人気ブログランキング |

いじめについて


 いじめ問題の背後には、スクールカースト問題が潜んでいます。スクールカーストとは、自然発生する学校内身分です。スクールカーストの下層の生徒は、いじめにあいやすくなります。
 おおまかにいうと、話が面白い、運動能力、外見的魅力という基準によって身分差が生じます。一度、スクールカーストの下層のレッテルをはられると、その生徒がいじめを受けても当然だと言う認識が生徒間におこります。臨床社会学的には、スクールカーストはいじめ正当化・合理化の機能を担っています。
 ひきこもりの若者は、スクールカーストの犠牲者です。つまり、学校でスクールカーストの下層として位置付けられ、友達ができず、人間関係におけるトラウマ体験となり、予後の社会参加ができなくなります。言い換えれば、スクールカーストがひきこもりをつくります。
 スクールカースト現象は、学校だけにとどまらず、職場の対人関係でも起りますので、職場のモラルハラスメントにもつながります。
 いじめを解決するには、その前提条件たるスクールカーストを解体する政策が必要です。政府は、教育政策のために教育再生会議を組織したようですが、スクールカーストに敏感な学者がいません。スクールカーストについては教育社会学者の本田由紀さんは敏感ですが、今回、メンバーではないようです。残念です。ヤンキー先生がメンバーのようですが、スクールカーストについて知っているかどうかは定かではありません。
by merca | 2006-12-30 10:47 | Trackback(1) | Comments(7)
トラックバックURL : https://mercamun.exblog.jp/tb/6264183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 九条一丸の日記 at 2010-09-25 18:30
タイトル : 「人間力」あふれる社会人はなぜ孤独死するのか
碑文谷創「セカンドステージ冠婚葬祭講座:・<葬祭編:第51回>老老介護の次は孤独死、中高年の男性に増加中」『セカンドステージ マガジン』 日経BP社(2009.2.20) http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/manabi/ceremony_090220_2.html 社会人は、学生に対して... more
Commented by merca at 2006-12-30 11:09
 論宅です。追加。
 スクールカーストが準拠する区別を見抜き、その区別に基づく社会圏が創発しないような工夫が、いじめを防止する一つの手段となります。
 その場合、別の区別でスクールカーストの準拠する区別を相対化すると有効です。
 しかし、スクールカーストの下層にいた、いじめられっ子が自身をスクールカースト的区別による自己概念を内面化してしまい、自信を喪失し、その区別にとらわれ、コミュニケーションをすることに慣れてしまい、クラス替えや高校生デビューの際も、スクールカースト下層のオーラーを、スクールカースト上層にいたいじめっ子たちに察知されてしまうというおそれがあります。
 いじめの後遺症によって、予後の対人関係に支障を来すというのは、このような自我と他我のコミュニケーション力学に基づいています。
 自身を縛る区別からの解放、他者と共存するための適切な区別をつくりましょう。人間がつくることできるのは、区別だけです。
Commented by 森口朗 at 2007-05-13 02:22 x
6月に新潮新書からいじめに関連する本そ出版することになりました(タイトルは未定)森口朗と申します。紙媒体では初の「スクールカースト」と「いじめ」の関係を分析した本です。是非ご一読いただき忌憚のないご批判を賜れば幸いです。
Commented by 論宅 at 2007-05-13 06:58 x
森口朗 様 コメントありがとうございます。すぐに購読したいです。楽しみです。ちなみに、教育社会学者の本田由起は、スクールカーストが準拠する区別が、ハイパーメリトクラシーが準拠する区別と同一であるというするどい指摘がなされています。
 本の題名を教えて下さい。よろしく御願いします。
 
Commented by 森口朗 at 2007-05-18 22:10 x
本田氏の提唱するハイパーメリトクラシーという概念と、そこに住むことの行きづらさという指摘には共感しています。
ただ、スクールカーストに関しては、社会はハイパーメリトクラシー(学力だけではない総合的な人間力へ)へと進んでいるのに、ゆとり教育がそれを(学力を否定した人間力)に読み替えた結果、どんな能力もリスペクトされなくなった結果、コミュニケーションだけでステイタスが決まるようになった状態と考えています。
論宅様の見立てを是非ご披露ください。
Commented by 森口朗 at 2007-05-18 22:19 x
文章が下手すぎて恥ずかしいので若干訂正します。
「行きづらさ」→「生きづらさ」
「読み替えた結果」→「読み替え」
「是非ご披露ください」→「ご披露いただければ幸いです」
すみませんでした(カッコ悪!)
Commented by merca at 2007-05-22 08:51
 論宅です。コメントありがとうございます。とりあえず、長くなるので、「(学力/人間力)という二元コード」というエントリーのほうで回答を書きました。そちらを拝読願います。
Commented by ヘタレ先輩 at 2009-04-24 04:33 x
俺多分中学生の時スクールカーストの一番下だったけど
普通に外出るし
友達いるよ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 脱社会的存在 ニートと自立 >>