自然科学と輪廻転生の親和性

 物事には必ず原因があるという物の見方を因果図式という。因果図式に準拠した思想の代表が仏教と科学である。物事を認識する際に、因果図式という道具を使うのである。しかし、因果図式だけが認識の道具ではないことを言っておこう。例えば、法学は、因果図式を越えた人格の自由意思なるものに準拠して理論を構成している。

 問題は、自然科学である。自然科学が使用する因果図式は、仏教と異なり、かなり単線的である。一つの原因に一つの結果という単線的因果関係を追求している。仏教の場合、縁起の法といい、宇宙全体によって一つの存在が支えられるという多原因論をとり、自然科学のように一つの因果関係を絶対化しない。自然科学は、完璧な一因一果論である。
 実は、自然科学的な因果図式という思考枠組みからいうと、輪廻転生が論理的に正しくなる。ある一つの存在が無に帰すことは結果のない原因を認めることになり、因果法則に反することになる。そうなると、一度、一つの存在を同定したらその結果を無限に想定せざるを得なくなるからである。自然科学は、一つの存在が完全無に帰すという発想をとることができないのである。前世が今世の原因となり、今世が来世という結果を生み、永遠に因果関係が連続的に続くのである。因果律という自然科学の思考枠組みがスピリチュアリズムが唱える輪廻転生を肯定する思想であることに気づいている人は少ない。スピリチュアリストが自己の主張が科学と矛盾しないというのは、このような思考枠組みにかかる根本的事情による。疑似科学批判者たちは、この点について全く気づいていない。自然科学者とスピリチュアリストは、因果図式という共通のコードに一部準拠しているのである。
 しかし、この一因一果論的な思考枠組みが絶対化・実体化されると、様々な疎外現象が生起する。例えば、「正社員になれなかったら負け組になる」という文化物語を一因一果的に捉えると、正社員になれなかった人は救いがなくなり、自己を追い詰めることになる。社会統計調査などを絶対化・実体化し、貧困と犯罪に相関関係があっただけで、因果関係と勘違いし、貧困が犯罪をつくったという物語を流布しだす人もいる。

 因果図式の他にも、弁証法やシステム論のようなパラダイムもある。多様なパラダイムに準拠して、事物を観察することができるのである。とらわれること勿れである。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-06-29 09:20 | 理論
<< 反貧困から貧困の免疫化へ 格差社会という虚構の絶対化 >>