<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ホリスティックな思考は、全て非科学か?

 ホーリズムとは、要素に還元されない全体が要素を決定するという論理である。ホリスティックなどという言葉でもよく使用されており、自然治癒力を重視するホリスティック医療等というものも存在し、ホメオパシーの正当性を根拠付けている場合も見受けられる。
 ちなみに、ホーリズムに基礎をおく知識体系は、ニセ科学批判者に嫌われており、非科学として断罪されるケースが多い。例えば、脳科学者の茂木健一郎のクオリア論も、ニセ科学批判クラスターから叩かれた。クオリア論におけるクオリアは、要素に分解できない全体的感覚であり、要素還元主義からは説明がつかず、一種のホーリズムな知識体系である。また、複雑系や宇宙論もホーリズムと関連してくると、ニセ科学批判者の批判対象となる。トランスパーソナル心理学やニューエイジの東洋思想も、実証性を重んじるニセ科学批判者の批判の的になるのである。
 要するに、目に見えない怪しい全体なるものが存在し、その全体が部分に作用するという理屈は、ニセ科学批判者にとっては、ニセ科学と見なされる。
 例えば、人間は精神と肉体の二元論で説明することはできず、心身を統一する全体としての生命体として存在し、従って生命力があがれば、肉体面の病気も治るという考えは、ニセ科学批判者に否定されることになる。なぜなら、生命(魂)という全体的存在は、目に見えず、科学的に観測されないからである。自然科学的に直接認識できるのは、分子と分子の関係からなる細胞、さらにその細胞同士の関係にしかすぎず、生命体という全体は存在しないからである。自然科学からしたら、ホリスティックな生命全体は虚構であるというわけである。
 また、部分から説明がつかない全体の存在を認めてしまうと、永遠の生命の存在を容認することにもなりかねず、科学主義者は嫌がるわけである。
 実は、ホリスティックな存在は、直観的にしか捉えることができない。ホリスティックな認識は、全て直観的認識であり、自然科学的認識ではない。物の全体性を捉える能力は、最初から生得的に一部本能として人間に備わっているのである。我々は、多少間違うことはあるにしても、科学を学ばずに対象を生物か無生物かに直観的に区別することができる。(ちみなに自然科学は細胞から出来ていると生物だと判断する) さらに、人間は自然科学を学ばなくても、対象を触ることで液体と固体を区別することができる。また、一定の社会環境で、人間として育つと、音の羅列を音楽として認識し、色の羅列を絵画として認識することができる。
 このような全体性を捉えることができる直感的認識は、自然科学的認識より劣っており、偽であると断言することはできない。問題は、ホリスティックな全体性と思えるものは、単なる主観的な人間の認識枠組みなのか、それとも客観的な外部対象の属性なのかということである。この点は、検討の余地があり、一番本質的な課題である。
 それはさておくとしても、物事をホリスティックに捉えることは、有用であることには疑問の余地はない。我々人間はあらゆる物事を一つの全体として捉え、意味付与し、カテゴライズして外界の複雑性を縮減し、世界に適応しているからである。
 自然科学的立場を絶対化し、ホリスティックな思考を全てニセ科学として断罪し、嘘であると排除するのは、よくないのである。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
  
[PR]
by merca | 2011-02-20 23:59 | ニセ科学批判批判 | Comments(0)

反社会学講座の正体は、社会学に対する藁人形論法。

 多くの知的な若者たちが反社会学講座に騙されている。ここで、私が警告を鳴らしておく必要があると感じ、当エントリーを書いている。
 「スタンダート 反社会学講座」 http://pmazzarino.web.fc2.com/index.html#mokuji
 見てのとおり、パオロ・マッツァリーノ氏の反社会学講座には、全く社会学理論が使用されておらず、社会学の手法や論理とは無縁である。社会学とは、社会学理論という観察道具を通して社会現象を記述することで成立つ学問である。多くの社会学者は、デュルケーム、ウェーバー、ジンメル、パーソンズ、ルーマン、ハーバーマス、ミード、ブルデュー、ゴフマンなどの社会学理論を現象に適用して観察し、記述してきた。従って、これらの社会学者たちが作り出した社会学理論の伝統の上に、社会学は成立っているわけである。
 例えば、宮台氏の著作は一般向けであって比較的分りやすくて人気があるが、あらゆるところに様々な社会学者や社会学理論による解釈がある。
 パオロ・マッツァリーノ氏の著作には、ほとんどこれらの社会学者の名も出てこず、社会学理論の適用が認められない。単なる統計や史実による記述等が大半を占めている。社会学理論という観察道具を用いない記述は、居酒屋談義と同じであり、社会学ではない。
 従って、パオロ・マッツァリーノ氏が社会学の手法や論理を使用していると豪語しているのは全くのデタラメである。そして、この嘘にはめられている読者は可哀想である。
 
