<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ソシュール批判(素朴実在論の復権)


 実に多くの哲学者や現代思想家がソシュールの言語学に騙されてきた。名称の恣意性は認めるが、言語つまり概念が差異の体系からなるというのは、誤謬である。この誤謬のために、多くの思想家が勘違いの上に理論を構築してしまっている。その典型が構造構成主義である。

 例えば、ソシュールの言語論からすると、犬という概念は、犬とは異なる動物との差異によって規定され、意味をもつと考えられる。一つの概念は、それと異なる概念との差異によって意味が生成すると考えられている。
 ところが、実際にはどうだろうか?犬という概念を子供が身につけるために、犬以外の動物をいくら教えたところでダメである。ブタや象を見せて、これは犬でないと指し示しても無駄であり、犬を見せて犬と呼んで指し示すことをしない限り、犬という言葉=概念は学習することができない。また、カレーライスという食べ物を知るために、いくらカレーライス以外の食べ物を食べても、カレーライスを知ることはできない。カレーライスを一度食べるだけで、子供はカレーライスの味を知り、カレーライスという食べ物を知ることになる。犬もカレーライスという概念も、それ以外のものとの差異から知るのではなく、そのものを見たり触れたりすることで知るのである。差異、つまりこれは犬ではない、これはカレーライスではないという操作をいくら繰返しても、その言葉をおぼえることはできないのである。
 Aは、非Aとの差異からは意味を獲得することはできないのである。Aでないものをいくら指し示しても、Aという意味は生成しない。Aを直接指し示すことでAはAとして意味を生成する。Aは、Aでないものの否定であるというヘーゲルの論理も誤謬である。この誤謬に基づいて議論している哲学者はやたら多い。
 
 人間は、差異(否定)から意味を把握するのではなく、具体的個物に宿る同一性から意味を把握するのである。つまり、例に即して言うと、複数の犬を見せること、複数のカレーライスを食べることで、言葉を獲得するのである。その言葉で指し示される複数の具体的個物を見ることなしには、言葉の把握はあり得ない。この事実から、ポストモダン思想に否定され続けてきた素朴実在論の真理性が復活する。概念は、単なる人間の認識道具や差異の体系ではなく、客観的に具体的個物=対象に宿る属性であるという考えが正しいということである。構造構成主義の間違いは、言葉は人々に共通する単なる認識構造だという前提にたち、対象に内在し実在する属性を完全否定しているところである。しかし、見ての通り、人間が言葉を学習する過程を考察すれば、明らかに素朴実在論のほうが正しいことがわかる。
 
 認識の原因は外部の対象にあるという当たり前の前提=物理的リアリティを捨てさることはできないのである。

  人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
 
[PR]
by merca | 2008-05-08 00:36 | 理論 | Comments(2)

社会脳論(脳科学批判)

  個人レベルの合理性とは異なり、社会にも合理性がある。

 人類の脳の進化は、クロマニヨン人ぐらいからほとんどとまっているらしい。しかし、人は脳を進化させるのではなく、社会形態を進化させることで、環境に適応してきた。
 実は、社会には脳がある。三人よれば文殊の知恵とあるがごとく、個々人の脳の理性を凌駕した偉大な理性が社会にはある。人間は、社会の理性を利用することで生きているのである。脳科学の欠点は、社会脳の存在を無視して個人の脳だけを分析する視野の狭さである。社会脳との関連なしに、個人の脳はわからないのである。

 伝統は、社会脳の一種である。伝統とは、長い人間の歴史で生き残ってきた知恵である。伝統を踏襲することで、共同体内では、おおよそ、うまくやっていけるわけである。ただし、伝統は、社会が変化すると、通用しなくなるものがあるので注意である。

 社会学者ハーバーマスは、対話的理性(コミュニケーション的理性)という合理性を唱えた。対話的理性は、個人の理性ではなく、他者との対話を通じて社会的に妥当な真理や価値を追究しようとすることを意味している。これは、対話を重視するタイプの民主主義に体現されている。個人の理性には限界があるが、対話的理性という社会レベルの合理性が存在するのである。話し合いで皆が妥当で合意できる真理や価値を生み出すということは、人間がよくやってきたことである。組織が会議を開き、意思決定するのも、対話的理性の利用である。

