信仰と信頼の区別

 信仰と信頼の区別は、(目的/手段)という区別から観察すると、わかりやすい。
 
 信仰とは、それが自身の自我観念=アイデンティティと結合しており、信仰対象が否定されたら、自身の自我も否定されたと感じる。思想や道徳観念もこれに近い。

 信頼とは、その対象に手段として依存しているにしかすぎず、それが否定されても、自身の自我にダメージはない。

  十分に機能分化した後期近代社会では、社会システムは、信仰によって作動しているではなく、信頼によって作動しているのである。

  科学信仰と科学信頼を区別する必要がある。科学信仰は絶対主義となり、科学信頼は相対主義となる。私は、科学信仰は批判するが、科学を手段と見なす科学信頼は批判しない。立場を誤解されているかもしれない。

  人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。


人気blogランキングへ

[PR]
by merca | 2008-03-15 19:01 | 理論 | Comments(5)
Commented by 論宅さんと比較対照。 at 2008-03-24 01:13 x
「ニセSF」は良くて、「ニセ科学」は悪いという論理が良く分からないのですが。
ま、それも個人の価値観なのでしょうけれど…

「ニセ科学の悪用」は問題であるということは、もちろん、私も認めるところです。

Posted by: 室井健亮 | March 24, 2008 at 12:33 AM

すみません、追加です。きくちさんのご意見に、私は全く同感でして

「「これは科学ではない」は主張者への嘲笑になる」というのもまたかなり妙な意見で、
本来なら個々の「科学観」をたたかわせるべきところを個人の「道徳」の問題に貶めた
ものに見えます

ということです。悪用について非難するのは当然ですが、単に「ニセ科学」というのは
「科学観の相違」でありませんか?

Posted by: 室井健亮 | March 24, 2008 at 12:40 AM

http://senahideaki.cocolog-nifty.com/book/2008/03/post_68fe.html
Commented by 菊池誠先生の圧勝です at 2008-03-31 13:24 x
zusammenさんは計算だけして、文脈を捨てておられます。
投稿 きくち | 2008.03.30 17:50

無益な文脈については捨ててしまう、のがいいと思うけど。
というか、そんなものを何でわざわざ拾おう、とするのか。
そんなリテラシーに一体、何の意味があるのか。
http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2008/03/post_500a.html#comment-7798446


744 :ご冗談でしょう?名無しさん:2008/03/31(月) 13:21:54 ID:GGso8FFI
津田も、謝らせちゃえばいいんだよ
Commented by ギャラリーです。 at 2008-04-01 17:26 x
分かり切ったネタ(水伝、血液型診断とか)にまじ突っ込み入れるのが
ニセ科学批判なんですわ。

http://s01.megalodon.jp/2008-0401-1720-55/gallerytondemo.blog.shinobi.jp/Entry/69
Commented by きくち族、現る! at 2008-04-10 01:01 x
投稿 きくち | 2008年4月 8日 (火) 23:23
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_f5ad.html
http://www.feecle.jp/blog/?b=amateur-scientist
Commented by 比ヤング at 2008-04-12 21:26 x
菊池誠先生が何のネタだか良く分かんない妙な買いかぶりを…
てか、こんなんで詳しいことになる訳?そりゃ、ニセ科学にも騙されますわな

きくち April 12, 2008 @20:08:06
>AGLA氏は物理に詳しいし、少なくとも物理科学については僕よりよくわかっていそうなのですが、残念ながらマルチハンドルだしコメントの手口がふま君と同じなので、このブログでは議論の相手にできません。
http://s04.megalodon.jp/2008-0412-2059-01/www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1207487014
<< ネット魔女狩り現象の解決 近代人の習慣的信頼 >>