道徳や宗教を否定し、人殺しをしてもいいと論理的に結論づける。一方、このような相対主義的な若者に対して、道徳オヤジや新興宗教に走る若者たちやマルクス主義者は、絶対的な真理や善悪はあると主張し、ニヒリズムによる道徳の危機を嘆き、知的相対主義の若者を攻撃する。

 私も以前、相対主義のニヒリズムに陥り、差別解放運動をする若者達に対して、差別を否定する絶対的な道徳的根拠はないので、差別をしている人たちに差別するなという価値観を押し付けることはできないと主張した。私個人としては差別は嫌なのでしないが、万人に差別するなと定言的命令を下すような絶対的・普遍的な善悪の基準が存在しないと主張した。そう言ったら、差別解放運動家にひどく怒られた。しかし、彼等は、論理的に差別がなぜ悪なのか若者達に論証することができなかった。相対主義者は、いじめ、差別、戦争、殺人、ファシズム、格差社会など、これらを悪であると、断罪できないのである。善悪は人間がつくりだした妄想なのであり、そのような実体のない物語を絶対化するのは、低能であると知的な若者は思い、道徳オヤジや新興宗教の信者やマルクス主義者たちを侮蔑するのである。

 しかし、実は、区別の論理からは、相対主義も絶対主義も同一の区別コードに基づく思想なのである。(一/多)という区別コードのうち、絶対主義は一をマークして構築された思想であり、相対主義は多をマークし、構築された思想であり、同じコードに基づいているのである。絶対主義と相対主義は、マークした項が反対なだけであり、同じ区別コードに基づく同根の思想なのである。相対主義のニヒリストである知的若者と、道徳オヤジは、同根であり、同根であるからこそ、その対立は永遠になくならないのである。このことがわかれば、相対主義の若者は、道徳オヤジを非難できなくなるのである。なぜなら、同根の思想であり、道徳オヤジを否定することは自身の否定も意味するからである。

 価値観の多様性を強調する相対主義の若者は、原理上、社会問題を全てモラルに還元しようとする通俗道徳オヤジを否定する絶対的な道徳的根拠を持ち合わせず、ニヒリスティックルサンチマンによる単なる感情的反応に終わるのである。ニヒリスティックルサンチマンとは、絶対的真理や善悪をもっていると実感している人たち(原理主義者=絶対主義者)に対する羨みとむかつきの感情である。

  従って、差別社会・格差社会を批判するにしても、(善/悪)という区別に基づいて批判するのではなく、別の区別に基づく土俵で批判するほうが生産的なのである。しかし、差別や格差は悪だから批判するというのが一般大衆の批判動機である場合がよく見受けられる。

 
[PR]
by merca | 2007-01-30 22:44 | 理論
<< ニヒリズムのコード 独我論のコード >>