科学者の科学観批判

 科学は反証可能で価値中立的な知識であり、イデオロギーではないと考える自然科学者たちがいるが、そういう人たちはイデオロギー論の本質を何ら理解していない。というよりか、社会科学の素養がない人たちである。
 
 近代社会という意味地平における(科学者/非科学者)という区別に基づき、科学は反証可能で価値中立的な知識でありイデオロギーではないという思想に対して、システム論的脱構築をしたい。
 
 真理であれ、真理でなかれ、絶対的であれ、相対的であれ、その知識体系が一つの社会で重要視され、その社会に属する多くの人々が思考を媒介とせず、その知識を信じている場合、それをイデオロギーという。近代社会で科学というだけで人々がそれを信じたら、それはイデオロギーとして機能しているのである。科学的知識は、科学者にとっては、検証対象であり、イデオロギーではなくても、検証手段をもたない多くの非科学者たる一般人にとっては信仰の対象であり、イデオロギーなのである。
 科学的知識は、科学者という観察者と、非科学者たる一般人という観察者とでは、意味=機能は異なり、その利用方法も異なるのである。科学が科学者にとってイデオロギーでなくても、非科学者たる一般人にとっては信仰として機能し、生活世界にかかるリアリティの最終的拠り所となり、社会の混乱を防ぐことができるのである。

 科学は反証可能で価値中立的な知識でありイデオロギーではない、という思想は、それ自体科学者という観察点から観察した科学的知識に対する価値解釈、つまりイデオロギーなのである。また、科学的知識は絶対的であるという思想は、近代社会に属する非科学者たる一般人という観察点から観察した価値解釈、つまりイデオロギーである。

 自らがイデオロギーであると認識できた知識や理論のみが、イデオロギー論を相対化できるのである。システム論的にいうと、観察対象の中に自らも含むことができる理論知、つまり自己言及的理論のみが絶対的かつ普遍的真理となる資格があるのである。当ブログの「社会学を社会学する」というスローガンはその意味である。

 これからも、システム論における区別に基づく観察によって、近代社会に徘徊する知識の化物たちを退治していきたい。

 
 
[PR]
by merca | 2007-07-29 09:09 | 理論 | Comments(2)
Commented by るでひ at 2007-08-10 18:31 x
反証可能性のポパーに関しては、そのマルクス主義批判のため度々俗流に誤用され、あるいはアドルノ・ハーバーマスからの批判のため一部の社会学の人に悪者のように扱われる傾向があるかと思うのです。実際のポパーは「科学万能主義人間」のような人物ではなく論理実証主義に対する批判者であり、著作を読んでみると先入観とは違うものを思われるのではないかと。
Commented by 論宅 at 2007-08-11 10:29 x
るでひさん コメントありがとうございます。るでひさんのブログも読みたいです。社会学者が自然科学者にアレルギーを起す理由は、社会学者が社会や文化を越えて通用する普遍的な真理は存在しないと考えているからです。しかし、実際には自然科学の真理は社会を越えて通用します。実は、社会を越えて通用する真理はないとする社会学は古典的な社会学(マルクス主義も含めて)です。社会システム論等の新しい社会学では、社会によって、科学的真理は機能的に利用されるという立場をとります。要するに、科学は真理ではなく、手段として利用されるというだけです。ポパーの科学論とて同様であり、科学者共同体に利用されています。システム論的には、反証可能性ではなく、利用可能性こそが科学の真なる価値です。利用可能性が高い科学的知識ほど真理だというレッテルが社会的に貼られます。
<< システム論批判の系譜 脱社会的存在の自己矛盾 >>