カノンコードの思想

 パッヘルベルのカノンは有名である。
 この曲は、多くの人々の癒しを与えている。ネットで検索するとわかるがカノンコードというコード進行があり、ヒット曲の多くがこのコードによって出来ているらしい。確かに、カノンコード認定曲は、どれをとっても素晴らしく聞こえる。少しいい曲だと思えば、カノンコードなのである。思想系の若者にもカノン好きが多い。
 町中を歩き、ふと流れて来たカノンやカノンコードの曲によって、癒され、励まされ、自殺を免れた人も多いと思う。癒しと励ましを同時にもたらすことのできる曲なのである。どうやら、パッヘルベルは、宇宙の法則や生命のコードを音楽で写しとったようである。
 また、私が驚いたのは、カノンは、色々なバージョンにアレンジできるし、そのコードを使用すれば、どんなジャンルの曲もよく聞こえるということである。私自身、色々なカノンコードの曲を集めている。ベートーベンの第9の4楽章で気に入った部分があるが、その部分はカノンコードが使用されているように思える。カノンはジャンルを越えるのである。
 自分が気に入った思想にも、カノンコードのような共通のメタコードがあるのか確かめたい。
 ちなみに、手塚治虫の宇宙生命思想(火の鳥)とカノンコードは、同じであると素朴に直感した。
[PR]
by merca | 2007-06-10 18:42 | 理論 | Comments(0)
<< 統計調査信仰の脱構築 道徳(区別と物語の結合体) >>