社会理論の可能性とその中心

 社会理論というものを全く理解していない人たちがいる。社会科学の素養がない浅学の者は、社会理論に対して社会という現実の対象を写し取った事実それ自体であることを要求する。それは、自然科学的な認識論に基づく偏見である。そもそも社会的事実それ自体を写し取ることは不可能である。それはむしろ逆であり、ある出来事を社会的事実として解釈することで、社会的事実はつくられる。この解釈作業のためには、社会理論が必要となる。社会理論なき者には、出来事は単なる出来事の雑多な羅列にしか映らない。 
  社会理論には、コントの「社会進化論」、デュルケームの「社会分業論」、テンニースの集団類型論、ジンメルの「形式社会学」、マックス・ヴェーバーの「行為の四類型」「官僚制論」、パーソンズの「社会体系論」、ルーマンの「社会システム論」、マルクスの「資本論」、ハーバーマスの「対話的理性」、富永健一の「近代化論」など、様々なものがある。
 これらの社会理論は、いわゆる自然科学で言うところの仮説ではない。社会を観察・解釈するための認識道具である。私は、あえて社会理論が物語であると断言しているが、それは社会理論が出来事に意味を持たせることができるからである。出来事は社会理論という観察・解釈道具を通して意味付与され、物語化されるのである。
 一つの絵を見て何かの絵だとわかるのは、人間が対象を整理する認識枠組みをもつからである。人間には、モナリザの絵は、雑多な色の点ではなく、美しい女性だと映るのである。しかし、人間と同じ認識枠組みをもたない動物にとっては、色の点にしか映らない。また、遠くの星は肉眼では見えないが、望遠鏡を使えばハッキリと見える。その望遠鏡が社会理論である。社会学者は、素人が見えないものまで見る。
 ただ、自然科学のように、科学という一つの方法=認識枠組みだけを唯一絶対化することはない。社会学は、多様な認識枠組み(=多様な社会理論)の有効性を認め、より豊かな知識を得ることを目指している。
 ソーカルの間違いは、ポストモダン社会論を対象に対する認識内容だと見なし、観察・解釈の道具であるとは気づかなかったことである。ソーカルの過った議論に準拠してポストモダン理論がダメだと豪語している連中は滑稽なのである。


人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-06-07 00:51 | 理論 | Comments(13)
Commented by 一般法則論者 at 2008-06-07 15:36 x
ヒトはどのようにしてこの世界を認識し理解できるか、ということに関して、実際には何の役に立たない、こういう間違った考え方の実例をまとめて提供して頂けるのは、本当に有り難く思います。
 皮肉を申しあげているのではありません。
 次のブログを読んでください。
 http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/
   一般法則論
 
Commented by イソップIN at 2008-06-09 19:30 x
内容と関係なく恐縮ですが
社会学というのを私は学んだことがないのでわからないのですが
社会学をには数学とか科学は必須ですか?
そうでもないのですか?

たとえばある現象が増えているとか減っているといった
話をする場合統計必要ですよね?
その統計をどう解釈し意味づけするかは
かなり難しい問題なのでしょうが。
Commented by 論宅 at 2008-06-10 00:02 x
イソップIN こんばんは
 むしろ数の世界である統計調査の前提として、理論が必要になると思います。理論から学び、その手段として統計調査が必要となります。例えば、犯罪や非行の問題を統計的に調査する際には、多くの場合、規範意識を測定します。これはすでに規範意識によって社会秩序が維持されていという理論を前提としているわけです。規範主義パラダイムと言います。統計調査の質問項目を作成する際には、暗黙の前提として、そのような理論が入り込みます。
 理論なき統計調査は目的や意味がないのと同じです。後藤氏が引用する統計調査も、調査主体の暗黙の理論的前提があるはずです。
 
Commented by ウィッチ at 2008-06-11 13:34 x
今の日本社会は組織的に、ある事象の自己にとって最大の不利益となる様な側面ばかりに注視し、解釈し様とします。セクハラ問題を考えればよいですが、被害者が「自分はこうこうこういう被害を蒙った」と言う時、加害者の「言い分」は無条件に捨象されます。これはいじめ問題でも言えますね。ある被害者が「それはイジメだ」と言えば、それはイジメとなって仕舞うのです。この際事実関係は一切不問であり無条件に捨象されます。

人間の主観がどう感じたかだけが社会にとって、また個人にとっての最大の問題であり、それが例え事実と食い違っていてもそれが事実そのものの様に取り扱われる様になっているのが今の日本社会なのです。