 バオロ君、悔しかったら社会学理論を用いて社会現象を観察してみたまえ!!
 準拠集団論、行為の四類型、社会圏の交差、他者一般、システムによる生活世界の植民地化、顕在的機能と潜在的機能、ゲマインシャフトとゲゼルシャフト、複雑性の縮減、近代化の後発的発展理論、コミュニケーション的理性、役割距離、ハビトゥス論など、これらの社会学理論を駆使して社会現象を観察し、記述してみなさい。(ご存知のとおり、私のブログではルーマンやブルデューや宮台の社会理論を多用している。例えば、私の理論的核心である価値次元相対主義はルーマンの機能分化論に基礎をおく。)

 私のライバルであるニセ科学批判者たちの御得意の論理を拝借させていただくと、バオロ氏の反社会学講座の正体は、社会学に対する藁人形論法である。つまり、社会学者の虚像として自分勝手に藁人形をつくりだし、その虚像である藁人形に対して批判をしているのである。パオロ氏の反社会学講座は、社会学理論による観察を得た記述がない全くのニセ社会学なのである。

 ルーマンやブルデューやギデンズとまではいかなくとも、少なくともデュルケームやウェーバーやジンメルなどの基礎的・古典的社会理論を学んだ社会学の徒なら、パオロ氏の嘘とトリックがわかるはずである。
 もし社会学部の学生でパオロ氏の読者コントロールに騙されている者がいるのなら、今すぐに、反社会学講座を捨て、デュルケームの「自殺論」やウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」などの社会学の古典的名著を読むべし。反社会学講座による洗脳から解けると思う。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
   
[PR]
by merca | 2011-02-12 23:33 | 理論 | Comments(20)

因果関係確定とニセ科学批判者の二枚舌

 因果関係とは、AがあればBが生ずるという関係である。例えば、火があれば、煙が生ずるなどである。因果関係には、三世界論に対応して、以下の種類がある。
 
(物理的因果関係)
対象は、物質世界における因果関係。
観察方法は、外から五感を通して認識し、個物を一般化した相で捉え、帰納的に発見する。
記述方法は、必然の法則として記述する。同じ属性をもつ全ての物質に当てはまる。
例 エネルギー保存の法則、熱量の法則、万有引力の法則など、物理法則。
 
(心理的因果関係)
対象は、精神世界(意味世界)における因果関係。
観察方法は、分析対象そのものに質問して認識し、個別的な因果関係を構成する。
記述方法は、動機として記述する。個別のケースのみに当てはまる。ただし、類似の事例には類似の因果関係が蓋然的に認められることがあり、それを臨床知と呼ぶ。
例 精神分析学のヒステリー分析。

(社会的因果関係)
対象は、社会世界(意味システム)における因果関係。
観察方法は、コミュニケーションを観察して認識し、集合的な因果関係を構成する。
記述方法は、規則や規範として記述する。特定の共同体のみに当てはまる。
例 文法、売買行為(店で金を払うと、商品が手に入る)、違法行為(盗むと、逮捕される)等。
 
 これらの三つの世界は、相互影響(構造的カップリング)=相互条件にあるが、原理的に互いに閉じており、システムとしては自律している。従って、相互に関係はあるが直接的にコントロールできるまでの関係性(一対一対応)はない。
 例えば、物体に浮かび上がれと念じたところで、浮遊することはない。(心理的要因が物質的要因をコントロールできない。) また、気温があがったからといっても、喜ぶ人もおれば残念がる人もいる。(物理的要因が心理的要因をコントロールできない。) さらに、一人の受験生が受験競争なんてなくなれと思っても、行動しなければ(コミュニケーション過程にあがってこなければ)、社会の仕組みは変わらない。(心理的要因が社会的要因をコントロールできない。)
 このような三世界における「相互コントロール不可能の原則」は、宇宙の根源的秩序である。ちなみに、この原則を破った世界観は、松本人志監督の「しんぼる」で描かれている。この原則が破れた世界ほど怖いカオスはない。

 さて、それぞれの世界における因果関係は、観察方法が異なる。
 物理現象においては、外から物体を観察することになる。ある現象の後にある現象が生ずることが繰り返されることで、因果関係を発見していこうとする。実験と呼ばれる方法である。しかし、ある現象に含まれるどの要因が本当の原因かわかるまで、疑似相関を排除するために、要因に統制を加えて精度を高めていくことになる。観測と実験が自然科学における因果確定の方法である。