 社会学者ルーマンや機能主義社会学は、システム合理性という社会の理性を見つけた。例えば、近代家族には、性的欲求の充足化、大人の情緒的安定化、子供の社会化の三機能がある。夫婦は、主観的にはそのような機能などは意識せずに、多くは恋愛感情をきっかけに家族をつくろうとするが、個人的・主観的な意図とは別に、社会的には社会成員の再生産という機能があるのである。また、経済システムにおいては、家族は消費の主体として機能している。
 未開社会にも認められる近親婚の禁止という社会規範も、個々人の主観とは別に、社会連帯をつくりだすという機能がある。このように、主観的な意味づけと離れて、ある行動が社会システムの維持に貢献している場合がある。主観的には不合理であっても、社会レベルでは、社会システムの維持に貢献しており、合理的な行動がある。学校は社会分業を維持するための人員配分機能を担当しているが、当の学生はそのようなことを意識せずに勉強している。「いい大学、いい就職、いい結婚、幸せな人生」という文化的目標を内面化し、勉強に駆り立てられる。
 また、貨幣を用いることで、全くの初対面の人間から欲しい物品を購入することができる。これは社会(経済)システムがあるからである。魚が欲しければ迷わず魚屋に行き、テレビが欲しければ迷わず電気屋に行く。魚が欲しいのに電気屋に行く人はいない。釣りに行く必要もない。貨幣さえあればよい。思考の手間は省かれる。これは、何気なく、社会(経済)システムのシステム合理性を人々が利用しているからである。社会は思考を代替してくれる。もしこのようなシステムがなかったら、人は一から全て思考せねばならず、生きていけなくなるであろう。

  人間の思考は、社会の思考=社会脳によって補われているのである。脳科学が流行っているが、社会脳を分析する社会学と連携も模索して欲しい。
 
  人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-05-06 17:10 | Comments(0)

疑似科学蔓延(合理性のパラドックス)

 疑似科学が蔓延する理由は、人々が非合理的思考をもっているからではなく、実は合理的に行動するからである。
 個々人の合理的な行動が、集合レベルでは、かえって不合理な結果をもたらすというパラドックスはよく起こる社会現象である。事例をあげると、金融パニックである。銀行の経営状態が悪化していると、リスクを回避するために個人レベルでは預金を早く降ろすことが合理的な行動であるものの、結果として多くの個人がそのような合理的行動をとると、銀行は逆に倒産してしまうことになり、不合理な結果をもたらす。個人レベルの合理的行動が必ずしも社会レベルで合理的な結果を出すわけではない。株式市場や投票行動などでも、よく起こるパラドックスである。民主主義が全体主義を生み出すというパラッドックスは有名である。

 ニセ科学商品を蔓延させる業者は、マーケティングにおける利益追求という極めて合理的な行動をしている。それを買う消費者も、余分な思考のコストを省くために、科学の御墨付きの表示があれば、安心して買う。これも合理的な行動である。いちいち個人でその商品が科学的根拠があるかどうか調査していると、その商品にかかるコスト以上の経費がかかり経済的に不合理となる。被害にあう確率や騙される確率が低く、リスクが少なければ、科学的という表示があるだけでも、消費者は買うことになる。
 私的レベルや個人レベルでは、業者も消費者も自己の利益にかなうように合理的に行動しているわけであるが、当の経済的合理性がニセ科学蔓延の原因となっているのである。ニセ科学が蔓延することで、かえって被害を受ける確率は高くなり、社会レベルでは不合理となるのである。

 疑似科学批判者たちの合理性の定義は、実に混乱している。真理や事実と合理性を混同している場合が多い。一般に、合理性とは、目的を実現する最適の手段を選択する理性のことである。目的そのものは、経済的価値、宗教的価値、芸術的価値、教育的価値など、その内容は問われない。極端な話し、占いを受けて金を払った客は、悩みが解決することを目的としているわけであり、占いが提供する物語(非真実)で精神的に楽なり、落ち着いて、悩みが解決すれば、それで目的を達したことになり、極めて合理的なのである。真実や事実を得ることを目的としていなければ、なんら不合理なことではない。それぞれの合理性で人々は行為しているのである。社会学の古典であるが、マックス・ヴェーバーの行為の4類型は、そのことを教えてくれる。どんな不可解な目的をもとうが、目的そのものについては、(合理/不合理)を問うことはできない。

