センの思想とハイパーメリトクラシー論

 ホームレス・貧困問題の権威である湯浅誠氏は、アマルティア・センの思想を基礎においているようである。同氏の「溜め」というキーワードは、センの潜在能力と機能的に等価である。
 さて、ここではセンの思想を評論したい。まずは、気にかかったのが、貧困は民主主義が十分に浸透していない結果であるというセンの分析である。センが民主主義を普遍的価値として宣揚しているのは有名である。センのいう民主主義は、自由な対話を重視しており、ハーバーマスのいうコミュニケーション的理性に似ているのである。
 しかし、ここで注意しないといけないのは、民主主義の適用範囲である。民主主義は、政治システムの一つであり、他の社会的領域への適用には慎重でなければならない。社会は、民主主義のみでは運営されていない。例えば、企業組織は、上下関係によって統制されており、民主主義では運営されていない。また、家族も学校も、愛情や校則で運営されており、民主主義では運営されていない。社会学の立場からすると、企業組織、学校、家族を全て民主主義で運営すると、社会は崩壊するであろう。そういう意味で、民主主義は普遍的ではない。民主主義は政治システムにおいてのみ適合的な統治形態であり、他のシステムには有効とは限らない。センは、政治システム優先主義者なのである。政治システムが他の全てのシステムを従属させているという社会観に準拠していると考えられる。マルクス主義のように経済システムに準拠して貧困を観察しないところが面白い。
 
 社会学におけるポストモダン論=機能分化論では、全てのシステムは対等になったと考える。成熟社会たる日本社会の貧困は、センの枠組みでは解釈できない。日本社会は、民主主義国家であるにもかかわらず、ホームレスやワーキングプアがいるからである。日本の場合、貧困の原因は、民主主義ではなく、教育システムにあると考えられる。そういう意味では、教育社会学者・本田由紀によるハイパーメリトクラシー論のみが成熟社会たる日本社会の貧困を分析する枠組みとしては有効ではないだろうか?

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-07-27 10:49 | 社会分析 | Comments(0)
<< 社会の創発 生きる意味の脱パラドックス化 >>