理系の弱点

  かなり冷静な視点でニセ科学批判問題を論じているブログを発見した。菊地さんや天羽さんもコメントを寄せている。

 katsuya_440さんのブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/katsuya_440/51960784.html#52008223

http://blogs.yahoo.co.jp/katsuya_440/51855055.html

 上記ブログを読んでいると、理系の弱味や引け目があるのではないかと思った。

 オウム事件のことである。理系の方がオウムに入信し、科学を殺人のために悪用し、事件を起こしていたのはよく知られることろである。この事件によって、宗教やスピリチュアルに対する免疫が理系の方は弱いのではないかという印象を世間に与えた。科学を信奉する者がなぜオカルトのために科学を利用するのか? 
 これは理系の者にとって大きな傷を残したと言えるのではないかと思ってしまった。菊地さんや天羽さんが一部のニセ科学の根底にオウム的なものを感じているというコメントも見受けられた。これは私とって、大きな発見であった。

 小林よしのりは、オウムに走る若者を懐疑精神を喪失した「純粋まっすぐ君」と揶揄したが、理系には研究室にこもるそのようなタイプの人が多いのだろうか?ちなみに、文系、特に社会学では徹底的に相対主義的思考を身に付けさせられる。従って、絶対的に正しいと言っている宗教(科学も含む)に簡単に騙されない。宗教社会学なども学ぶことになる。宗教も正しさの観点でなく、社会的な機能から分析対象となる。

 少し気にかかったことであるが、理系の方が、道徳の問題としてニセ科学を論じる際に、他者危害法則が無条件に善であるとか、被害者がいたら無条件に悪であるとか、世間の常識的な善悪の基準に立脚して論じすぎてないかと思う次第である。普遍的な善悪の基準が最初から人々に前提・共有されており、それを疑わず信じているような気がする。

 文系の相対主義的思考からすると、善悪の基準そのものが社会や人によって相対的で多様であるから、善悪でニセ科学を論じると、価値観の対立になってしまうと考えてしまうのである。「人に被害を与えてはいけない」という世間に概ね流布している通俗道徳を疑わないという点においても、やはり道徳に対して理系は免疫能力が弱いと思ってしまう。

 理系学生の科学を疑わない態度が、自己の内面化している道徳的価値観を疑わない心理をつくり、一度、一つの道徳観や精神的価値を身に付けると、科学を信奉するように、絶対化してしまう傾向にあると考えられる。懐疑精神や相対主義的思考を欠く科学信奉に認められる絶対主義がオウム現象を生み出した一要因とも言える。

 ちなみに、理系が科学の絶対化を疑わない理由は、科学が実験によって真理内容は固定化されておらず、常に変化更新されていくという相対主義的側面を隠れ蓑にしているからである。(同一構造は民主主義にも認められる)
 科学者は、「科学的方法・手続きによって実証された知識」=科学的知識はさしあたり正しいという相対的な知識であると主張する。しかし、「科学的知識」は更新されていくが、実際には一方で「科学的方法・手続」は絶対化されていく傾向にある。科学は自己の知識を相対的であると主張すればするほど、方法論において絶対化されてしまうとう自己矛盾を抱えている。

 ニセ科学を疑う前に、科学を疑うことも必要である。そういう意味において、科学を疑うとともに基礎付ける科学哲学の役割は大きい。

  理系諸君へ
 科学を自己が絶対化しているかどうかは次の方法でわかる。科学を否定したり相対化したりする言説を聞くと、むかつきや怒りの感情が沸けば絶対化している。つまり、自己概念を支える思想として自我に科学を取り込んでいるのである。科学を否定されたり相対化されたりすると、自己も否定されたと感じるわけである。(社会心理学的知見)
 
 
[PR]
by merca | 2007-09-16 10:02 | 社会分析
<< 「社会学入門一歩前」書評 ニセ科学議論のメタ整理 >>