疑似科学蔓延(合理性のパラドックス)

 疑似科学が蔓延する理由は、人々が非合理的思考をもっているからではなく、実は合理的に行動するからである。
 個々人の合理的な行動が、集合レベルでは、かえって不合理な結果をもたらすというパラドックスはよく起こる社会現象である。事例をあげると、金融パニックである。銀行の経営状態が悪化していると、リスクを回避するために個人レベルでは預金を早く降ろすことが合理的な行動であるものの、結果として多くの個人がそのような合理的行動をとると、銀行は逆に倒産してしまうことになり、不合理な結果をもたらす。個人レベルの合理的行動が必ずしも社会レベルで合理的な結果を出すわけではない。株式市場や投票行動などでも、よく起こるパラドックスである。民主主義が全体主義を生み出すというパラッドックスは有名である。

 ニセ科学商品を蔓延させる業者は、マーケティングにおける利益追求という極めて合理的な行動をしている。それを買う消費者も、余分な思考のコストを省くために、科学の御墨付きの表示があれば、安心して買う。これも合理的な行動である。いちいち個人でその商品が科学的根拠があるかどうか調査していると、その商品にかかるコスト以上の経費がかかり経済的に不合理となる。被害にあう確率や騙される確率が低く、リスクが少なければ、科学的という表示があるだけでも、消費者は買うことになる。
 私的レベルや個人レベルでは、業者も消費者も自己の利益にかなうように合理的に行動しているわけであるが、当の経済的合理性がニセ科学蔓延の原因となっているのである。ニセ科学が蔓延することで、かえって被害を受ける確率は高くなり、社会レベルでは不合理となるのである。

 疑似科学批判者たちの合理性の定義は、実に混乱している。真理や事実と合理性を混同している場合が多い。一般に、合理性とは、目的を実現する最適の手段を選択する理性のことである。目的そのものは、経済的価値、宗教的価値、芸術的価値、教育的価値など、その内容は問われない。極端な話し、占いを受けて金を払った客は、悩みが解決することを目的としているわけであり、占いが提供する物語(非真実)で精神的に楽なり、落ち着いて、悩みが解決すれば、それで目的を達したことになり、極めて合理的なのである。真実や事実を得ることを目的としていなければ、なんら不合理なことではない。それぞれの合理性で人々は行為しているのである。社会学の古典であるが、マックス・ヴェーバーの行為の4類型は、そのことを教えてくれる。どんな不可解な目的をもとうが、目的そのものについては、(合理/不合理)を問うことはできない。

 合理性については、社会学では個人レベルの合理性のみならず、対話的理性やシステム合理性という社会レベルの合理性を重視する。このレベルから観察すると、疑似科学や疑似科学批判の見え方がかわってくるのである。

 合理性のパラドックスも、究極的には「創発の妙理」という社会学の深遠なる奥義に基づいているのである。

 人気blogランキングの他ブログも知的に面白いですよ。
人気blogランキングへ  
 
 
[PR]
by merca | 2008-05-05 13:20 | ニセ科学批判批判 | Comments(8)
Commented by YamaHiroshi at 2008-05-05 17:10 x
 はじめまして、心理学の立場から「合理性」に興味を持っているものです。恥ずかしながら、池内氏の本は読んでいないのですが、ご指摘もっともと思います。「ゆらぎ」という用語が使用されたかどうかはわかりませんが、1980年代の思考心理学のアイデアから進歩してません。いまは、ここでおっしゃられているように、目標と結びついたさまざまなレベルの合理性が語られており、わたしもこの考え方が好きです。
 ただ、エセ科学については、わたしは、世界の記述という点での非合理性だと思っていますので、個々人の合理性と集団の合理性のパラドックスというのはちょっと当てはまらないように思うのですが。
Commented by merca at 2008-05-06 15:38
YamaHiroshi さん コメントありがとうございます。社会システム論者の論宅と申します。心理学は、人間性心理学と認知行動療法を少しかじった程度ですが、物語療法には興味あります。
 さて、合理性には種類があるのに、目的が不可解ということで、合理的でないと判断されがちです。しかし、例えば、レヴィ・ストロースの野生の思考は合理的です。前近代社会の神話や呪術も見方を変えれば、合理的です。未開社会の奇習は自然科学的な合理性からしたら不合理ですが、社会学的あるいは文化人類学的に観察すると、共同体の秩序を維持する機能=システム合理性が認められることがあり、合理的です。さまざまな観点から合理性は、存在しうると思います。どの観点が正しいとか決めることができません。私は、自然科学に準拠した合理性のみを絶対化することで、排除され、隠蔽されてしまう合理性や価値を見落とさないように心がけています。
Commented by merca at 2008-05-06 15:48
 続きです。ニセ科学の非合理性は、世界記述「世界は何々である」という点において非真理であるにもかかわらず、自らを真理だと偽ることであるということですね。認識と対象が一致していない知識や学説を真実であると言明するのは、確かに非合理です。つまり、物理的リアリティの次元では、非合理だと思います。
Commented by merca at 2008-05-06 16:06
 個々人の合理性と集団の合理性のパラドックスは、個々人が合理的に行動すればするほど集団レベルでは不合理な結果となるということです。  自然科学を無条件に信頼して個々人が行動するという合理性がかえってニセ科学蔓延の社会的前提になっているという逆説ですね。自然科学は正しいという社会通念がいきわたればいきわたるほど、人々は科学を信頼し、科学というお墨付きがあるだけで、信頼して選択するわけです。正しいと社会的に思われている認識に従うわけですから、これは合理的な選択です。しかしながら、この合理的選択が集合すると、ニセ科学蔓延という不合理な社会状況をつくりだします。
Commented by 天羽blog at 2008-05-15 17:21 x
野球する気なんてそもそもなくて、テレビゲームの野球ゲームをしていたと。そこに野球指導員だか、野球ファンだか、なんだかが「それは野球じゃない」と言って乗り込んで来た。
まあ、そういう図式だよね。
ついでに 2008/05/14 23:57
「俺はホームランを打つ!」って、野球ゲームで対戦相手にそれくらいのことは言うでしょうよ。
そんなことしても 2008/05/15 16:56
野球ゲームは好きだけど、野球は嫌いって人間を増やすだけでは?
Commented by 後藤和智さんの「若者論」 at 2008-05-15 19:41 x
オタクの味方「後藤和智」さんだよ♪

さすがにこれには腹が立った
http://kgotoworks.cocolog-nifty.com/memo/2008/05/post_bad0.html
コメントへの返信(H20.5.11)
http://kgotoworks.cocolog-nifty.com/memo/2008/05/h20511_b39f.html
Commented by 菊池誠先生へのオマージュ at 2008-05-24 20:33 x
自分達のテリトリーがあって、そこは今のところバカの被害をあまり受けてないんだけど、そこがバカに侵略されようとしているという被害者意識がまずある。
Commented by 菊池誠先生の支持者達 at 2008-05-26 13:51 x
ニセ科学批判代表選手
>疑似科学の主張する「成果」によって具体的な被害が発生するリスクは、すべての疑似科学な主張につきものです。
>疑似科学であることを強調して批判すべきです。なぜなら疑似科学は現代社会における根本的な欺瞞の温床だからです。
http://www.avgas-bb.com/wp/?p=86#comment49
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 社会脳論(脳科学批判) 疑似科学入門書評2 >>