鬱病の苦悩

 鬱病で悩む人は多い。特に、鬱で悩む若者達は、鬱系やクスリ系やメンヘル系と呼ばれたりする。鬱は時代の病でもある。
 さて、鬱になると、自己否定的になり、自己の存在価値を問だし、人生の意味や生きる意味について悩みだす人が多い。つまり、何のために生きているのか哲学的・実存的に問い出す傾向にある。鬱になると、これまでの人生を振返り、実存的問いを考え出すのはなぜだろうか? そもそも、生きる意味に解答を見い出すことで、鬱は治るのか? 生きる意味を支える物語で、鬱は治るのか?そんな疑問が湧いてくる。
 
 鬱で苦悩している人は、気分障害であり、その感情に苦しめられている。例えば、鬱の人から「私は死にたい。もう私が生きている値打は無い。生きる意味がわからない」と言われたら、二通りの対応が考えられる。その言葉の意味通り、生きる意味について人生相談にのる。もう一つは、お医者さんに薬をもらいなさいという。前者が物語論的治療であり、後者が科学的治療である。科学的治療について言うと、脳内の物理的現象から気分障害が生起しているわけであり、投薬が気分障害を緩和させるという物質的な必然の因果律が、本人の内面的な精神世界の意味秩序と関係なく、独立に存在するのである。なお、カウンセリングや認知行動療法は、基本的には人生相談と同じ次元であり、鬱病患者の意味世界や認知構造にはたらきかけ、気分障害を緩和しようとする。
 鬱病の人の精神的苦悩は、科学で治癒するのか、物語で治癒するのか、どちらであろうか? 科学は本人の外部にある因果律であるが、物語は本人の内部にある意味世界である。そもそも鬱病の人たちは、生きる意味が喪失してストレスがたまって鬱になったと思っているのか、脳内現象として鬱になったから生きる意味を喪失したと考えているのか、微妙なところである。

    参考
 ターミナルケアの分野で、医師の日野先生が代表で日本スピリチュアルケア学会なるものが出来たらしい。意味世界あるいは精神世界を操作できる達人たち=宗教家の力が、医学という科学にも必要とされつつある。
 意味世界は科学物理システムには還元されないことを見抜いたシステム論者・ルーマンは、正しく卓見である。意味世界の現象である社会・意識は、意味システムと呼ばれる。意味システムは、物質世界から閉じられている。この閉鎖性が科学と宗教の区別を境界づける根拠である。

 

  人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。

人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-03-09 09:44 | 理論
<< 「信じぬ者は救われる」書評1 価値次元相対主義の宣揚 >>