夜回り先生と美輪明宏と宮台真司

  夜回り先生と美輪明宏と宮台真司
 
 希望にしかすぎないが、もしあったら、この三人の鼎談を見たい。おそらくすごいことになる。あったら怖いが、私はこのうえない至福にひたるであろう。なぜなら、この三人で世界の全てを語ることができるからである。思想と霊的直観にたけているものなら、この面白さが手に取るようにわかるであろう。おそらく、この日本で、この面白さがわる人間がいるとしたら、小林よしのりに違いない。 
 
 「幸福論」で宮台は発言していた。夜回り先生のようなタイプは、宮台を嫌うであろと・・・。この意味を解するものは賢者である。

 知、情、意の三徳がこの三者によって体現され、世界精神は、成就するからである。
[PR]
by merca | 2007-05-06 23:49 | 社会分析
<< 夜回り先生が見たもの。 (もの/こと)に準拠したシステ... >>