人気ブログランキング |

ニセ科学批判への違和感の本質


 客観的事実とは、その対象について、いつ誰が見ても同一の認識内容をもたらす命題のことを言う。客観とは、個々人の視点を離れた万民が共有・利用できる視座からの観察である。そして、科学主義者は、科学という方法で認識すれば、万人が同一の認識内容を得ることができ、人類共通の知識、技術として共有できると考える。一方、主観的事実とは、特定の個人にしか立ち現れない認識内容である。例えば、ある絵を見て特定の印象をもったとする。しかし、その印象は、その個人にとっては、厳然たる事実であるが、万民が共有できるものでない。しばしば、それは心理的事実、精神的事実と呼ばれる。(霊能力者がオーラが見えるというのは、主観的感覚のレベルの話であり、客観的事実とは異なる心理的事実である。従って、客観的事実として見なすのはカテゴリーの混同である。)
 しかし、このように客観的事実を定義すると、科学のみが客観的事実をつくりだす道具ではないことがわかる。同じ認識方法をとれば、同じ認識結果をもたらすのなら、同じ宗教思想を身につけた人間どうしは、同じ認識内容をもたらすことになる。例えば、雷が鳴ったら神様が怒っているという物語を所有している未開社会があったとすると、その共同体の成員は、神様が怒ったと同じ認識をもつことになり、その社会では客観的事実となる。(社会学者トマスの公理・・・人々がそれをリアルだと見なすと、本当にリアルになる。) これを客観的事実ではなく、間違いと指摘するのは、いかにもナンセンスである。もし万民が同じ物語を所有したら、客観的事実になるからである。一つの民族社会で生じた宗教観念が世界全体に行き渡り、利用可能なかたちで共有されていく過程は、歴史を学んだ者であれば、誰でも承知の事実である。ユダヤ教から発したキリスト教などの世界宗教がそれである。科学のみならず、あらゆる思想は利用可能性に開かれており、その認識が客観的事実となる可能性を秘めている。
 
 人に対して客観的事実と異なり間違っていると指摘することは、暴力を伴うことがある。つまり、我々の見方が多くの人々の見方で正しく、あなたの見方は訂正しなければならないという圧力となるのである。ニセ科学批判者たちが、科学を利用して、スピリチュアルや占いを闇雲に批判しまくるのは、一種の暴力としても観察できるのである。
 このようなニセ科学批判に暴力性を見てとる平和で穏健な人々は、ある種の違和感を感じるのである。ニセ科学批判者やその周辺者たちがピラニアのごとくコメントしてくる社会病理現象はよく知られている。その言説の暴力性は凄まじい。ニセ科学批判に賛同する社会学者をほとんど見かけないのは、このような違和感に由来していると思われる。手を出せず、沈黙を守る社会学者がほとんどである。言いたいことが言えない状況かもしれない。
 以前、私は、ニセ科学批判は、人々から科学と呼ばれるものだけに限定し、科学内部の闘争に止めるべきだという趣旨でエントリーを書いた。つまり、スピリチュアルや占いや宗教などの社会における他の分野の文化を対象にすることは慎むべきだということを書いた。科学による文化破壊によって、人々の選択肢が減ることを懸念していたのである。
 
 視点は変わるが、ニセ科学批判者がニセ科学のレッテルをはる対象に対して、必ずしも人々は客観的事実として受け取っているとは限らない。血液型性格判断は科学ではなく占いとして受け取り、水伝はロマンとして受け取り、クーラーの機能さえあればマイナスイオンはどうでもいいやと思っている人もいるし、ゲーム脳は勉強をさせるための方便として利用している親もいる。これらを科学や客観的事実を装う対象として認識するように、人々に強制する権利はない。もしニセ科学批判者がニセ科学のレッテルをはる対象に対して、全ての人々も科学や客観的事実として観察していると思い込んでいるのなら、かなり非現実的である。大衆を馬鹿にしているとしか言いようがない。思い上がりである。つまり、ある言説、学説、商品の機能や効能を客観的事実として受け取るかどうかは、受け取る人々の観察コードによる。どのような観察コードで対象を認識し利用しようと、他人が支配できることではない。受け取る人々の観察コードの自由性を無視したニセ科学批判者たちの議論は、抽象的であり、益々、世間から遊離していき、違和感を増していくであろう。
 
