方針

 
 同ブログでは、なるべく個人批判・人格批判は避けています。従って、批判は全て一般化してます。菊池さんや天羽さんから、ポパーのみでニセ科学を批判しているサイトの例示を要求された際にも、躊躇したのは、そのためです。一般化がメタ議論につながって来ますが、あえてそうしています。

 なお、個人や個人サイトを取り上げる際は、どらちかというと、肯定的に捉えている場合です。科学者の田崎さんや松井さんは、肯定的に取り上げています。

 個人批判・人格批判は、善悪という道徳的価値からなされます。しかし、絶対化された道徳規範を認めない社会学の立場から道徳批判は控えています。絶対的に正しい道徳を示せと言われても、示せませんので、そのようにしています。同様にして、絶対的に正しい真理を示せと言われてもできませんので、科学を絶対化しません。

 構造構成主義と同様に、相対主義・関係主義を方法論的前提として、理論を構築しています。
[PR]
by merca | 2007-09-22 10:18 | 理論 | Comments(0)
<< (共有/共演) 社会宿命論からの解脱 >>