ネット魔女狩り現象の解決

 西條氏の構造構成主義から観察すると、ニセ科学批判者とニセ科学批判批判者との対立は、一種の信念対立に還元されると考えられる。
 ニセ科学批判者とその周辺者たちが、ニセ科学批判問題にまつわるエントリーにピラニアのごとく食い付き、延々とコメントが続き、種々の他ブログが炎上している。さらに、必ずふま氏が現れ、情報を拡散する。このような構図は何度も繰返されている。これはもう一つのネット社会病理現象である。
 ニセ科学批判批判をして炎上したブロガーたちの思うところには共通性がある。ニセ科学批判者が、自身の科学観(物差し)を絶対化し、魔女狩りをしているという印象を受けるわけである。私のみならず、多くのブロガーたちがそう思っているようである。ネット空間社会で起きている「ネット魔女狩り現象」について社会病理現象として分析することは興味深い。
 西條氏がニセ科学問題に参戦したかどうかは知らないが、この信念対立を解消することができるのは、構造構成主義のみである。両者の信念対立は、(事実/物語)、(絶対主義/相対主義)、(客観主義/主観主義)という二項対立に還元される場合が多い。
 科学と宗教を共に相対化できる哲学的理論をもつ構造構成主義者たちに、ニセ科学批判論争の結論を委ねたい。システム論者であるこの私は、構造構成主義者の若手論客の参戦を期待しているのである。

  人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。


人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-04-13 23:23 | 理論 | Comments(7)
Commented by 山形浩生の日記! at 2008-04-14 17:59 x
いやね、きっと勉強してる(つもり)なんだと思うけど、実際大変な努力をしてるんだと思うけど、多分その勉強の仕方が間違ってるの。
他分野の専門家の話を聞いても、その結論のなかで自分にとって勉強になると思える(つまりは都合のよい、認知的不協和の少ない)部分だけをつまみ食いするだけなの。だからいくら勉強しても深まらないの。自分が変わらないの。
http://megalodon.jp/?url=http://d.hatena.ne.jp/yukihonda/20060821%23p3&date=20060828013634

リフレ云々の話なんて、不況で仕事にあぶれた非モテな奴らや先行きにぼんやりと不安を感じている人たちが承認を求めて飛びついたところが多分にあると思うなあ。
書いている本人がそれに迎合する形で書いていたとはいわないけど。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1203825163/201-
Commented by ふま at 2008-04-15 00:23 x
気に食わない書き込みの主はみんな「ふま」
と言うことにしたから、書いた本人のうち
何人かが「じゃ、俺はふまって設定にするか」ということになっただけ。
Commented by さすが、天羽先生 at 2008-04-15 01:54 x
「ふま」のコメントを放置せず削除すること=健全にblogを管理している証拠、と判断されるだけですので。脳内でしか通用しない戦略でしょう。
Commented by イソップIN at 2008-04-18 12:43 x
ニセ科学批判してる人たちは魔女狩りといわれて
どう反応してるんでしょうか?




Commented by merca at 2008-04-19 07:51
イソップINさん コメントありがとうございます。
 ニセ科学批判者がどう反応するかではなく、全くの第三者つまり観客がどのように反応=観察するか、それのほうがポイントです。実際のところ、ニセ科学批判者の主観的思いとは無関係にニセ科学批判という言葉はコミュニケートされていく考えられます。どのようなイメージで人々に受け取られるのか興味のあるところです。簡単に言えば気になるのは、ニセ科学批判の社会的評価ですね。
Commented by イソップIN at 2008-04-22 12:25 x
私はずいぶん前からニセ科学の話題を扱う
サイトをみてたんですがニセ科学批判してる方の態度には
疑問を感じることも多かったんです。そんなこともあり
私は現在はニセ科学批判からは距離をおいてますが
その疑問とニセ科学批判批判という現象は関係あると
かなという気がしてます。
ニセ科学批判批判は当然起きた現象だと
私は理解しますがニセ科学批判してる人に
指摘を謙虚に受け止めるといった姿勢が
みられなかったのは残念な気がしてます。
Commented by 安原さんと論宅さん! at 2008-04-22 21:10 x
地道な活動が論宅さんを見ると忘れられるのはいかがものかと思ったりします。
社会心理に興味があるなら、エセ科学にはまる人たちの階層調査とかないですよね?
投稿 安原 | 2008年4月20日 (日) 17:36
<< 構造主義科学の信念対立 信仰と信頼の区別 >>