Commented by ウィッチ at 2008-06-11 13:35 x
(つづき)
例えば、「格差社会」と聞いて、日本人の多くはそこにあたかもそれが人間の価値そのものを決定して仕舞うかの様な「僕は負け組み」「僕は勝ち組み」という解釈を自分の人格に内面化させます。内面化される以上、個人の人格はそこに格付けされ、釘付けとなります。しかも社会成員個々のがそういった内面化をし続ける限り、「格差社会」の問題はそういった人格的問題としてしか語られず、本質的な客観的な問題はその際見過ごされます。個人がそれをどう思うかどう解釈するかだけの主観的問題が客観的な把握を隠蔽し抹消し様とします。

この問題は先の秋葉原事件にもっとも尖鋭に現れています。加害者はこの社会を自分が「負け組み」であるという感覚によってしか語り得ず、また職場での自分のツナギの紛失を職場の自分に対する不当な扱いだという解釈によって語り、紛失の原因の他の可能性を吟味する術を持ち得ません。これは日本社会の女性の過剰なまでのセクハラの被害妄想と何等変わりはありませんよね。

この様な問題を論宅さんはどの様に捉えられていますか?またこれはどの様な社会的物語の文脈から起こって来ているのでしょうか?

Commented by merca at 2008-06-15 10:09
 イソップINさん
  論宅です。前回のコメントで「さん」という敬称が抜けていました。申し訳ありませんでした。最近、忙しくなっていました。
Commented by merca at 2008-06-15 10:36
 ウィッチさん はじめまして
 論宅です。コメントありがとうございます。どこかの掲示板でウィッチさんを見かけたような気がします。ブログがあれば教えて下さい。よろしく御願いします。

 さて、主観的解釈が社会を動かしており、客観的事実が蔑ろにされているという趣旨だと受け取りました。状況の定義権が主観だけに付与される社会になり、主観とは区別された客観的事実に準拠して問題を解釈する必要もあるということですね。
 しかし、アキバの殺人事件に関しては、格差社会論を社会的な客観的事実であると見なす虚偽意識に基づいているとも言えます。物語を絶対的事実として受け取ったことが、致命的な欠点ですね。格差社会も一つの社会理論=物語として相対化して受け取れば、自分をそんなに追い詰めなくてもすんだと思います。
Commented by merca at 2008-06-15 10:36
この場合、一つの世界観・社会観を事実=客観だと捉えて絶対化する思考がおそろしいわけです。社会において客観的事実がどこかに存在するという思考形態(絶対主義)こそが、物語の相対化・選択化を阻害し、小さな世界に自己を追い詰める結果を生みます。
 アキバ事件については、別のエントリーを立て、格差社会を唱えてワーキングプア論を事実として実体視してきた論者を断罪したいと思います。
Commented by あちょ@漂流者Lv.1 at 2008-08-19 04:32 x
社会学というものは、量子力学に似たところがあるんですねぇ。量子力学も又、量子という現実の対象を写し取った事実それ自体ではなく、量子それ自体を写し取ることは不可能ですからねぇ。
社会学と自然科学は、そんなに相容れないものではなくて、
似ている部分も多いんじゃないですかねぇ。

ところで、オイラの投稿は既に2回削除されているんですが、この投稿も消すんですかね?
Commented by merca at 2008-08-23 11:17
あちょ@漂流者Lv.1さん はじめまして 論宅です。あちょさんの投稿は、操作ミスで外国の変な宣伝書き込みと一緒に間違って削減してしまいました。すみませんでした。最近、スパムメールが多いので、困ります。
 よかったら、あちょ@漂流者Lv.1さんのブログを教えて下さい。 読みたいです。社会学も量子力学も宇宙論も、直接、目に見えないものを扱うという意味で、共通していると思います。目に見える事実から目に見えない世界を類推するという点は似ています。
Commented by あちょ@漂流者Lv.1 at 2008-08-28 01:38 x
論宅さん お返事ありがとうございます。
オイラは社会学に関してまったく知識が無いので、論宅さんの文章は非常に新鮮な気持ちで参考にさせて貰ってます。
量子力学に関しても、学生時代に学んで以来まったく教科書を開いていないので、偉そうなことを言える立場でもないんですが、
論宅さんが仰る社会学と自然科学の関係に近いものが、
量子力学とそれ以前の自然科学にあったみたいです。

こちらをご覧いただくと少しはわかっていただけるかな
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/シュレディンガーの猫
Commented by あちょ@漂流者Lv.1 at 2008-08-28 01:40 x
あと、おいらブログはやっていないんですが、友人に掲示板を管理して貰ってて、
そこで今「人を殺すことはなぜいけないのか」と言う議論をしてるので、
社会学的な側面からの意見を聞かせて頂けるととても嬉しいです。
Commented by merca at 2008-08-31 15:30
あちょ@漂流者Lv.1 様
ブログは面白いので,やってみたらどうですか?
殺人については,「なぜ人は人を殺さないのか? 」を考えるのが社会学的観察となります。「人を殺すことはなぜいけないのか」というのは,哲学や道徳学の領域になります。
<< 格差社会という虚構の絶対化 「若者論を疑え」書評 >>