ニセ科学流行は社会病理現象か?

少し違う切り口を提起してみたいと思います。

 ニセ科学流行は社会病理現象か?
 もちろん、ニセ科学が流行っているという前提で話を進めます。社会病理学の対象になるかどうかということですが、社会病理学の対象として扱うためには、それを社会病理かどうか判定する基準が必要になります。法律学的には、ニセ科学は犯罪化できるのかという問題とも絡んできます。
 一般に、社会病理現象とは、差別問題、ジェンダー問題、虐待問題、犯罪、非行、不登校、ホームレス問題、DV問題、いじめ問題、モラルパニック等があげられ、その対象となっています。あの有名な内藤氏や本田女史も社会病理学会にいるようです。個人的には、生粋の社会構築主義者の中河氏が好きです。

 社会病理とそうでない区別は、これまた疑似科学とそうでない科学を分別するよりももっと曖昧で、グレーゾーンどころではないです。(笑)

 個人的には、一応、人間が生きていく上で生活障害をもたらす社会現象を社会病理であると考えています。それが社会の制度、社会意識、伝統、知識体系の在り方、共有する価値規範等、何にあるかは多様ですので、原因を一義的に定義するのは困難だと思います。

 社会病理の基準そのものが特定の社会によって作られたものであるという自己言及的構造をもってます。従って、社会学は自己言及理論になる他ないわけです。社会学を社会学するという私のブログの趣旨はここにあります。一つの学問が自己を対象できるかどうかは大きな問題です。この問題に一番敏感な学者をあげるとしたら、ルーマン研究家の社会学者・三谷氏です。自然科学は、人倫社会を離れた自然という不動の存在にその脱出回路があるから、自己言及的構造をもたなくて済みます。ただし、疑似科学批判は、実践論としてではなく、科学哲学論としては、科学自身の自己認識(自己言及)という側面はあると思います。

 ニセ科学が被害というかたちで現実に人々に生活障害をもたらしているのなら、社会病理として観察できるとは思います。 
[PR]
by merca | 2007-08-26 11:36 | 社会分析
<< 自然科学の前提 血液型性格判断 >>