多様性の受容

 堀内氏、宮台氏、鈴木氏の「幸福論」では、多様性の受容が重要な価値として提示される。過剰流動性にどう対応するのかという課題とともに、多様性をどう処理するのか、これも、成熟社会での大きなテーマとして扱われている。多様な価値観やライフスタイルの共存を認めるわけである。特に、エリートは、多様性を受容する忍耐力と感性が必要だというのである。多様な異なる価値観やライフスタイルに触れても、道徳的拒絶反応をせずに、自我が壊れない強さが必要であるということだと思われる。一方、西部邁や小林よしのりなどは、このような価値観の多様性が相対主義やニヒリズムをもたらし、人々の生きる意味を破壊する悪になると捉えているように思われる。
 
 後期近代社会における多様性の問題は、ヤングの「排除型社会」でも扱われている。都市社会にその典型を見る。都市には、多様なライフスタイルと価値観をもつ人々が溢れているわけであり、そのような多様性をどのように処理したらいいのか人々に突きつけてくる。結局、都市社会に適応するためには、類型的に対人接触を選択・排除し、対人距離をとり、親密になることを避けることになる。これは、アーバニズムと呼ばれる都会市民の適応類型である。重要な点は、多様性が他者に対する不安心を掻き立てるという指摘である。つまり、多様性が個人の存在論的不安をつくると指摘している。多様なものが溢れる社会では、不安心を抱くことは感情的警告装置=自己防衛機能であり、当たり前というわけである。
 過剰流動性とともに、多元主義、相対主義の中で、人は生きることができるのか、これも後期近代社会のテーマなのである。今のことろ、多様性を受容して処理する装置は、リベラリズムしかない。しかし、人々が共存できるために、このリベラリズムが多様性をどのように調教するのかはっきりとしいない。また、リベラリズムだけでは、存在論的不安は処理しきれないというのは確かである。その点、宮台氏は気づいており、エリート支配による社会工学の必要性を唱えているのかもしれない。しかし、宮台氏の方法だけが全てではない。
 まずは後期近代社会など本当にあるのかという前提そのものを疑っていきたい。創発論的社会観に基づけば、そのようなマクロな社会の実体はどこにもなく、あるのはその都度創発されるコミュニケーション・システムだけだからである。その都度創発されるコミュニケーション・システムが果たして意味地平として(後期近代社会/前期近代社会)というメタコードを前提としているかどうかは疑わしい。
[PR]
by merca | 2007-04-30 10:47 | 社会分析 | Comments(0)
<< システムと要素 真近代社会 >>