 では、心理現象においては、因果関係の確定はどのようになされるのであろうか? 自然科学のように外から観察していても、心理内容は記述できないことは言うまでもない。表情や行動だけからの観察は類推の域をでない。そこで、分析対象そのものに質問して聞くことになる。
 例えば、カウンセラーが悩んでいる学生に質問し、「辛い気持ちになっている原因は、不登校で親から怒られているからです。」と答えたとする。「親から怒られる」ことが原因で辛い気持ちという結果をもたらしているという因果関係を確定できるわけである。しかし、あくまでも個別的因果関係を確定していることに注意しておこう。親から怒られると辛いという心理的次元における因果関係は全ての学生に当てはまるとは限らないからである。また、辛いという気持ちを起こす原因は親から怒られることだけではなく、いくらでも存在するのである。これは、個別のケースに関する現在における特定の因果関係の確定である。
 精神分析に基づく心理療法は、カウンセリングを通じて、因果関係をこのように個別的に特定していく。さらに、本人が気づかなかった(抑圧・隠蔽されていた)因果関係を気づくようにもっていくことになる。分析対象自身が因果関係を知っているというわけである。因果関係確定の根拠は、外からの観察ではなく、本人自身にあるということである。これを非科学的と言って切り捨てることはできない。そればかりか、内からの観察なので疑似相関に悩まされる自然科学よりも完璧な因果関係の確定となる。因果関係の確定に関しては、外側からしか観測できず不確かな自然科学よりも精神分析学のほうが完璧なのである。この点、全く気づかれていない。
 
 次に、社会現象については、人々のコミュニケーションを観察することになる。心理現象は、観察対象が個人の内面であったが、社会学の場合は、人々の行為となる。コンビニでお金を出して商品を買うという社会現象は、心理過程とは異なる次元である。例えば、一人の男がコンビ二で弁当を買ったとしても、その男がなぜ弁当を買うのかという動機(心理的次元)を店員が理解していなくても、お金を支払うだけで、店員は行為の意味を理解し、弁当を男に手渡すであろう。コミュニケーションにおいては、相互の内面的動機を提示しなくても、成立するわけである。
 また、同じ国民社会内では、どこのコンビ二に行っても、お金を支払うだけ弁当を買えるのである。金を払うという行為が原因となり、商品が手に入るという結果が成立しており、一つの因果関係が成立っているのである。
 さらに、この因果関係は規則・規範として維持されていることで、逸脱現象は起こらない。金を支払わずに商品を手に入れようとすると、万引きや強盗で逮捕され、処罰されるのである。逸脱現象に社会的制裁が伴うことで、社会的因果法則は保たれているのである。賞罰があることで社会的因果関係は維持されているのである。
 重要な点は、社会的因果関係は、社会学者自身が社会生活を送り、コミュニケーションをすることで観察・発見することができるものであり、自然科学のように、統計や実験はいらないことである。 平たく言えば、それなりに社会生活を送っていれば、わかることである。しかし、社会理論を使用して社会生活におけるコミュニケーションを観察・記述することができなければ、社会学とは言えない。社会理論という観察道具のない人の観察は、ただの居酒屋談義である。
 理論社会学の基礎を修めていない統計屋は、社会学者ではない。新聞社の世論調査そのものは社会学ではない。パオロ氏の反社会学講座は全く理論社会学の観点からの考察が抜けており、社会学的手法とはほど遠いのである。何度も述べているところであるが、人々のコミュニケーション過程にあがってこない客観的統計は、いくら正しくても社会を構成することはできず、社会的事実の資格はないということである。客観的統計=社会的事実と思い込んでいるパオロ氏の反社会学講座は、全くそのことを理解していない未熟な思考なのである。(真理のコミュニケーション説)

 因果関係の確定は、分析対象を内面から知ることができる心理学や社会学のほうが明確である。それに比べて自然科学は物質に聞くとこができず、外からしか観察することができないわけであり、実験を繰り返し、疑似相関を排除していく手続きが必要であり、因果関係の確定はいつも不明瞭なのである。「科学は全て仮説だから」という弁解が多いのはこのためである。偽薬効果は科学的仮説の段階であって確定した科学的事実ではない。
 自然科学中心主義のニセ科学批判者は、仮説に逃げることで自説の絶対化から免れつつも、仮説なのに他者を批判して自説を絶対化する二枚舌が特徴である。

 ニセ科学批判者は、科学を絶対化しているというニセ科学批判批判者や多くの常識人からの助言を真摯に受け取らず、仮説だから絶対的に正しいとは思っていないと弁解し、科学を理解していないと反論するわけであるが、その一方でその仮説でもって他説を全否定することで、自己が正しいと絶対化しているのである。この二枚舌のからくりは、科学の本質とも関係してくるのでニセ科学批判者の誤りだけに帰責できないかもしれないが、この課題をどう処理するのか見守っていきたい。

