道徳規範のレベル

 道徳規範には、(我々/我々以外)という志向対象範囲(道徳規範の通用範囲)がある。実は、その範囲は各種社会集団と重なっている。つまり、社会集団の数だけ道徳規範はあることになる。

 そこで、道徳規範を測定する場合、どの社会圏で通用する道徳なのか確定する必要がある。
 まずは、社会圏の種類として、宇宙全体=世界、人類社会、全体社会(国民社会)、組織、家族、仲間集団があげられ、それぞれに特有の道徳規範が存在する。ただし、道徳としての形式的機能は同じである。

 宇宙全体=世界・・・世界宗教
 人類社会・・・人権思想、自由と平等
 全体社会(国民社会)・・・憲法、公衆道徳、国民道徳
 組織・・・社内規則など
 家族・・・家族内役割
 仲間集団・・・状況=ノリ(場の雰囲気)

 それぞれのレベルは対立する場合もあり、どのレベルの道徳規範を測定するのか、そこが問題である。ポストモダン仮説は、どの集団の道徳規範が衰弱しているというのかそれがはっきりとしない。全体社会(国民社会)における公衆道徳に集点を当てている調査が多い。

 ちなみに、道徳と規範の相違は、内面と外面の区別に基づいている。規範は、行動レベルであり、道徳は心のレベルである。従って、規範は外面的制裁を伴い、道徳は内面的制裁を伴う。

 道徳主義者と言ったら右翼や保守のことをイメージする場合が多いが、お分かりのように左翼も道徳主義者である。左翼は、人権思想の道徳主義者である。左翼の仮説においては、人権意識という道徳が内面化すれば、いじめ・非行は防止できると考えられているわけである。右翼が国民道徳を全ての処方箋とするのと同じである。この点、よく混同されている。道徳の内容が異なるだけであり、社会学的には、どちらも十分に道徳主義者なのである。
[PR]
by merca | 2007-05-27 12:18 | 社会分析 | Comments(0)
<< ブログ予告 社会的ドクサ論 >>