科学はつくられたもの。(反証主義批判)

 科学議論に対して、(本質/構成)という区別で観察し、科学はつくられたものであるという基本的な前提を忘却する者どもに警告を発したい。

 反証主義は、「反証可能性のある命題は、科学的である。」という命題を主張する。ならば、反証主義のこの命題それ自体は科学的なのだろうか? そのためには、「反証可能性のある命題は、科学的である。」という命題それ自体が、反証可能性があるかどうか吟味しないといけない。しかし、この命題に反証可能性があったとしても、なかったとしても、命題は成立しない。反証可能性があったとしたら、いずれは反証され、命題は正しくない可能性があるということであり、命題が完全に正しいということは証明できなくなる。反証可能性がなかったとしたら、反証可能性のない命題となり、科学的な命題ではなくなる。
 このように反証主義は、自らの区別である(反証可能性/反証不可能性)を自己適用すると、自己言及のパラドックスに陥る。科学の中心的定義だと思われている反証主義は、科学的であることを自ら根拠付けすることができないのである。このことが意味するのは、本質主義によるいかなる科学の定義も不可能であるということである。本質主義とは、あらかじめ科学という客観的実体が存在し、その対象の本質的性質を把握することで、科学を定義したとする考えである。ポパーの反証主義は典型的な本質主義である。
 しかし、万民を納得させる科学の定義など、最初から存在しない。むしろ、構築主義的には、多数派の科学者集団に受け入れられることよって仮に特定の科学観が正当な科学の定義として公認されるだけの話である。科学は、人々のコミュニケーション過程を離れては存在するものではなく、極めて社会的につくられた一つの文化なのである。
 ここで注意しないといけないのは、人々のコミュニケーション過程で生み出されたものだと言っても、人々の合意や約束事によって科学が定義されると考えてはならないことである。合意主義や規約主義は、往々にして本質主義に走る傾向がある。つまり、人は科学とは何であるかを討議して話し合う場合、(真/偽)の区別を密輸入し、「本当の科学(ニセ科学)とは何か?科学とはどうあるべきか?」という本質主義的な方向に走る。様々なブログで認められるニセ科学批判論争は、この方向に走っている。区別をさかのぼる思考である。そのために、各人の科学観が実体化され、摩擦がおき、排他的・攻撃的・閉鎖的になってしまう。科学は、そもそもつくられていく人工物であり、最初はニセも本当もないという基本的な認識を喪失してしまっているのである。
 (特に、自然科学者は、自然という非人工物を扱うので、科学がつくられた人工物という認識を喪失しやすい。)
 
 構造構成主義者がいうように、科学は、人々の偶然なコミュニケーション過程における使用法の同一性にしかその実質を見い出すことはできない。

   (参考)
ハーバーマスの理想的発話状況における討議的理性によって真理を確定するという発想は、コミュニケーションを優先させているようであるが、ある意味、本質主義の典型である。合意主義、規約主義は、ともすると、本質主義に陥り、パラドックスに陥る。


 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-08-10 08:40 | 理論
<< 無差別殺人事件と善悪の基準 (論証/実証)という区別 >>