社会学者・鈴木謙介

 社会学者・鈴木謙介。
 
 社会学の巨人・宮台の弟子の中で、唯一、時代に対する鋭い嗅覚を受け継いだ社会学者である。まず、風貌の点において、他の弟子を凌駕している。これは大きい。時代の感性を察知する能力は、宮台からこの男に受け継がれた。
 
 「ウェヴ社会の思想」について、私の意見を述べたい。
 私が注目したのは、「事実による連帯」という社会現象である。宮台の成熟社会論は、価値観の多様化・過剰流動性というテーゼを抱え、「まったり革命」を宣揚し、知的な一部の若者の支えとして登場して来た。宮台理論の内容が真理かどうかは別として、若者にとってはマルクス主義に変わる一つの大きな物語として機能していたのは確かだと思われる。「まったり革命」を信じた若者は、宮台に癒された。男子に多いが、宮台理論で救われたプライドの高い地方の若者は多くいる。プチ宮台たちの誕生である。10年前の若者には、宮台思想はフィットしていたが、後期近代仮説である「まったり革命」の挫折以降、若者に対する影響力は減少した。共同体なるものの必要性を論じる構えに変わって来た。転向する前に、柄谷行人と戦って欲しかった。
  
 さて、本題に入るが、物語=大きな社会理論=世界の解釈図式ではなく、小さな事実によって若者たちが連帯しだしたということが気になる。マンガ嫌韓流やゴーマニズム宣言では、若者達に事実を知らしめることで、左翼的言説の虚構性を暴き、自虐史観からの脱却を目指している。そして、若者を惹き付けることに成功している。統計や歴史的資料を見て、本当はそうだったのかとうなづき、積み重ねられた精緻な事実をもとにして連帯するのである。
 このような作法は、リベラルな立場にある人たちにも採用されている。治安悪化神話解体運動、俗流若者論批判、疑似科学批判論を唱える人たちも、その思考の系譜にあたる。宮台氏のロマン主義的な成熟社会論という大きな物語による連帯は、意味を求める若者には自我の支えとなり適合的であったが、事実を絶対化する若者達には通用しない。
 
 しかし、考えてみよう。物語なくしては、未来を語れないことを・・・。単なる事実だけからは何の価値も出てこない。事実を解釈して利用する物語が必要である。科学は事実を追求するが、科学的事実だけでは、生きる意味や価値を見つけだすことはできない。このことは前にも私は論じた。物語とは、価値である。未来を語れない人々は、動物と同じである。
 (事実/物語)は、(認識/価値)の区別に対応している。価値観が多様化したせいか、共有できる物語がなくなり、事実としての情報だけが氾濫している。このままでは、欲望のまま事実としての情報をやり取りするだけの動物になってしまう。情報を消費するアニマルである。認識は事実を生み出し、物語によって事実が解釈されることで価値が生み出される。
 人々が共同で社会をつくっていくという作業には、未来を語ることを可能にする物語が不可欠である。未来を語れない若者は、データ=事実に基づいた宿命をあるがままとして受け入れることになる。未来を変えようとする物語をもって欲しい。物語は成就すると、未来の事実となる。(事実/物語)を弁証法として捉えた時に、動物化を免れる。
 基本的に(事実/事実でない)という科学的事実絶対主義の若者が準拠するコードは、未来に対しては適用外である。なぜなら、過去に対しては(事実/事実でない)は成立するが、未来は今だ起っていないし、目的意思によってつくることができるからである。

 宮台は、成熟社会の物語としての「まったり革命」を提案し挫折したが、ガンダムの逆襲のシャアのごとく、今後、国家的共同体主義者として知的若者を先導していくであろう。その意味で、宮台はシャアである。少なくとも、宮台に共感した若者たちはシャアとしてイメージしたはずだ。
 
   社会学は大きな物語を生産できる唯一の社会科学である。

 
[PR]
by merca | 2007-06-03 18:27 | 社会分析 | Comments(5)
Commented by DT at 2007-06-07 12:00 x
こんにちは。
色々考えてみたのですが「大きな物語」という物を定義するとどのようになるのでしょうか。「大人数の人に共通する(と思われている)大きな因果関係の流れ」という感じになるのでしょうか。
Commented by merca at 2007-06-09 09:55
論宅です。コメントありがとうございます。
 もともと「大きな物語」という表現は、思想家リオタールの「ポストモダンの条件」という書物に出てきます。ポストモダン社会に入ると、大きな物語が終焉すると宣言しています。リオタールがいう大きな物語とは、理性による進歩によって社会がよくなるという近代社会の信仰です。また、大きな物語にはマルクス主義理論のような社会全体を解釈する巨大理論も含まれます。
 全共闘時代は、若者達は社会問題(戦争や貧困や差別など)をマルクス主義という大きな物語で解釈し、社会問題が全て資本主義社会のせいであるとする因果図式を共有していました。社会問題を通して資本主義社会を批判し、きたるべき未来である共産主義社会を語りました。しかし、各種社会問題の根本原因を全て資本主義社会に帰着させる因果図式は、いまやかなり非科学的です。
 DTさんの言う「大人数の人に共通する(と思われている)大きな因果関係の流れ」という定義は、ほぼ言い当てていると思われます。
Commented by merca at 2007-06-09 09:58
宮台理論は、意味から強度、依存型自尊心から自立型自尊心という流れを提示しましたが、それは多くの知的な若者に受容され、社会全体と自己の解釈図式として機能しました。いじめ・不登校・少年の猟奇的犯罪などの各種社会問題は、成熟社会化が原因であるという物語です。この物語を信仰した文部官僚の寺脇健がゆとり教育を実施しましたが、失敗に終わっています。宮台氏のまったり革命の挫折も成熟社会論が物語にすぎなかったことを例証しているかもしれません。 
Commented by DT at 2007-06-13 20:01 x
なるほど、人が自らの不幸を説明する根拠に物語が使われるわけですね。難しい話は全然分かりませんので拙いと思いますが、思う事を書きます。
例に挙がっている小林よしのりは左翼的な物語を破壊した後に別に物語を作ったように見えます。彼の著作を読むと、左翼的な物語によって不幸を代弁されていた被不幸者(変な表現ですが)は、小林の物語では不幸を代弁してもらえません。
物語を破壊する時に、物語によって不幸を代弁されていた人がどうなってしまうのかに興味があります。被不幸者には、本物も居れば、利益を得るための偽者も居るでしょうが、物語の破壊と共に本物の被不幸者の代弁窓口も無くなるとすると悲しい事です。
即ち、[物語+被不幸者]VS[物語破壊者]という図式になるのは避けなければいけないのではないでしょうか。
Commented by 論宅 at 2007-06-23 06:24 x
DTさん お返事遅れましてすみません。
 どんな社会であっても、人間の不幸として、生老病死の四苦は存在します。これらを説明する物語は、宗教です。だから宗教はなくなりません。左翼が提供する戦後民主主義や小林よしのりの国家主義という社会的物語では、生老病死という実存にまつわる苦は説明できません。社会的物語が説明できるのは、差別・いじめ・貧困・格差・犯罪・戦争などの社会病理現象だけです。DTさんの言う被不幸者は、社会病理現象の被害者ということになります。知識人から与えられた物語ではなく、社会病理現象の当事者たる被不幸者たちによる観察によって自ら物語=社会理論を再構築・創発していく共同作業が必要です。
<< 単位制高校の社会的機能 ブログ予告 >>