ニセ科学問題の社会的構成


 ある一つの理論や商品がニセ科学であると摘発されることで、ニセ科学(問題)は社会的に構成される。それまではニセ科学(問題)という実体はどこにも存在しない。摘発者は、ニセ科学批判者と呼ばれる科学者たちである。社会問題の社会学では、摘発のことをクレーム申立という。
  この場合、科学者という専門的権威からのクレーム申立によるレッテル付与である。レイベリング論の観点からすると、他者にレッテルを張ることは、同時に自己にレッテルを張ることを伴う。ニセ科学批判者がある理論や商品にニセ科学のレッテルを貼ることは同時に、自らは真性科学であるという自己レッテル化を伴う。つまり、ニセ科学批判者は自己レイベリングすることで権威という社会的利得を得ている。科学と称する理論や商品に対して科学のレッテルを剥がすと言ったところで、言葉のあやにしかすぎず、レッテル剥奪は同時に真性科学であるという自己レイベリング=自己絶対化・中心化を伴うことになる。(自己言及的構造)
 当事者の意思や目的がどうであれ、二者間の相互作用として相対化して観察すると、上記のように記述される。
 
 あと、一つの現象を社会問題化するということは、問題化の観点が必要となる。つまり、なぜ問題化するかである。どのような関心に相関して問題化しているかである。道徳的関心から問題化されているのであろうか?あるいは、科学の権威を冒涜するものとして問題化されているのであろうか?公共の利益のためであろうか?
  関心を共有していない相手には、問題だと認識されず、上記のような単なるレッテル付与行為としてしか観察されない。事実を知れば、同一の関心に導かれるという安易な前提には根拠はない。事実をどう認識するかは、関心に相関的である。空腹な者にはパンは価値があるが、満腹の者にはパンは価値がない。ちなみに、関心を強要することは、価値観の押し付けである。事実が価値観をつくるのではなく、価値観が事実を選択的に構成するのである。

 参考 http://d.hatena.ne.jp/arakik10/20070906/p1
 
[PR]
by merca | 2007-09-08 19:43 | 社会分析
<< 主観/客観、交換可能性/交換不可能性 思想の四類型 >>