 合理性については、社会学では個人レベルの合理性のみならず、対話的理性やシステム合理性という社会レベルの合理性を重視する。このレベルから観察すると、疑似科学や疑似科学批判の見え方がかわってくるのである。

 合理性のパラドックスも、究極的には「創発の妙理」という社会学の深遠なる奥義に基づいているのである。

 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ  
 
 
[PR]
by merca | 2008-05-05 13:20 | ニセ科学批判批判 | Comments(8)

疑似科学入門書評2

   疑似科学入門書評2
 
 池内氏は、人々が疑似科学を信じ込んでしまう原因を「心のゆらぎ」という心理学的説明に帰着させる。「心のゆらぎ」が認知バイアス(錯覚、記憶違い、思考の変容、知覚エラー、無意識の願望)などによって合理的選択をできなくし、結局、疑似科学を安易に信じるという結果をたもらすわけである。一方で「全てお任せの態度」という要因も述べているが、基本は「心のゆらぎ」という心理学的説明に依存している。
 心のゆらぎに惑わされない合理的な理性を保てば、正しい認識を得ることができるという理性的啓蒙(近代的合理主義)の立場であることがわかる。ここには、個人の理性ではなく、社会システムという集合体の理性=システム合理性を利用するという発想がない。このことから、個人が合理的に振舞えば、疑似科学による被害は防げるという安易な結論が導かれる。「合理的な思考せよ」というメッセージを発信し、各個人を理性的に啓蒙することになる。非合理性に諸悪の根源を求める思考は、俗流若者論者や教育オヤジが、全ての社会病理の原因を道徳の退廃に求めるのと似ている。池内氏に関わらず、大槻教授が特にそうだが、個人の非合理的思考に問題の原因を求める傾向にある。

 基本的に、池内氏の疑似科学入門は、疑似科学の社会学ではなく、疑似科学の心理学である。社会現象を記述する際に「心のゆらざ」や認知バイアス(錯覚、記憶違い、思考の変容、知覚エラー、無意識の願望)などを説明原理とすると、社会学説としては認められない。というのは、社会現象は、あくまでも社会的要因でもって説明するというのが社会学のアイデンティティであるからである。心理学的要因ではなく、社会的要因で説明するのである。社会を論じる際に社会学を気どるネット論者もいるが、そのほとんどがよく読めば、心理学や単なる道徳論に陥っている。社会現象を論じているから社会学であると誤解されがちである。香山リカは社会現象を対象とした本を乱発しているが、そのほとんどがやはり社会学とは言えない。

 とえはいえ、池内氏も社会学という言葉には慎重である。疑似科学の社会学という題名を選択しなかったからである。ニセ社会学として批判されること回避している。ちなみに、社会的要因から疑似科学やニセ科学を分析するとなると、キッセの社会問題の社会学や知識社会学がもっとも適している。疑似科学問題という問題がどのように発生したか、摘発する側とされる側の相互作用として記述されることになる。
 例えば、私のように社会システム論から観察すると、機能分化した成熟社会における専門性(専門家)への信頼という観点から記述することになる。そもそもニセ科学=第ニ種疑似科学は機能分化した社会の当然のリスクの一つであり、個人心理とは関係なく生ずるものであると考えられる。ニセ科学は、個人の非合理的思考とは無縁な社会現象である。従って、ニセ科学批判者の個人的な恣意的運用に任すよりも、人々の民主的合意に基づき、そのリスクを管理する行政システムを確立するほうが得策なのである。

 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-05-04 10:56 | ニセ科学批判批判 | Comments(0)

「疑似科学入門」批評1

 池内了氏の「疑似科学入門」批評1
 
 池内氏は、第一種疑似科学、第ニ種疑似科学、第三種疑似科学の三つに疑似科学を分類している。第一種疑似科学は、占い系、超能力系、超科学系、「疑似」宗教に分類される。第ニ種疑似科学は、科学を装って援用・乱用・悪用・誤用するものである。これは菊池氏や天羽さんがターゲットとするニセ科学と呼ばれるものに該当すると考えられる。マイナスイオンや水伝や血液型性格判断やゲーム脳である。第三種疑似科学は、複雑系を対象とし、科学的に証明が困難で不十分であるにもかかわらず、断定的に述べる学説である。地球温暖化説などがこれに該当する。なお、疑似科学の一分野としてニセ科学=第ニ種疑似科学が含まれると言う考えは興味深い。

