少し重要なポイント

 過去に私の書いたエントリーです。
 http://mercamun.exblog.jp/6629358/

 科学は手続きや方法にそのアイデンティティがあるという考えもある一方で、原初的には人々の主観や意識を越えた自然という動かざる存在に対するリアリティに基づいているとも言えるかもしれない。以下の天羽さんのコメントは、そのことを表現していると思われる。
「仮に「今の科学を絶対視」している人がいて、それをやめることにしたとしても、酸素と水素を混ぜて火を付けりゃ爆発するという自然現象には何の変化も無いでしょうね。」「思い通りにならない自然の、都合の悪い真実と向き合う心の準備が出来た人にしか、科学は受け入れられないんですよ。」
 
 私は、このような真理観を物理的リアリティと表現した。自然科学の起源である物理的リアリティは社会や文化を越え、イデオロギー論には還元されない。物理的リアリティは、(意識/存在)というコードに基づいている。ちなみに、社会を物理的リアリティで捉えればマルクス主義のような社会観になる。

 そういう意味からすると、(自然)科学のアイデンティティを手続きや方法だけで定義してしまうと、社会科学(社会学等)が準拠する社会的リアリティに足をすくわれる危険性がある。科学というものが人々の合意に還元されてしまうおそれである。疑似科学であるかどうかは、我々人間が決めることではなく、最終的には自然という動かざる存在が決めることかもしれない。
 科学と疑似科学のグレーゾーンがあるというのは、自然の複雑性のためかもしれない。まだ、この点はよくわからない。
 (議論がメタかもしれませんが、菊池先生のコメントからもヒントを得ました。)
[PR]
by merca | 2007-08-23 22:05 | 理論 | Comments(7)
Commented by Baru at 2007-08-24 12:30 x
初めまして
いろいろな面で理解できないエントリでした。
例えば、物理的リアリティは少なくとも自然科学的リアリティであるべきだろうし、物理的リアリティは少し説明があるし言いたいこともわからないでもないが、社会的リアリティというのは一体なんでしょうか?

社会的リアリティ自体は置いておいて、「社会的リアリティに足をすくわれる」というのを、ニセ科学批判者が社会的な悪影響を受けるという意味だと解釈すると、批判者も非批判者も社会的リアリティに足を掬われた魔女狩りなんかは、このエントリに示されたメタ議論ではどのように解釈されるのでしょうか?
Commented by Baru at 2007-08-24 12:50 x
たびたびすみません。
最初のコメントの「魔女狩りなんかは、このエントリに示されたメタ議論ではどのように解釈されるのでしょうか?」は、私がお伺いしたいことを端的に表していないので、補足します。

えーっと、「菊池氏やapj氏等が行われているような、どの定義から言ってもニセ科学で、しかも社会的な悪影響を及ぼしているようなニセ科学を批判することに対して、このエントリの議論はどう関連しているのでしょうか?」と言い換えます。もっと言えば、「メタな議論で終わらず、具体的な事例を用いて説明してくださるようお願いします。」ということです。
Commented by あと at 2007-08-24 13:49 x
>どの定義から言ってもニセ科学で、しかも社会的な悪影響を及ぼしているようなニセ科学を批判する

それは「特定のニセ科学」、例えば「水伝」をニセ科学だと批判する行いですよね。それは、彼らの活動の本意なんでしょうか?
Commented by Baru at 2007-08-24 14:57 x
「うーん」「あと」のどっちをハンドルとして扱えばよいでしょう?

>具体的な事例を挙げて説明しろ、ってことは、特定のものを良いとか悪いとか批判しろ、ってことの言い換えですよね。

違います。「説明しろ」がなぜ「批判しろ」になるんでしょう?

私が言いたいのは、第一に「物理的」「社会的」リアリティという言葉が分からないので、エントリ全体も分からない、だから、このエントリで言いたいことを具体的事例でわかりやすく説明して欲しいと言うことです。
第2に、そのときに用語の定義問題が起こるとやっかいなので、科学とニセ科学のグレーゾーンにはないような事例を選んで欲しいと言うことです。その意味では水伝を事例としても構いません。
第3に、社会的リアリティの用語についても、定義問題を避けるために「社会的リアリティに足をすくわれた」事例を用いて欲しいと言うことです。
2と3の条件を満たすものとして魔女狩りを上げたのですが、これが、「社会的リアリティに足をすくわれた」事例として適切かどうかは、私には分かりません。なにしろ、エントリの内容がよく分かっていませんから。
Commented by きくち at 2007-08-24 20:06 x
きくち@阪大です。
すみません。議論の中身ではなく、注意事項。
 
本来名前やハンドルネームを書くべきところに違うことを書いている人がいますね。これはニセ科学の議論をかき回すためだけに出てくることで知られる人と思われます。まあ、一種のネットストーカーですかね。TAKESANによくにた"TAKESANへ"なんて名前で書き込んでるのもそうですね。こんな名前は礼儀としてまずいに決まってるんですが。
あたかも議論に参加しているように見えますが、実はそうではないので、スルーされることをお薦めしておきます。
 
事情をご存じないかたがたがよく振り回されるので、いちおう注意しておきます。
Commented by Baru at 2007-08-26 17:01 x
きくちさん

アドバイスありがとうございます。
Commented by ニセ科学か、非科学か at 2007-08-28 02:41 x
>実体があやふやなものに対し「これは科学である」というレッテルが先に貼られているという現実があるんですね。それを批判するということは、「科学である」レッテルの上に「ニセ科学である」を貼り付けるか、もしくは既に貼ってある「科学である」レッテルを間違いを理由に剥がす行為であるかのどちらかです。

いや、それだけなら【ニセ科学】というレッテルは過剰でしょう。【非科学】というレッテルで、十分。プラス「社会悪」にもなっているということがないのに【ニセ科学】というレッテルを貼るのは不公正ですね。

http://ytsumura.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_05f4.html#comment-15176263
<< 社会的リアリティ 疑似科学批判の基準 >>