素朴なモダニストたち

 西洋社会の近代化がなぜ全世界に広まったのか? 大きなテーマである。
本来、社会学は近代化をテーマとした学問である。そこが、文化人類学とは異なる。
近代社会で自明とされているものの発生根拠を問う学問である。従って、近代的なるものを疑い、相対化して分析することになる。

 近代で自明とされているもの。つまり、近代化の特徴として、次のものがある。
 法律の分野・・・人権思想
 政治の分野・・・民主主義
 経済の分野・・・資本主義
 学問の分野・・・科学主義
 教育の分野・・・学校主義
 生活のスタイルの分野・・・個人主義
  
 これら近代的なのものを社会学は分析する。それが社会学の本道であり、歴史であった。さらに、近代的なものに同一の構造を見い出し、相対化しようとしたのが、ポストモダン思想家たちだった。近代を絶対視しない点において、社会学とポストモダン思想は親和性があった。
 近代社会の知識の分野で、幅を効かせているのが科学である。科学技術によって産業革命が起こったのも周知の事実である。科学無しに近代を語ることはできない。
 ニセ科学批判をする人たちは、素朴なモダニストという印象を受ける。科学と民主主義を素朴に自明視している。「今のところ科学だけが信用することのできる知識である。今のところ民主主義だげが有効な統治手段である。」という言説は、絶対化を避けているようであるが、全く逆である。この思考パターンこそが近代の罠なのである。多くの社会学者やポストモダン思想家は、それらの発言を聞くと、単純に近代社会に踊らされているなと思うであろう。後藤氏も近代の知である統計主義的な科学主義に準拠しているかぎり、近代を出ることはできないのであり、宮台社会学の真髄も理解できないのである。 
[PR]
by merca | 2008-01-26 09:40 | 理論
<< 三つの秩序 宮台氏を弁護 >>