菊池先生と天羽さんへ


 あまりにもコメントが多くあるので、こちらの方で論じたいと思います。
 
 菊池さんが推薦してくれた「疑似科学と科学の哲学」は、以前、一度読んだのですが、再度、精読中です。
 同書からは、科学の線引き問題において、ポパーを不十分としながらも、ホパーは避けて通れない印象を非常に受けます。個人的な意見ですが、統計的検定など、社会調査法でも使用する基準がでてきますが、ポパーの反証可能性ほど明確な線引き基準はないのではと思います。
 いずれにしろ、科学の同一性をその方法や手続きに求めようとする傾向が認められます。確かに科学的知識そのものは真理ではないという謙虚さは認められ、自らを相対化していますが、科学という手続きそれ自体は、絶対化されています。

 カール・ポパーについて
 (内容/形式=方法)という観点から観察すると、内容的には科学的知識は反証可能であり間違う可能性があり、科学的知識は常に更新されていく相対的な知識であると主張しているように見えますが、実のところ科学という手続きそれ自体を絶対化しています。反証可能な命題しか科学として認めないという方法論的絶対主義です。本当に科学を絶対視しないというのなら、方法や手続きにおいても、相対化してもらいたいものです。このような脈絡からカール・ポパー以外の科学哲学に基づく疑似科学批判があればと考えたわけです。手続きに科学である根拠を置く科学観は全て相対主義を隠れ蓑にした絶対主義だと思います。

  菊池さんを始めとするラディカルな疑似科学批判者は、自らは正しい科学観に基づいているという絶対的自信があり、自らの科学観を疑うことなく、他の学説を批判しているように思えます。すくなとも私にはそのように観察されます。確かに科学が万能でないと思っておられると思いますが、残念ながら、菊池さんのブログで自身の科学観に疑問を投げかけている記述を見つけることはできませんでした。色々な疑似科学批判者のブログを検索して調べてみましたが、自らの科学観を省みることなく、他の学説に疑似科学のレッテルを貼っています。このような現状に、私は嫌悪感を抱きます。自己だけを例外として、他者言及しているわけです。疑似科学批判を自己適用してみてはと思います。

 一方、天羽さんは、人々に被害を与える個々の学説を疑似科学だと批判してきた実践的体験に基づいており、その科学観も精度の問題であると謙虚な姿勢で相対化されておられるように見えます。批判の目的も、批判のための批判や知的満足ではなく、被害防止という目的であり、それには私も共感できます。臨床的な知識に基づいた実践的な疑似科学批判であると言えます。疑似科学批判それ自体が目的ではなく、手段であるという印象を受けました。自己の科学観の絶対化のそしりは受けないと思います。
[PR]
by merca | 2007-08-21 20:35 | 理論
<< 自説撤回 疑似科学批判論者のコード >>