 最後に、全ての科学者・科学技術者がニセ科学批判者のような立場ではないことを祈る。ニセ科学批判者のような科学者・科学技術者は、ほんの一部なのだろうか? 科学者・科学技術者全体に一般化しないように心がけたい。

 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ

 
by merca | 2008-12-23 18:35 | ニセ科学批判批判 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : https://mercamun.exblog.jp/tb/10079095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ほたるいかの書きつけ at 2008-12-24 01:59
タイトル : 「ニセ科学批判への違和感の本質」への違和感
 昨日、論宅氏のエントリを批判する形で「科学とスピリチュアルと相対主義」というエントリ を書いた。そうしたら、それへの回答のようなエントリが新たにあげられていた(「ニセ科学批判への違和感の本質」 )。もちろん、私に対してというより、「(考え中)」さんへの回答なのだ... more
Tracked from スピリチュアルな医学 at 2008-12-24 16:55
タイトル : スピリチュアルな医学
スピリチュアルな医学に関する基本的な情報です。... more
Commented by イソップIN at 2008-12-24 14:52 x
以前質問をして反応をいただいたのですが
そのときはどうもありがとうございます。

私は科学っていうのは道具の一つ。ただの道具にすぎないと
思うのですが、あくまで道具なので科学という道具が
必要な場面もあればそうでない場面もある。

でも一部の科学者や科学好きのみなさんは科学を
唯一絶対の道具としてなんでもかんでも科学という基準を
あてはめたがってるように見えます。
科学です。といいながら科学ではない。という事象については
これはニセ科学と批判すべきものかもしれない。

でもたとえば科学者が宗教の領域にまで踏み込んでいき
神など存在しないんだから宗教はインチキなどということには
違和感を感じます。

科学者は科学を知らないものが科学に領域に
踏み込んだときに怒りだすわけですが
じゃあ宗教を嫌う科学者はどれだけ宗教のことを知った上でで
宗教の領域に踏み込み宗教批判をしてるのか?
この点でもニセ科学批判者の主張はおかしいと感じるときがあります。
Commented by eastcorridor at 2008-12-27 04:04 x
記事拝見しました。私がいつも感じているもやもやの本質が見事に解析されていて、とてもすっきり致しました。お礼申し上げます。
Commented by merca at 2008-12-27 10:24
論宅です。イソップINさん コメントありがとうございます。
 イソップINさんの科学が道具つまり手段にしかすぎないという考えに賛成です。ニセ科学批判者が科学を絶対化しているということの意味の中には、科学の自己目的化も含まれています。科学の存在意義を維持するという科学の自己目的のために、宗教や占いが客観的事実の分野に手を伸ばそうとすると、とたんに目くじらを立ててニセ科学批判者は怒り出します。科学であれ、宗教であれ、占いであれ、哲学であれ、己が選択した関心や目的に利用できるのであれば、それはそれでおかしくはありません。客観的事実の分野は、科学のみが独占するというのは、科学の絶対化です。ニセ科学批判者の典型的な思考様式です。ニセ科学批判者は、科学を絶対化していないと弁解していますが、これはやはりどう見ても詭弁なんです。 
Commented by merca at 2008-12-29 18:14
eastcorridorさん はじめまして 論宅です。
 エントリーをとりあげていただいてありがとうございます。
eastcorridorさんの違和感は、多くのブロガーが感じています。というのも、ニセ科学批判に同じような違和感を表明したブロガーの多くが、ニセ科学批判者やその周辺者の襲撃を受け、ブログが炎上しています。私もその一人ですので、大変、共感できます。SSFSさんのコメントにより予防線が貼られており、eastcorridorさんのブログはまだニセ科学批判者からのコメントがないのだと思います。私のエントリーを取り上げただけで、騒ぐ「はてブ」系のニセ科学批判周辺者もいるくらいですから・・・。
 イソップINさんやeastcorridorさんのようにニセ科学批判に違和感をもつ方は、コメントを待っています。孤立化を防ぎたいと思います。もし他プログに攻撃があったら、援護コメントをしようと考えています。孤立化する一人のブロガーに群れをなして襲いかかってきますので、襲われたブロガーはかなり精神的ダメージを受け、自尊心を挫かれます。このような社会病理現象の処方箋を考案したいと思います。 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 科学教の本質 科学的知識とは、一種の推論である。 >>