香山リカ批判

 香山リカが「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」という新書を出し、スピリチュアルブームを批判している。しかし、彼女が批判するに際して使用している区別は、単なる近代社会前期の理性的啓蒙の域を出ない。

 彼女の議論においては、結論として(真/偽)という理性的啓蒙あるいは科学の区別コードでのみ、スピリチュアルや宗教を断罪している。理性的啓蒙とは、対象と認識の一致という思考方法である。スピリチュアルや宗教に対して、そのようなコードだけで評価するのは、いかにも近代社会前期的な思考である。
 
 柄谷行人が提唱した超越論的仮象という考えがある。これは、自由、平等、人権、個人などの概念は近代社会の虚構であるが、人々が共存していくためには必要な物語だという議論である。もし仮に香山リカがスピリチュリズムを非難するのなら、同時に近代的虚構としての自由、平等、人権等も否定しなければならないことになる。なぜならば、これらも認識と対象の一致という思考からは証明できない虚構になるからである。柄谷行人は、所詮、近代的観念である自由と平等に裏打ちされた個人=主体は近代の物語であると見抜いたわけであるが、されどそれは(有用/無用)という区別に基づいた機能主義的な観点から、必要だとするわけである。このような思考を社会学的啓蒙という。

 自由、平等、人権、個人が一つの物語であるのと同様に、スピリチュアルや宗教も、一種の物語である。スピリチュアリズムは成熟社会に適合的な物語である。また、宗教団体がセルフヘルプグループとしての機能をもつという視点は、臨床心理学をかじった者ならば、よくわかるはずである。社会学的には、個人がバラパラになった成熟社会では、大きな物語を提供する既存の集団型の新興宗教よりも、個人を対象としたかけがいのない個別の物語を提供するスピリチュアルカウンセラーのほうが適合的に機能するのである。さらに言うと、心理カウンセラーよりも、物語構築能力が高いので、相談者に対する治療能力は高い。
 
 前にも書いたが、科学的因果律の限界を提示する世界の根源的偶然性は、宗教が提供する物語(神話)によって処理されるということである。世界の根源的偶然性の処理は、対象と認識の一致によって(真/偽)を確定する理性的啓蒙=科学からは処理不可能なのである。神社や仏閣にお参りすること、占いを頼ること、これら全ては、世界の根源的偶然性に対する適合的な人々の営みである。神仏を理性的啓蒙の立場から観察するほど野暮なことはない。香山リカは、その野暮なことをしているのである。人々が生きるために必要かそうでないかという観点から判断し、適切に機能していれば、それでよいのである。そのような大人の立場が社会学的啓蒙と呼ばれる立場である。西洋では神を信じる人がほとんどであるが、神について(真/偽)という区別に準拠する理性的啓蒙=科学から観察すると、反証不可能な虚構になる。同じく、心理学理論も厳密に言うと、(真/偽)という区別に準拠する理性的啓蒙=科学から観察すると、虚構にしかすぎない。社会学に言わせれば、心理カウンセラーもスピリチュアルカウンセラーも機能的に等価なのである。

 
[PR]
by merca | 2007-02-19 03:27 | 社会分析
<< 物語論の限界 社会構築主義のコード >>