いじめ加害者は集団

 「いじめの構造」を読んだ。いじめの原因と責任は、区別されるべきだと主張されている。そのとおりだと思う。原因論は事実=認識に準拠し、責任論は価値(善悪)判断に準拠している。いじめられる側の存在もいじめの要因(必要条件)の一つであるが、善悪で判断すると、いじめた側が悪となる。いじめの原因と責任は区別され、処理される。

 ただし、原因論として、いじめの主体は集団であるという観察も追求すればと思った。社会病理現象に対して、法学的立場からは方法論的個人主義をとり、まずは個々人どうしの関係として原因を記述するが、社会学では方法論的全体主義を取るので、集団という根本原因からはじめて個々人の集団役割として現象を記述することになる。

 そこで、いじめの主体は誰かという問題を考えてみたい。これを確定するのは、いじめられている被害者=当事者から聞くのが早い。「Aたち、あいつら、クラスのみんな」と答える子も多いと思う。つまり、当事者は、いじめの主体を集団として観察しているのである。1人ではなく、集団という表象があるからいじめを怖く感じるのである。たとえ実際にいじめてきたのが1人であっても、その1人がクラスという集団を代表しているといじめられっ子にはうつるのである。また、傍観者=中立者は、多くの場合、被害者=当事者からはいじめ加担者としてうつるのである。また、いじめっ子自身がいじめ集団の物差で自己を位置付け自分いじめをして追い込んでいる場合がある。自分はいじめられて当然であり、価値のない人間だと思い込んでいる時がある。「自分を責めないで・・・」と相談カウンセラーが言う理由はここにある。いずれにしても、集団表象なのである。
 
 被害者=当事者の集団表象をまつまでもなく、いじめは集団現象であるが、いじめの責任主体として集団(相互作用システム)そのものが断罪されることはない。システム論社会学の見地からは、いじめの主体は集団であり、個々のいじめっ子=意識システムではない。この視点は、被害者=当事者の観察点と限り無く近い。
 しかし、法律(法システム)は集団そのものを責任主体と認めず、個々のいじめっ子を責任主体と考える。

 社会科学的にいじめを観察すると、いじめの原因論は、加害者と被害者の二者関係だけでなく、集団という第三の要素を必要とする。システム論的には、いじめの原因はいじめ集団(いじめシステム)そのものである。いじめ集団というシステムがいじめコミュニケーションを自己生産するのである。
 いじめシステムが準拠する二元コードを見抜き、いじめシステムを骨抜きにする方法を考えたい。今のところ、いじめシステムの二元コードは、スクールカーストの二元コードに価値コードが結合したものと考えているところである。
[PR]
by merca | 2007-06-24 09:27 | 社会分析
<< 一個体の原理 逆襲のシャア >>