 さて、やはり・・・。 
 池内氏の疑似科学論は、次の命題を前提としていることが判明した。
・科学=真理である。(科学主義・・・科学は正しい知識。)
・疑似科学批判の目的は、非真理=嘘である疑似科学がもたらす被害を防止することで ある。(被害主義。)
 ・嘘だから被害をもたらす。(非真理有害主義。)
 池内氏が占いや超能力までも疑似科学に入れることには違和感がある。菊池氏もやはり占いや超能力やスピリチュアルを批判するものの、ニセ科学として批判しているようではない。池内氏が占いや超能力の類いまで疑似科学に入れようとするのには無理があると思った。これらは、科学を装っていないからである。なのになぜ疑似科学なのかよくわからなかった。むしろ科学とは別次元の真理や価値を主張している。非科学であることは当事者や受け入れる人々も端からわかっている。さて、そこで、この疑問点を解くために、「科学」という言葉ではなく、正しい知識=真理と置き換えたらどうだろうか?  
占いや超能力やスピリチュアルは自らは科学とは言わないが、自らは真理であるとは言う。疑似科学の「科学」を「真理」と置き換えれば、池内氏の説は整合性をもつことになる。つまり、池内氏にとっては、疑似科学とは、疑似真理のことである。占いや超能力やスピリチュアルは、疑似真理=嘘であるからこそ、人々に被害をもたらすというわけである。科学で無いもの以外に真理は認めないという立場であり、正しくこれこそ典型的な科学主義と言えよう。ちなみに、ニセ科学批判者の菊池氏が占いや超能力やスピリチュアル批判するのも、それらが嘘だからである。

 科学=絶対的真理(科学的手続きをふまないものは絶対に真理と断定しない立場という意味)というスキーマが観察されるのである。世間には科学的手続きをふまなくても正しいものはいくらでもあることがわかっていない。
 
 疑似科学批判者やニセ科学批判者やその周辺のネット論者たちは、科学を絶対化していないと豪語するが、これは自己の準拠点に盲目としか言いようがない。本当は科学を絶対化して疑似科学やニセ科学を批判しているのである。それを自らは絶対化していないと思い込んでいるが、実は疑似科学やニセ科学を信じる人たちと同一のコードに基づいていることに気づいていない。現状の疑似科学批判やニセ科学批判は、人々が科学を絶対化して信じているという前提で議論を構成する一方で、自らが科学を絶対化していることを隠蔽するというトリックで成立つ議論である。(方法/内容)という区別を再参入することで、このトリックは暴かれる。(ちなみに疑似科学批判に内在する複雑な自己言及的構造は、我がエントリー「疑似科学批判が流行る理由」の論理矛盾的な表現で示した。あるネット上の数学者は、これを単なる論理矛盾=誤謬としてしか観察し得なかったようである。複雑な物事を記述する場合、矛盾的表現をとらざるを得ない場合が多い。確かに形式論理学的には矛盾=誤謬である。しかし、少しでもヘーゲルや西田哲学などの読んでいたら、そんな表現はいくらでも見当たる。哲学的素養の問題である。)
 何度も繰返すが、科学と真理は、疑似科学批判者やニセ科学批判者にとっては、イコールである。科学以外の真理は認めないという一種の絶対主義なのである。いかなる詭弁を弄しようとも、疑似科学批判者やニセ科学批判者は、この信念を前提とせざるを得ないのである。科学システムそのものが、(真/偽)の二値コードによって構造構成されたものであるからである。単純な二分法であるが、これを抜きにしては科学システムは作動しない。はなから真であるか偽であるかを追求することを目的としているからである。池内氏の疑似科学入門のメタコードは、(科学/非科学)というよりも、(真/偽)であると観察できた。

   人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
[PR]
by merca | 2008-05-03 03:36 | ニセ科学批判批判 | Comments(0)