社会的ドクサ論

 少しネットで検索すると、規範意識・道徳意識によって、いじめ・非行が防止できるという俗説が腐るほど流れている。この仮説は、教育学の世界では、定番となっているようである。これを道徳規範帰属仮説と呼びたい。
 また、同じくポストモダン社会あるいは成熟社会になって、価値観が多様化し、規範意識・道徳意識が希薄化してきたという言説も溢れている。これをポストモダン仮説と呼びたい。
 この二つの仮説が結合し、一つの社会的ドクサをつくる。つまり、「成熟社会=現代社会では、規範意識と道徳意識が衰弱していき、そのためにいじめや非行などの青少年問題が増加しているので、子供たちには教育によって規範意識と道徳意識を植え付ける必要がある。」という言説である。

 以上のような社会的ドクサの解体作業をする必要がある。社会学的に各種統計調査を参照し、道徳規範と問題行動の因果関係、相関関係を暴き、全てを道徳規範に帰着させる思考が非科学的であるという結論を導きたい。そのことで、教育パニックを防止したいと思う。

  読者の皆様へ
 道徳規範と問題行動を扱った調査があれば、そのHPやブログを教えて下さい。よろしく御願いします。
[PR]
by merca | 2007-05-27 11:44 | 社会分析
<< 道徳規範のレベル 道徳意識・規範意識の測定 >>