疑似科学批判の基準

 コメントが増えてきて一つのエントリーではおさまり切れず、ブログが重くなって来ましたので、新たなエントリーを加えていくたかちをとります。

 菊池先生 コメントありがとうございます。
 私としてはやはり線引き問題に関心が在ります。
 
 線引きの基準として、反証主義だげなく、ベイズ主義など複数の理論があることはわかりました。さらに対象によって、違う基準で対応して疑似科学として批判するというのも確かに実践的ではありますね。そこで、疑似科学批判にも慎重派とそうでない区別はあるのでしょうか?

 天羽さんは疑似科学と呼ばれるものは、全ての基準からしてやはり疑似科学である場合が多いとしています。ある意味、一つの基準だけからは判断できないという慎重派であると思います。一つの基準を絶対化しない意味とも受け止められ、科学観の絶対化は免れています。菊池先生も基本的には、基準の複数性を認めていると思いますが、ある基準からは疑似科学であるが、別の基準からしたら疑似科学でない場合、どのように判断するのか知りたいです。
 例えば、反証可能な命題から構成されているが、ガードナーの奇妙な論理からすると、疑似科学であるとかです。
 複数の基準に優劣関係があり、例えばべイズ主義が一番であり、奇妙な論理は一番下であるとか・・・。
 おそらく、個々の疑似科学批判論者にとって、その優劣関係は異なると思いますが、全ての基準があてはまるような学説は疑似科学として認定されても仕方ないと確かに思います。しかし、一つしかあてはまらない学説に対しては慎重に取り扱って欲しいです。
 ちなみに、社会科学(特に社会調査法)の場合、妥当性と信頼性という二つの基準が尊重されます。自然科学の基準からしたら、かなり曖昧でゆるいものとしてうけとめられるかもしれません。
 個人的意見ですが、「社会学者マートンの科学の四つの規範」は、権威的な科学者集団のイデオロギーとして解釈されてしまう可能性が高く、やはりゆるいと思います。私は社会学を専攻するものですが、マートンよりも、内容的に定義した他の基準のほうが説得力があるように思えます。
[PR]
by merca | 2007-08-22 22:37 | 理論
<< 少し重要なポイント 自説撤回 >>