疑似科学批判論者への疑問

 科学という近代社会のイデオロギーにこびるわけではないが、実は、社会学は、自然科学よりも科学的である。社会学は科学の王である。ある一つの現象を例にとろう。
 
 例えば、客が訪ねてきて、お茶を勧めたところ、手で茶わんを持ち上げ、お茶を飲んだとする。茶わんが持ち上がった現象の原因については、いくつもの説明ができる。
 物理学者は、引力よりも強い力が手にあり、それによって茶わんという物体が持ち上がったと説明するであろう。手という物体が茶わんという物体を押し上げたことが、茶わんが空間移動した原因であるというわけである。また、生物学者は、脳内の神経反応が筋肉を動かし、茶わんを持ち上げたと説明するであろう。しかし、自然科学的説明の他にも、次のような説明が成立つ。

 客にかけた「お茶でもどうぞ」という言葉が原因で、客はお茶を飲まないと失礼にあたると判断し、お茶を飲むために茶わんを持ち上げ、茶わんが移動した。この場合、この現象が起った原因は、言葉の意味を受けた客の目的意思である。つまり、原因結果という図式は、目的ー手段という図式に変換されて説明される。客は失礼に思われては困ると思って、その手段として、茶わんを持ち上げてお茶を飲んだ。社会学的には、この現象は行為やコミュニケーションと呼ばれる社会現象である。社会学は、人間の行動を原因と結果ではなく、目的ー手段(プラス規範の場合もある)で解釈し、行為として説明するのである。ウェーバーは、これを理解社会学と呼び、立派な科学とした。

 このように、茶わんが空間移動した現象の原因は、物理学や生物学だけではなく、社会学からでも説明がつく。それでは、どの原因が本当の原因なのか? どれも原因と言えるであろう。どれを欠いても、茶わんが空間移動した現象は成立たないからである。その意味で、どの学問からの説明も科学的真理である。社会学的説明も物理学的説明や生物学的説明も、同等の真理性をもつことになる。

 それに、理解社会学の説明は、現象を起した対象に直接聞くことができる。人間の行為だからその行為者たる人間に尋ねることができる。この点、他の科学よりも有利である。他の科学は外からの観察にしかすぎず、本当にそれが原因かと対象に尋ねることはできない。行為を対象とする社会学は、行為がどんな目的で選択されたか当の行為者に聞くことで、行為の原因を確定できる。これは、ある意味、まさしく対象と認識の完全一致であり、もっとも科学的であるのである。科学の本質が対象と認識の一致にあるのなら、自然科学以上に、社会学こそが完全な科学である。先の例で言うと、ある調査者が客に「相手に失礼だと思ってお茶を飲んだのですね」と聞いたら、「まさしくそうです。よく私の気持ちをわかっている。」と答えるであろう。

 また、日本社会においては、お茶を勧められた客がお茶を飲むという現象は、反復性、法則性もあるだろう。同じような場面をつくると、大方、別の人でもお茶を飲むであろう。つまり、行動の予測ができるのである。さらに、もし客がお茶を飲まなかったとしても、その理由を聞くことで、そのようなことがなぜ起ったのか説明できる。例えば、客に聞くと、「お茶を勧められて飲まなかったのは、お茶が熱そうに見えたから後から飲もうと思った」と答えたりするわけである。例外が起った時の説明もできるわけであり、またこれも至極科学的である。

 究極的にいうと、物理学や自然科学のほうがむしろ不確かである。外からしか観察できないわけであるから、複雑な現象になると、隠されていた別の原因や要因が後からよく発見されたりする。しかし、行為を対象とする社会学には、調査対象が虚偽を申告しないかぎり、それは起こり得ない。

 外的観察しかできない自然科学よりも、内的観察ができる社会学や人間科学のほうが、対象と認識の一致という点において、より科学的である。

 疑似科学として社会学を非難する論客たちがいるが、きちんとした手続を踏んだ社会学ほど科学的な学問はないのである。

 あとになるが、本当は、数学こそが最大の疑似科学であることを明かしたい。

参考・・・議論反射ブログ
 http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8010.html
 
[PR]
by merca | 2007-03-14 00:04 | 理論
<< 二つのリアリティ(真理観) 価値観強制としての教育 >>