 さらに、ニセ科学批判者による科学と通俗道徳の使い分けにも注意しておう。この点についてはまたの機会に論じたい。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
   
[PR]
by merca | 2011-02-06 11:54 | ニセ科学批判批判 | Comments(0)

代替医療としての臨床心理士の心理療法

 一部の臨床心理士は、ホメオパシーを使用しているらしい。「ホメオパシー」と「臨床心理士」を一緒にネット検索したら割とヒットする。私の知合いの臨床心理士に聞いたら、自らレメディを使用し、ホメオパシーは偽薬効果でないと断言した。驚いた。

 臨床心理学という人間科学は、心理学的に実証された知識や理論を応用して、心の病や精神的な悩みを解消する学問であると習ったし、実際、そうであると考えたい。臨床心理士を目指す女子大生はかなり多く、今や花形職業である。
 実際、臨床心理士は精神病院に勤務することが多く、薬物療法の補助としてカウンセリングなどの心理療法を行っている。認知行動療法やSSTなどは、心理療法のなかでもよく使用されている。聞く所によると、刑務所などでも性犯罪者の改善更生のために利用しているという。国家が科学として心理療法たる認知行動療法を認めているということである。ちなみに、統計大好きの犯罪学者浜井浩一氏は臨床心理士でもある。
 しかし、未だに臨床心理士の心理療法には保険が利かず、代替医療の枠組みで扱われているのである。厚労省の官僚たち=国家は、易々と臨床心理士に科学のお墨付きを与えないようである。
 確か日本の臨床心理学の祖は、ユング系の心理学者河合隼雄であり、大乗仏教思想が色濃いスピリチュアル系の学者である。河合隼雄の「カウンセリングの実際問題」は名著であり、多くの和製カウンセラーに多大な影響を与えてきた。

 科学的に実証されていないが、医療現場で使用されている様々な代替医療が存在する。鍼灸、アロマセラピー、指圧、漢方、カイロプラテックなどもそうであり、臨床心理士による心理療法もその一つである。また、ホメオパシーもそうである。西洋医学と比べれば、心理療法とホメオパシーは、代替医療としてカテゴライズされており、機能的に等価だと思われている。
 ニセ科学批判者は、代替医療が全て偽薬効果だと言わんばかりであるが、当の偽薬効果という理論そのものが科学的に解明されておらず、代替医療と科学的にレベルは同じなのである。もしニセ科学批判者が科学的に解明されていない=科学的に根拠がない、という理由でホメオパシーや鍼灸を批判するのなら、同時に偽薬効果理論も否定しなければ、自己矛盾を起こすことになる。正しく目くそ鼻くそを笑うの関係になってしまう。

 代替医療の中で果たして治療効果のあるものが本当に存在するのだろうか?唯一あるとしたら、精神分析学による心理療法だけであると考えられる。例えば、心理的原因でヒステリー症状を起こす場合、心理的原因は本人自身が無意識を意識化して気づくものであり、悩みの原因が分かれば、その結果を取り除くことができるからである。心理過程のみにおける因果関係は当の患者本人が知っており、患者本人からカウンセリングで聴く以外、因果関係を見つけることができないからである。
 
 実は、精神分析学の方が自然科学よりも因果確定が安定的なのである。治療対象に因果関係を聞くことができるわけであり、自然科学のように外から観察して疑似相関に騙されたりすることがないからである。精神現象=意味世界の現象は、対象自身が自らの因果関係を認識できるわけであり、この利点は大きい。不眠症を治療するのに、不眠症患者に睡眠薬を与えるのではなく、なぜ悩んでいるか聞いてやり、心理的原因を除去してやり、安心すると眠るのである。精神分析による心理療法は個別的因果関係による個別的なメカニズムを解明するわけであり、自然科学よりも科学的なのである。精神現象=意味世界は、自然科学のような普遍的因果関係(法則)に支配されておらず、個別的因果関係に支配されているのである。個人の内面=意味世界の個別的因果関係は、精神分析学によるカウンセリングによって治療者と被治療者が共同で見つけ出すものなのである。
 ポパーの科学観は、個別的因果関係を無視しており、端的に誤っているのである。フロイトの偉大さに気づいていない。また、意味論的因果関係から構成されている社会システムについても、自然科学的な普遍的因果関係(法則)からは認識できないのである。
 とにかく、心理的次元の病は心理的因果関係の解明と心理的はたらきかけで治療効果が出るのであり、心理療法は科学的なのである。身体的次元の病は西洋医学が効果的であるが、心理的次元の病は代替医療でも治療効果があるかもしれないのである。

人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ
 
[PR]
by merca | 2011-02-02 23:37 | ニセ科学批判批判 | Comments(0)